株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

地域差による工事金額

労務単価

↑ 平成24年度の公共工事における労務単価の一覧です。

お国が一応の基準として作業員の一日当たりの労務賃を定めたものなんですが

こうしてみると「関東」のひとくくりでも、随分と違いがあるのがわかります。


埼玉で18,100円/日の大工さんも東京では19,200円。

1日当たりで千円以上の差があり、

一年の単位でいえば数十万の開きがある計算になりますね 

年間で一か月の賃金分くらいは同じ関東でも差がでてくるのがわかります。


やっぱり東京が基本的に割高なんですけど、業種によっては・・・・・

例えば「一般運転手」の業種なんかでは、東京が14,100円に対して

埼玉で15,200円と、これもまた千円以上の差があるのがわかります。


物価や人口密度、工事の発生件数。

それらに伴う需要と供給の中で決まっていくものですから

一概にどこの何が高い、安いって簡単にくくっていけるものではないんです。


それに、あくまでもこれは「参考」となる数値。

各自治体でこういった労務賃の一覧は発行していますけど

これは積算の一つの基準とするためのものであって

これによって労務賃を決定するものではありません。

それに、あくまでも労務賃のみの数値であって、

現場の管理費や経費はまた別ですよ。

っていう文言が必ず付記されているものなんです。


だから僕らのようなリフォーム会社にこの単価をあてはめよう、っていうのも

無茶な話なんです 

これはあくまでも下請けの職人さんに支払う分の価格であって

ぶっちゃけ少々なりとも、その単価に上乗せしていかなければ僕らみたいな商売は

成り立ちません。


職人さんの単価に上乗せするっていう中には、お客様とお打合せを僕らがして

僕らが全体の工程を管理して職人さんを手配して・・・・・

工事中の現場管理はもちろん、何よりお客様にご満足いただける仕上がりに

なるように責任を負うっていう意味があります。

まさか不当に賃金をピンハネしてる、っていう訳ではありません。


ま ぶっちゃけ そんな会社さんもいます、この業界 

現場には顔も見せない、全部を職人さん任せの・・・・・・・

「丸投げ」っていいますけど、これって建築基準法にも抵触する違法行為なんです。



お客様と職人さんの間にはいって、工事を無事完了させる 



それが僕らリフォーム会社の存在意義のひとつです。

その意義を認めてくださるかどうか・・・・・・

それはお客様がお決めになる事ですから、僕らから押し付ける事もできませんし

した事もありません。



創造社も一応は会社組織で法人ですから

利益を挙げないことには成り立ちません。


利益を挙げることが悪でないのなら、あとはその手段の問題だと思いますし

そこに後ろめたさがないのであれば、それでいい。

そう考えた時、あらためて創造社の存在意義がわかる気がするんです 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/742-6bcacf91