FC2ブログ

株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 PC表示最上段のメールフォーム「無料相談」から どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

壁紙(クロス)を貼り替えないで直します

ホシュウ1

以前も紹介しましたが、お住いの壁紙(クロス)は年数と共に劣化し

ハガレや浮き、また継ぎ目が目立ってくるという事がよくあります。


基本的には貼り替え、って事にはなるのですが

費用や日数の問題などで やむを得ない場合 補修でリペアする事も可能です。


ハガレ・浮き・継ぎ目 



そのどれも 基本的には専用の接着剤をいれて くっつけるという理屈。




これなんか・・・・・

ホシュウ7

まあ、パターンAですかね。

壁紙同士の継ぎ目(ジョイント)から ハガれかかっています。




破れぬように壁紙をめくり・・・・

ホシュウ8

すきまから接着剤を充分にいれていきます。




あとは

ホシュウ9

転圧ローラーで余分な空気を抜きつつ、壁紙をくっつけていきます。

ふむ

まあ、いいでしょう。






続きまして…・・

ホシュウ2

わかりますかね・・・・・

今度はジョイントではなく写真の指でつまんでいる部分、

ボコッとミミズ腫れのように壁紙が浮いています

パターンBですね。




このような場合

ホシュウ3

そのミミズ腫れが触ってみて「固い」ような時は、

下地の裏ごとハガれかかっている事が多く、やはり破れぬようにめくっていきます。





これ

ホシュウ4

単に表面の壁紙だけでなく、下地の石膏ボードの紙ごとハガれています。





充分に接着剤を下地にまで充填し・・・・

ホシュウ5

壁紙を復旧します。




ふむ

ホシュウ6

いいでしょう。

このようなミミズ腫れ、僕らでは「浮き」とも表現しますが

その部分に針を刺し、注射器で接着剤を注入する方法もあります。


今回はコーナー部分で壁紙をめくるのが容易でしたが

壁のど真ん中部分の「浮き」などで そのまま充分にめくるのが困難な場合

注射器を用いる事もあります。







さて

ホシュウ14

これなどはパターンCですかね。

逆に壁紙自体はハガれてはいなんですが、壁紙同士が年数で収縮した為

ジョイントが目立ってしまった場合。




ハガれている訳ではないので

ホシュウ11

壁紙と同色の接着剤を黒いスジとなっているジョイント部分に充填します。




はみ出した接着剤をさっと水で拭いて・・・・・

ホシュウ12

どうでしょう?

パッと見は充分わからないですよね。






クロス補修は まあ大体この3つのパターンで直すことが可能です。

ジョイントのハガれ、裏紙からの浮き、収縮によるジョイントの「開き」。


今回も部屋のあちこちに

ホシュウ15

気になる部分はありましたが




そのどれも

ホシュウ13

パターンA・B・Cのいずれかでした。




言うは易しではあるんですが、なかなか破れぬようにクロスをめくる事や

同色の接着剤(コークボンド)を選択する事。

固くなってしまってくっつきづらい壁紙は水でふやかして柔らくする事や

注射器を用いてみる事。


たがが補修ではあるんですが、クロスの特性をよく理解した上でないと

なかなか難しいかも知れません。

慣れてしまえば、なんですけどね・・・・・





お部屋全体を貼り換えるのは忍びなく

あっちは貼り換えるとしても、こっちは補修で。

なんてオーダーは意外と多いんです。



全体を補修のみで、っていうのはなかなかありませんが

不可能ではありません。

お気軽にお問い合わせ下さい。



ただ、やっぱり補修は補修ですから・・・・

貼り換えるよりはグレードは落ちる事はご了承くださいね。





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト



Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/987-e253af70