株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

梅雨時の建築業界

梅雨

よく降りますね・・・・・

東京都 わが港区においても今週は月曜からず~っと雨が降っています 



また、何故だか こんな時期は外部の仕事が多いんです 





こんな梅雨時によりによって・・・・・・・・













何でやねん ( `ー´)ノ






とも思いますが、お客様にとっては この時期だからこそ

お住いの・・・・・外回りのメンテナンスを万全にして

梅雨時に雨漏りなどの心配なきよう僕らに依頼をくださる訳です。





そういう訳ですから工事中、僕らが濡れてしまうという事実は まあ・・・・・




優先順位としてはかなり低いです 





僕ら創造社の業務範囲、すなわち建築工事には大きく分ければ



「内部」 これは まんま雨の当たらぬ室内での工事。



「外部」 外壁塗装やエクステリア工事など まんま雨の当たる場所での工事。





「内部」での工事は雨が当たる訳ではないんで、特にこの時期だからといって

影響はないんですが、やっぱり「外部」の工事は作業性からいっても影響がダダありです。


それが外壁に看板を取り付ける、とかの仕事であれば

少々 雨が降っていたって工事はやってしまいますが

外壁塗装なんかは最悪ですよね・・・・



自分らが濡れる分にはかまわないんですが、塗装しているそばから雨が降ったら

塗った塗料が全部 外壁から流れ落ちてしまいます 



全部 流れ落ちる、っていうのは大げさではありますけど

小雨くらいだし 

などといって、塗装を強行すると濡れた状態の下地を塗料の膜で覆う形になりますので

下地の水分が蒸発した時の気泡が完成後の塗膜に現れる事などがあります。





こんな感じになっている外壁。

見たことありませんか?

ふくれ

僕らの業界で「ふくれ」などと呼びますが、

その一因に 下地の乾燥が不十分であった場合な事があります。


外部での塗装には とにかく雨は天敵ですので 小雨はいうに及ばず

予報でその日は降る、っていう日にも工事は中止するのが原則です。

お客様にも事情を説明して、延期をお願いします。



そんな時、予報が外れてピーカンの晴れだった時の気まずさと言ったらもう・・・・

別に僕らが悪い訳じゃないんだと思いますが、すごく気まずいものがあります 




なので、この時期の塗装屋さんは えてして暇をしていますね。

この時期を利用して早々に海外旅行に旅立ったバカもいます 

今週末の土曜の朝に帰って来る予定らしいんですが

こういう不届き者には天罰として今週土曜日 午後からの現場を用意してあります 

成田から現場への直行便です 



まあ、それは冗談で 以前から決まっていた現場で

休んでもいいよ、って言ったんですけど 旅行はプライベートの事ですから、と

男をみせてくれるそうです。

いやお前はいいけど・・・・・・



奥さんと小さな子供さんが不憫でならんわ 




港区の予報だと雨天も今日、明日までで来週からは回復する、みたいな事のようなので

来週からはハイスパートですね 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/883-b8fcf53d