株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

建設業界の発展 ~江戸時代を考える~

タイムマシン

リフォーム。

と、いうか建設業界っていうくくりで考えると・・・・・

その歴史は非常~に長いです 













多分 







自分も建設業界に従事はしていますけど、

歴史て・・・・・・・・



そりゃあピラミッドを建設したのだって その一つともいえるんでしょうし

歴史っていっても どこからが業界のはじまりだったか、っていうのは

ちょっと定義の難しい話なのかもしれません。



先日 テレビで 

もしもタイムスリップしたら?

な~んて番組をやっていたんですけど、

いつの時代・・・・・

まあ、それが江戸時代だとして、私がタイムスリップしてリフォーム業をする 







う~ん 













まあ・・・・・・・











ネブソク

無理っすね 







平成の知識や技術を持ち込もう、ても

大体、材料がありませんよね 

さすがに江戸時代にサンゲツないだろうし・・・・・・



電動工具もないですし、あってもコンセントないしなあ・・・・



部材や道具に頼らない・・・・・・・なんというか 「発想」なら?



う~ん

今の建設の概念というか、基礎的な考え方は江戸時代には

もう完成していたんじゃないですかね・・・・

豊臣秀吉さんが一夜城を建てた概念は 今でいう建売の家というか・・

要は材木を工場でプレカットして現場で組み立てのみを行うことでの効率化。

その大量生産が現代のハウスメーカーさんの手法ともいえます。


粋な黒塀~ みこしの松に~♪


みたいに塀を「塗装」するっていう概念もとっくにありましたし

左官屋さんも大工さんもいたわけだし・・・・・

まあ、現代のように細かく業種が細分化はされていなかったようですが。




う~ん・・・・


システムキッチンの概念とか?



いろいろなオプションの組み合わせで、

さあ、奥様の理想のキッチンに 










絶対、注文こないですよね 

第一、水道も電気もないんだもんなあ・・・・




結局、まあ薄学の私の言うことなんであまり信用はできないかもしれませんが

建設業界の発展といっても、要は便利な部材や重機、道具の開発に付与するところが

大きいんじゃないですかね。



基本的な概念自体というのは、江戸の昔から変わっていないのかもしれません。

効率化や便利の陰で失われていった技術というものも多いですし

何の業界でも同じかもしれませんが、これも善し悪しですよね・・・・





結論 







私自身でいえば、江戸時代に行ったら廃業です 

情けないような、何というか・・・・


持ち込めるものがない、っていうのも面白い話ですよね。

何かあるんだろうけどなあ・・・・・





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします





関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/761-952d7210