株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

託すに足る相手であるという事

バトンタッチ

自分が創造社の仕事に携わるようになって・・・・・・・はや20年近く 


好むと好まざると、経営者のはしくれとして長年やってきた訳なんですが

これだけ長くなるとやっぱり 

どこかで「染まって」きてしまっている自分を感じる事があります。



最たるものはお金に対する考え方であるかも知れません。




会社の経営者っていっても自営業みたいなもんですから、

それ程、仕事とプライベートが分かれている訳でもなく

ある意味すでに一体化しています・・・・・



日曜日が休みな事くらいは知っていますが、

仕事を休んで許される日とは思っていません 



現場が押していれば日曜に働くことも当然ですし、

カレンダーの赤い日に気づかない事なんてしょっ中です。



それと一緒で、段々仕事上の感覚をプライベートでも引きずるというか・・・

お金に対する感覚っていうものが麻痺してきているような気がするんですよね。




僕らの仕事であれば1回で100万円単位のお金が発生する事は まあザラです。

慣れてくれば100万円の現場・・・・・・それ程大規模な現場とも思えなくもなりますよ。

さすがに数千万ともなればそれなりの緊張感もありますけど、

それもやっぱり段々と麻痺はしてきます。



でも思うんですよね・・・・・


自分は今までの人生で それ程大きな買い物ってしたことがありません。

自分でローンを組んだ経験もないんです 




今も以前にネット経由のお問い合わせで工事をさせていただいたお客様から

新たに別の相談をいただいているんです。

100万円程度の現場になるかとは思うんですが、でも考えてみると・・・・




お客様にとってはリフォームっていうのは いわば「プライベート」なこと。

こっちは仕事上の事ですけど、お客様にとってそれは仕事ではないんですよね。


プライベートなんです 



逆の立場で自分がプライベートで100万ものお金をだすて・・・・・・




すごい勇気がいる行為ですよ 




さらっと100万円の御見積なんぞを書いて、

今回 さくっとご発注もいただけたんですけど

それは自分が100万円を託すに足る人間とお客様が認めてくださった事なんですよね・・・・

プライベートで。



この仕事を長く続けていれば ぶっちゃけ たがが100万って思う事もあります。




でも逆の立場なら たがが、どころか血にも等しい金額ですよ。

もう相手を疑って、疑って、疑い倒しますね・・・・・・自分なら 


長く続けていると、御見積上や請求にあがる金額って言うのは

いってみれば仕事上の一つの「目盛り」でしかなく、それがお客様にとって

「血の通った金銭」である、という感覚を忘れている事があると思います。





だから、自分は常に・・・・



自分だったら、この工事にいくらかけてもいいな、とか。

その仕事を逆の立場にたって、自分ならどう思うか?


っていうチェックを自分の中でするようにしています。


これがなかなか難しいというか、仕事に「染まって」しまって

一般のお客様と感覚のズレがあっては元も子もありません。



だからまあ・・・・・・



良くも悪くも 自分はあんまり「プロ」っぽくならないように心掛けているんです 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします




関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/857-93a9e81c