株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

デタトコショーブ

ひらめき

出たトコ勝負 



現場作業において、ある意味これ程 その業者の資質が問われる・・・・・・

そんなファクターも 他にはないかも知れません 



「出たトコ勝負」っていうと、なんか「一発勝負」であるとか







こうなりゃ・・・・・・「一か八か 






みたいなニュアンスにも聞こえますけど、そうでなくて 





何というか、予定にはなかった困難に直面した時に・・・・・

とっさに閃くアレンジ力とか、応用力、っていう意味ですね。



リフォームのお仕事全般に関わってくる事なんですが

特に多いのが・・・・・・

何だろう、水道工事なんか この応用力を問われる機会が多い気がしますね。



水道の工事・・・・・・





例えば今日なんかも

これ

配管1

新たにウオシュレットを取り付ける為に、この部分を給水ホースをつなげるよう

穴のあいた部材に取り換えなければならなかったんです。

今は穴がないので、ホースとつなげないタイプの配管なんですね。



こんなやつに

配管4

横にホースをさす小さな穴がある部材への交換予定であったんですが

やってみたら・・・・・






これが現在の部材のネジをひねっても外れないんですよ 

いや、もうガスバーナーであぶっても 何しても・・・・・・




正確いうと、外すことはできそうだったんですけど、

どうも元々が無理やりに便器とジョイントをした配管だったんで、

無理に外すと二度と元に戻すことができないような状態だったんです 





それなら・・・・

配管2

その部分のみを外すのではなく、

その根元の先で外そうと点検口の蓋を開けてみたんですけど・・・・・

それをやるには、今 蓋があいている状態の柱型を

もっと上まで全部壊さなければなりません。

壊すのは何て事ないんですけど、

この柄のクロスが現在 絶賛廃番中ときた 







壊すだけ壊してクロスが貼ってない状態じゃ どうしようもありませんし・・・・







おし

配管3

今回は、ウオシュレットに水を給水できればいい話ですから

こうなりゃ今の配管をあてにせず、新たに洗面化粧台の横っ面から給水を分岐しよう。

これなら無理矢理な今の配管をいじる必要もありませんし、クロスに被害もでません。



もちろん、当初の予定とは変更になってますから、お客様のご確認はいただいています。

使い勝手には何の問題もないですし、便器の奥の下の部分の話ですから

それほど見た目にみっともない事もありません。





はっはっはっは 






まあ、リフォーム全般でよくある事なんですが

水道工事っていうのは 例え事前に下見をしていたとしても・・・・・

特に現在の配管をいじって、組み替えて、云々っていう場合

これはもう外してみないと、外れるかどうか、ってわかんないんです 



今回のように無理に外す事だってできなくはありませんよ。

その為の道具もノウハウもあります・・・・・・



でも、外してみたら配管が錆でボロボロだった、とか

下を外したら、その衝撃で上の配管まで外れてしまった、とか

そういうのがよくあるんですよ・・・・・




ここまでくると もう事前の目視ではわかりようがない事なんです。

最低限の経験則で予測はしますけど、築の古い現場とか、こればかりはもう・・・・

当たるも八卦です 




まあ、でも重要なのは とにかくその場で機能性、見た目を損なわない代案をだして

お客様にご迷惑をかけない事。

自分らだって御見積もりをだした上での事ですから、追加費用なんかいただきません。



いや、そりゃ・・・・・・











心の中では泣いていますよ 








アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします



関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/898-c8708233