株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

普請道楽って知ってます?

普請道楽

先日、テレビを観ていましたら・・・・・

芸能人の

樹木希林さんのご自宅を紹介する番組がやっていました。



都内に・・・・・ぶっちゃけ渋谷区のようですが

樹木さん自身が その設計やデザインにも参加されたという

とても素敵なお住まいでした。


さすが個性派女優さんといいますか

アンティークがベースにはなっていましたが

樹木さんの独特のこだわりが細かいデイテールまで行き届いた

ちょっと他では見られないようなお住まいでしたねえ・・・・

樹木

↑ は そんなお住まいの一部分ですけど

コンクリート(石目)打ちっぱなしの壁にアンティーク調のウッド家具。

奥のキッチンはメタル調という・・・・・・写ってないですけど照明もアンティークっぽいですかね。

この一枚だけみても すごくごだわりあるお住まいだというのがわかります。




樹木さん自身がご友人からもらったというステンドグラスを建具にはめこんであったり。

ショップで購入された彫刻をドアにしてみたり・・・・・・・

樹木さん自身がすごく建築に造詣が深いんでしょうね。

過去にもらった映画の受賞トロフィーを

ことごとくスタンド照明に改造しているっていう話は笑いました 





そんな樹木さんが番組で仰っていたんですけど

自分は「普請道楽」だって・・・・・・・


私、こんな商売していながら はじめて聞いたんですよ この言葉。






「普請道楽」






道楽は まあ道楽っちゅーか趣味なのはわかるんですけど

普請って元々は仏教用語らしく

現代では転じて幅広い意味で「建築」を指す言葉なんですね。




新築やリフォームを何回も繰り返すような・・・・

自宅を自分好みにどんどん改装して

その都度、人を招いて悦にはいる、っていうか・・・・・

僕らリフォーム業者からすると なんて神なご趣味であろうかって思いますね 





素晴らしい人たちです 





昔はそんな豪傑がたくさんいらっしゃったらしいですね・・・・・

このご時世 なかなか趣味でリフォームを繰り返すってなお客様もいらっしゃいませんが

僕らが日々行っている「建築」っていうものが

風雅な趣味になりえるっていうのが・・・・・その・・・・・・・

なんというか ちょっと嬉しかったですね。




リフォームっていうのは ある人には単なる修理にすぎませんし

ある人には集客を見込むツールになり

ある人には趣味となる・・・・・・・・




面白いものですね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

平成30年度 公共工事設計労務賃単価 発表!

労務単価1

ふむ 

またこの季節がやってきましたか・・・・



過去記事でも、例年この時期にとりあげていますが

本年 平成30年度「公共工事設計労務賃単価」・・・・・・・

ま ひらたくいうと国や自治体が発注する道路工事なんかの いわゆる公共工事 


この競争入札には各大手ゼネコンさんなどが こぞって参加をする訳なんですが

昨年1年間の入札結果の平均値・・・・

特に作業に従事する職人さんへ支払う一日当たりの賃金を

地域別・職種別に細かく統計をとったものですかね。


東京都の塗装屋さんには一日いくら、北海道の水道屋さんにはいくら・・・・・

昨年1年間で実施された全国の公共工事の

こうした統計を毎年この時期 国交省が発表するんです。



あくまでも「公共工事」においての統計ですから、

僕らのような民間の工事 いわゆる「町場」の単価と直結はしないんですけど

町場の単価もこの公共工事単価には引っ張られる面ありますからね。


今年の動向を占う意味では 大変 重宝する情報であるのです 




んで、今年の傾向は・・・・・・・と 




昨年と比べて





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ふむ 





東京都の賃金は・・・・・・・・

ゆるやかな上昇傾向ってとこでしょうか。





従来、あんまりこの労務単価って気にした事なくて

チェックしだしたのは ここ数年ってとこなんですが

概ね傾向は この数年ずっと変わりません。



ゆるやかな上昇傾向・・・・・・ではあるんですが

東京エリアの塗装屋さんでいえば 

結果的にこの数年で1日あたりの賃金は2千円ちかく上がっていますね。



東京に関していえば やっぱりオリンピックをあと2年後に控えていますし

実際 僕らも昨年からずっと忙しい・・・・・ような気がします。

まわりの同業他社さんも軒並みバタバタとしている印象はありますかね。


ありがたい事ではあるんですけど

逆のぶり返しも怖いというか、オリンピック特需のあとの冷え込みっていうのは

もう既定路線みたいなもののようですし、

そこを睨んで今からどう動けるか、っていうのが命運をわけるんでしょうね。



だから何をしておこう、っていうのも特にないんですけどね・・・・・



まあ、無駄遣いせずに・・・・・






一生懸命やるくらいですかね 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

挨拶だけで乗り切れる ( `ー´)ノ

挨拶

いや、しかし・・・・・・・。



私も はや齢40オーバー 



最近は寄る年波を感じるといいますか、

望むと望まざるとも自分はもう「大人」なんだなあ、と感じる出来事が増えました。


自分に子供が出来たことも大きいんですけど

なんだか最近

以前にもちょっと触れましたけど うちの下請けの職人さんたちが

自分の息子さんだったり、

新たに入った新弟子さんだったりを連れてくることが多いんです。




いいんですけどね・・・・・・






いいんですけど

そんなフレッシュボーイたち 







私より一回り・・・・・・・

時には二回りも年下だったりする訳なんですよね 





昨日、うちの大工さんが連れてきた息子さんなんて

まだ17才とかでして、下手すりゃ自分の息子世代ですよ 




結婚の遅かった自分は まだ娘が4才ですけど

45歳の自分に17歳の息子は まあ全然ありえた話ですよね。




今の仕事自体、自分にとっては家業で 

始めた時から今までずっと親父・兄貴たちっていうラインナップで

やってきましたらから 

どこかでいつまでも自分が一番年下っていう意識があるんですよけどねえ・・・・・





いよいよ そんな事いってる場合じゃない年齢になったようですね 





まあ、しかし。


そんなフレッシュボーイたちと現場で会うと・・・・・・

これも時代なのかも知れませんけど ちょっと「元気」がない印象はありますかね。



和気あいあいの学生気分から、

いきなり右も左もわからん馬鹿野郎、べらんめいな建築現場にデビューですから

萎縮しちゃう気持ちも まあわからんでもないんですが・・・・・



昔っから この業界

「見て盗め」精神が基本で あんまり手取り足取り優しく教えてもくれませんしね・・・・・。




おとなしくなっちゃう君たちの気持は・・・・・・・オジサンはとってもよくわかるよ 

自分もそうでしたしね。



でもまあ、まだ仕事が何にもわからないのはしょうがないんですから。

そこは勉強させてもらっている、っていう気持で

若者らしく挨拶や返事は元気よくしてれば あとは時間が解決をしてくれます。

どんなに怒鳴られても・・・・・・・・

どんなに腹が立とうとも・・・・・・・・・





辞めちゃいけないよ 






君が理不尽に感じるその気持ち・・・・・オジサンはよくわかっているから 



考え方なんですけどね。


どんな業界でも苦労はあると思いますが

サラリーマンさんの世界とちがって

最低限 人間関係の悩みっていうのは少ないですよ、職人さんの世界は。



技術なり現場のノウハウ「だけ」を覚えればいいんです。

それまではデカい声で挨拶と返事 

あとはもう・・・・・・




思いっきりミスしなさい、失敗をしなさい。





それが何よりの経験になるし、あとの事は何も心配するな 





君の親父に責任をとらせるから 







たったこれだけの理屈なんですけどね・・・・・・



自分も覚えあるからわかるんですけど、

なかなか若い時分には理解ができないですよね。



未熟な自分をもどかし感じたり、それが悔しくて また素直になれなかったり・・・・・




わかる、わかる 





褒めて伸びるタイプの子もいるとは思うんですけど、

この業界、なかなかねえ・・・・・





昨日の自分と同年代の大工さんにも

あんまり息子さんを叱るばかりだと 萎縮しちゃって伸びないぞ、って言ったんです。



そしたら 





それはわかっていますよ、矢野さん。




アメとムチが必要で、俺もあいつの事を褒めてやることもあります。

99叱ったら・・・・・・・う~ん・・・・・・・・・









1は褒めてますね 







いや、それってさ・・・・・・・・・







ほとんどムチでめった打ちだから 









負けるな・・・・・







頑張れ、次世代ボーイたち !






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。









Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

くら~し安心 くら~〇あん (;^ω^)

クラシアン

トイレのトラブル〇〇千円~♪ 


な、テーマソングもお馴染みの・・・・・・

あえてご社名は伏せますけど、

水道関係の24時間サービスを展開されている会社さん。






近年だとクラシ〇ンさんだけでなく・・・・・・・・


他にもたくさんありますよね 



こうした会社さん。

原則はエンドユーザーさん向けのサービスな訳で

僕らプロの建築業者がこうした会社さんを利用する事って・・・・・・




まあ、ありませんね 











たまにしか 






僕ら創造社も水漏れトラブルのご相談をいただく事はありますし

そういう意味では同業ライバル会社に仕事頼むとは・・・・・・・





お前プライドねーのか? (# ゚Д゚)



というツッコミも承知ですが

いや・・・・・・・・・





案外と悪くないんですよ、彼ら 






ちゃんと制服も着てて、言葉遣いも礼儀も正しいですし、

基本料金+部品代っていう原則も、まあ明朗会計といえます。


一見さん相手の現金商売を毎日している人たちですから

やっぱり そのへんはきちんとしてらっしゃいます。








そりゃあ料金は・・・・・・・正直、ちょっぴりお高めだな、って印象はありますけど

失礼な言い方かもしれませんが

「使いよう」によっては、非常に便利な存在なんだと思います。




自分の例でいえば、

正直 彼らに店舗の配管工事をやってもらおうとは思いませんけど

お住まいのちょっとした水道トラブル、

特に緊急性の高いトイレなんかの水漏れには ご協力をいただく事があります。



彼らは加盟店も多いですし、僕らサイドの水道屋さんの手配がつかない時や

休日、夜間の緊急対応ってなった時には 非常に頼りになりますね。



そりゃあ・・・・・・

ぶっちゃけ簡単な水漏れの修理くらい、自分でもやれますよ。



でも僕らは 彼らみたいに工具や各サイズの部品を一通りそろえた専門の車両で

現場を一日に何件もあっちゃこっちゃ走り回っている訳ではありません。

基本は1点集中のスタイルな僕らです。



本当にちょっとした水のトラブルくらいなら彼らなら下見も必要ないでしょうし

彼らの車には一通りの交換パーツも搭載しています。

これが僕らだと、とにかく下見に一回お伺いをして パーツを揃えて、

また改めてっていう流れになりますし それだけお時間もかかります。



極論、僕らは彼らのように水のトラブルだけを専門に行っている訳ではないですから

緊急対応という点では とても敵いませんね 



いや、ホントにAmazonじゃないですけど

電話すれば たいがい希望の日の希望の時間に来てくれますもんね・・・・・







もちろん、そうした時は、お客様に事情を説明して

僕らだけでは緊急対応が難しい事、

これ位の工事なら彼らでも充分対応が可能な旨を説明して 

ご決済は直接クラシ〇ンさんとしてもらいます。


さすがに中間マージンぼったくろうとは思いませんねえ・・・・・



けっこうこのパターンって多くて、ふと気づくと

私 いつのまにかクラシ〇ンさんの優良会員になってしまったりしているんですよね 




その枠での工事ですから、お客様がご自身でクラシ〇ンさんに連絡するよりは

ちょっぴり値引きをしてもらえます。






日時に余裕を頂ける場合、僕らのスケジュールとバッティングしない場合。

もちろん自分らでの対応が基本ですけど

どうしてもそれが難しい時・・・・・・・





そんな世間で言う程、悪い選択肢ではないと思います、クラシ〇ンさんは 







アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

板目?柾目? 木材も色々あります。

板目1

古来、日本において 


まあ日本だけに限った話ではありませんが、

とにかく かつて建築と言えばいわゆる「木材」を用いるのが主流でした。



和風建築、木造住宅、宗教建築・・・・・



枚挙に暇はありませんが、

老若男女問わず、特に日本人であれば誰でも「木」には何かしらの思い入れって

ありますよね。



近代ではコンクリートやスチールに

構造物としての主役をとって変わられた感はありますが

それでも「仕上材」としては いまだ人気の高いのが木材です 



でも、なかなか檜の大黒柱!なんていうのも近年ではお目にかかる事は少ないですね。

やっぱり本物の無垢の国産木材っていうのは現在では(木種によっては)希少価値も

ありますので お値段もそれなりです。

以前はベトナムやカンボジアルートで少しは安く仕入れられるなんて話も聞きましたが

今はそれも昔のようです。



まあ、その代わりに、と言ってしまえば何なんですが

板目2

このブログでもよくご紹介する「塩ビシート」はなかなか面白い材料なんですよ。

一番メジャーどころの「ダイノックシート」から、業界最大手サンゲツさんのだす「リアテック」。

「ベルビアン」、「パロア」と各メーカーさんがそれぞれの商品を独自に販売しています。




各メーカさんのカタログをみても

板目3

ラインナップの「柄」としては木目が圧倒的に多いです。

それだけ人気がある、ともいえるんでしょうが

こう種類があるとですね・・・・・・・・








選ぶのも大変なんです 





種類だけでいっても、タモ、サクラ、カリン、オーク、ウオールナット、アッシュから・・・・・

ピーラー、ヒノキ、杉、マホガニー、と もう数え切れない程ありますし

その中でも濃い目の色、白っぽいもの、赤みがかったもの・・・・・・




おまけに木目にまでこだわっっちゃってくれてるんで

板目

上述したものから さらに「柾目」、「板目」、「板柾」のバリエーションまで。

板目、柾目っていうのは木の種類ではなく、木材を切り出すときに

どうノコギリをいれたかで変わってくる表面模様の事ですね。





自分は いわゆる家を一件、一件建てるような工務店さんではないので

そんなに木の無垢材を扱う、っていうのは少ないです。




でも こういうシートのカタログなんかを見ているうちに

木材の表装には詳しくなりました 




これも門前の小僧、なんとやら・・・・・・っていうんですかね。



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。