株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

建設業界に向かない人 (-_-)

ケンセツ

「建設業界に向く人、向かない人」 




と、いっても その中には 設計業務をする人間やインテリアコーディネーターさん。

大手になれば積算部ですとか、営業に従事する人間もいらっしゃる訳で・・・

経理のおばちゃんだって建設業界の人間といえば人間ですよね。




だから、業界ったってその特色は様々な訳で、

その中で、どんな人間なら この業界に向いている、っていうのは一概にはいえません 


















こと現場作業に従事する人間、っていう意味でいうならば 

重要な素質が一つある気がします。

建築業界現場で生き抜くための・・・・・・・大切な才能 




それは




あ~






そこの君 













押忍!
オオゴエ

声の大きい人です 







声が大きい、なんて言い方すると 単に声量の問題みたいですけど、

そうでなく、言い換えれば意思をはっきりと伝えられる人間でなければならない。

そんな意味ですかね。





実際、建設現場というのは 時に大きな騒音の中で

お客様なり仲間とコミュニケーションをおる事が必要となり、

よく通る声、大きな声で意思を伝えるというのは 想像以上に大切な事なんです。



あとは はっきりとした言葉で はっきりと趣旨を伝える事。



よく自衛隊のテレビなどで 作戦開始の時刻が午後6時30分であった場合。

それをトランシーバーなどで伝える時に








作戦開始時刻・・・・・・・1830(いちはち、さんまる)! 了解 




あれと一緒ですね。



午後と午前を間違えたり 「六時」を「九時」などと聞き間違いないように

明瞭な言葉で確実に意思を伝達するという意味では全く一緒です。




さすがに建設業界で 明日の待ち合わせを






明朝 きゅー、まる、まる ・・・・・・・現地集合 願います 






そこまではやりませんけどね 





ご他聞にもれず、わが建設業界でも今時の若い人っていうのは

ちょっとこの点が苦手な子が多いですね。



なんか こちらから コミュニケーションをとろうとしても・・・・





「・・・・・・っす。  ? ・・・・・・かもです」







みたいな 





何を伝えたいのか、質問なのか主張なのかも 現場だとわからない時があります。











声を張れ 








まだ現場に慣れない、自信のなさや年長の先輩方への遠慮もあるんでしょうけど

元気は若者の特権ですから、もうちょっとガンガンいってほしいもんです。



ほんと





失敗も無礼も今だけの特権なんだからね・・・・・










10年後 同じ事やってたら許さないよ 





アクセスありがとうざいます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングペーjに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします




関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/928-6f276d3e