株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

専門職? 総合職?

専門

専門職と総合職 



正確な意味は知りませんが、僕らの業界でいうと・・・・・

例えば塗装といった建築の「一部分」に特化して精通をした人が専門職。

まあ、職人さんの事ですかね。


対して例えばゼネコンさんや、僕らのように町のリフォーム屋さんっていうのは

「一部分」のみではなく建物に対する総合的な知識を要求される事が多いです。

まあ、一種の総合職といえるのかも知れません。


このブログ経由などで お問い合わせをくださるお客様と

数多くお話をして・・・・・・

つくづく実感するのは

一般のお客様にとって僕ら業者というのは

みんな「専門職」であり「総合職」であるというイメージをお持ちになっている。

と、いう事です 



一般のお客様からみれば「建築業界」に従事する人間であれば、

みな、例えば塗装に関しては専門職並みの知識をもっていて、

リフォーム会社を謳う会社の人間であれば、設備や外装や

それこそ数多あるリフォーム製品全てに詳しいんでしょ?

っていうイメージですね。



それはある意味、正しいですし 本来そうあるべきなのかも知れませんけど

現実的にはなかなか厳しい事 



そのへんの誤解というか、ギャップがリフォーム詐欺などに代表される

悪徳業者とのトラブルを招いている一面があると思います。



ぶっちゃけて言うようなんですが・・・・・



はっきり言って、「建築」。

それが高層ビルや橋の建設などを除いて、

一般のお住いという事に限定して言っても

そのすべてに精通しているような人間なんていません。

僕ら創造社も同様です。



水道屋さんは電気の事はわかりませんし、

内装屋さんは構造の事を知りません。

そこを不透明にしている業界側の責任も もちろんありますが



時に


外壁塗装の工事を、なぜか看板屋さんがやっている 




やった事もない水道の工事を左官屋さんがやっている。





それこそ設計士の資格も有さない会社が、建物の耐震診断を行って

ご高齢のお客様に、床補強の金物をつけて商売している。



なんて事例を耳にする事があります。


例えはなんでもいいんですけど・・・・・・同じなんです。

建築も一般の業界も 


このブログを今お読みになっていただいてる方も

何かしらの仕事をされている方が多いと思います。


何の業界でも、仕事の対象となるものに対して完璧に・・・・・

それこそ全てに精通している人なんていないんだと思うんです。


総合職を謳う建築屋もリフォーム屋さんも、はじめから業務範囲を

「総合」としているところはありません。

みな何かしらの専門・・・・・

創造社でいえば前身である鉄工所がそのキャリアのはじまりですし、

今でもそっちの方面には強いです 


「総合」を謳うリフォーム会社さん。

もともとのスタートはどんな専門職さんであったのか?



そんなのも良いリフォーム業者さんを見分ける一つの目安かも知れません





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします










関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/688-402783ed