株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

大使館 門扉 溶接工事

溶接1

今回も地味~な仕事です 


港区にある某国大使館内に 大使がお住いになる邸宅があります。

そこの門扉。

溶接2

厳密に言うと、その門扉についている鉄製のカンヌキ棒が折れてしまっていて

今回、溶接での補修に行って参りました。



派手さはない仕事ではあるんですが、これも創造社の真髄の一つですね 



今、港区でこういった溶接の仕事をうけてくれる会社さんって

なかなかいらっしゃらないと思います・・・・。

昔はたくさん そんな会社もあったんですけど、この手の仕事って

今やあまり需要も少なくなっていますし、

そもそもが儲かりません 


溶接の機械も持っていなきゃいけませんし、ある程度の鋼材を在庫しようと思えば

倉庫スペースも必要になるわけで・・・・


港区っていう家賃も高いお土地柄でなかなか 今そういう仕事を継続するのは

難しいのだと思います。

僕らはたまたま自社所有の事務所と工場があるので

地味ながらコツコツとやってはいるんですが、

これも時代の流れでしょうかね 



本当に昔は・・・・・今の麻布十番からはイメージできませんけど

30年も前は町工場が密集してるようなエリアだったんですよ。

僕がまだ子供の頃、よくそんな工場のおっちゃん達に可愛がってもらったもんです。





思わずノスタルジーしてしまいましたが・・・・

溶接3

そんな時代も知る うちの社長が溶接するショットを真正面から。





この後、溶接部を塗装して完了でした。




いやいや・・・・・

書いていて、思わず懐かしくなってしまいましたね 

30年前のこのあたり一帯。

カ~ン、カ~ン、って鉄を打つ音が夕暮れ時にいつも響いていて

泥んこの子供が走り回っている...................




本当にあの3丁目の夕日を地でいくような、街でしたね。



関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/846-e654d61d