株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

平成27年度 労務単価の公表

労務単価1

以前も記事でお伝えをしましたが・・・・・・・わが建設業界 

その中で、国や自治体が発注する いわゆる「公共工事」というものがありますよね。



受注は一般的に指名業者間による競争入札で決定をする訳ですが、

公平性や極端なプライスダウンによる工事品質の低下を防ぐため

公共工事に関しては あらかじめ工事を発注する自治体サイドが

業者側に示すおおまかな値段の基準というものがあるんです。




その一つが今回ご紹介する「公共工事設計労務単価」となります。




簡単にいえば その作業に従事する人間が1日働いて得る賃金をまとめたもの。

それは当然 地域差もありますし、業種によってもちがいますよね。

同じ大工さんでも北海道と東京では物価の開きもありますし、

同じ東京内においても熟練した技術を要する専門職と

荷物運搬などの軽作業を請け負う作業員さんでは1日の賃金にも差があります。



そうした業種、地域・・・・・・・

労務単価2

強制力があるわけでなく、あくまでも参考ではあるのですが

毎年 国土交通省から このように一覧表となって公表があります。





昨年度から比べると、やはり全体的に賃金も底上げの傾向にあるようです。



東北の復興、2020年の東京オリンピックに向け 業界は徐々に人手不足が

懸念される空気もでてきていますし、需要と供給バランスが如実に

今年度の労務単価一覧にあらわれてきているようです。



まあ、それもあくまでも公共工事の話 



創造社のように民間の工事を主体にお仕事をさせていただいている身には

あまり関係ない、といえば関係ないんですが やっぱり気にはなりますし

御見積の参考程度にはしています。


もちろん建築工事というものは、単純に作業賃金だけで決まるものでなく

状況、技術料、材料代、時間・・・・・・・ets

色々なものを総合して価格が決定するものですから、本当にあくまで参考程度ですけどね。



この公共工事の労務単価が上がれば、全体的に公共工事の予算が拡大し

ひいては税金からの支出が・・・・・・


そう考えると いち国民としては  ではありますが

建設業界の人間としては・・・・・・・非常に複雑な思いがあります 




まあ、民間に出回っている単価と公共工事では開きがあるのも事実ですし

継続的につづく工事と一回きりの工事・・・・

それだって単価に影響がでてきます。



でも・・・・・・



この お国が定める労務単価から極端に差がある業者さんっていうのは

ちょっと?ってくらいは思ってもいいかも知れません。




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします








関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/803-45e4a5a0