株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

建築現場のセキュリティ

セキュリティ1

僕ら創造社のような いわゆる「町場」の現場がメインの場合は

あまり縁がない話なのですが


大手ゼネコンさんのビル一棟の新築工事などの現場・・・・・・

いわゆる「野丁場」において

近年 防犯に対する意識がすごく高まっていると聞きますね。




ここ5年間の警視庁のデータをみても

建築現場への夜間の侵入、盗難、放火・・・・・といった犯罪件数は

毎年10万件近くにも及ぶとの事で、単純に全国で1日200件近い被害が

でているという発表もあります



夜間は無人になるのが原則の建築現場。


昔のようにフェンスで囲っているだけの

セキュリティでは とうてい追いつかない状況が現実あるようですね。




以前にもとりあげましたが、マンションの外壁工事などの際にかける

仮設足場も 考えてみると怖いものです。

セキュリティ2

日中は作業員さんが登って作業する足場ではありますが、

夜間に不審者がこの足場を上って・・・・・・・

実際、一人暮らしの女性を狙って侵入をした事例もあるんです。


最近では侵入防止の警報システムなどをとりいれる会社さんも多いですね

セキュリティ




建築現場にあるプレハブの現場事務所っていうのは、

日中ものすごい数の人間が出入りをします。

作業関係者もそうですし、外部の関係業者、材料屋さん、

それこそお弁当の納入業者さんまで。


現実これだけの人間を

1人ずつ身体検査するなんていうのも無理がある話で

事務所内で現場監督が使うPCから

個人データを盗用する、なんていう事件もあるようです。


なので最近では事務所内の間取りに、1室だけ関係者以外立ち入り不可の

エリアを設けるのは必須であるそうな。



夜間を通して警備員さんを雇ってセキュリティを図る、というのもありますが

このコストだって馬鹿にはならず、結局お客様へのご予算に跳ね返る話。




不特定多数の人間の出入り。

システムの出来上がってない未完成の建物内のセキュリティという

一種 矛盾をはらんだ問題ですから・・・・・



なかなか難しいテーマですね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします

関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/983-d3d84aea