株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

山を好きになるなら登らない ( `ー´)ノ

分かれ道

テレビでの聞きかじりで、正確な文言はわからないのですが・・・


とある著名な登山家さんの言葉に



「山を好きになりたければ、下(くだ)りなさい  」




というものがあるそうな。




そのテレビで並行してクイズになっていたのが


もし・・・・・・




もし将来 自分の子供が「自分と同じ職業」につきたい、と言った時。




あなたは子供に自分がその仕事で経験してきた

「楽しさ」を教えますか?



否    



「つらさ」を教えますか?



というものでした 






最近、親のはしくれになった私も その瞬間を懸命に想像して

考えたのですが・・・・



自分は「つらさ」を教えてあげたい、って思いました。



彼なり彼女が自分で決めた事をとやかく言いたくはないですけど

君が思う程に簡単な道ではないかも知れない。

こういう、ああいう 困難があるけど 本当に好きな道なら

それを乗り越える覚悟をもたなきゃ、ダメだよ・・・・・・て。



親心丸出しですけど、まあ そんなアドバイスをするだろうなあ、って思いました。




ここで 登山家さんの言葉なんですよね・・・・



いわく 


山を好きになるのならば、まずは つらく苦しい「登山」をするのでなく

ゆっくりと負荷をかけずに山を「下り」・・・・・・

そこに吹く風、そこに咲く四季折々の風景の素晴らしさを

体験してごらん。




人間はその「楽しさ」を知っていれば、立ちはだかる困難にも立ち向かえる。

はじめに「つらさ」ありきでは、委縮もしてしまいますし、

「好き」にもなれない。


それを教えた言葉なんだそうです。




なるほどねえ・・・・





まあ、前時代的な考え方であれば はじめに「つらさ」を教えて・・・・

それで根性を養ってこそ、強くなれる 




自分が習っていた空手道場なんて、モロにそんな感じでしたよ 




パンチだ、蹴りだ、を習うのは基礎体力のトレーニングをクリヤーしてからの話。





空手の基本の立ち方に こんな「騎馬立ち」というものが あるんですが

騎馬立ち

この態勢のまま30分じっとしてろ、とかありましたよ・・・・・

もちろん疲れてフラフラしようもんなら 竹刀でシバかれます 




まあ、自分は空手が好きでしたし 結果的には続きましたけど

たしかに ああいうつらく地味な稽古しかさせてもらえなかった時期は

もうやめてしまいたい、って思った事もありました。

実際、何人もその時期にやめてしまった同輩もいましたし・・・・・





難しいですよね・・・・






つらく苦しい下積みの時期というのは、何の仕事においても必要でしょう。

まさかそれを否定しようっていうんじゃありません。


その時期を乗り越えさせるものって何なのか・・・・



それはその先にある「楽しさ」を知っているか、どうか なのかも知れない。

確かにそうかも知れませんよね。



ツラい事もあるでしょう、苦しい時期もあるでしょう・・・・




だからこそ、後進の人間には まず「楽しさ」を教える必要がある。

それが自分ら先人の役割なのかも知れませんね。






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします



関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/870-2a484024