株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

降参です ('◇')ゞ

降参

僕ら建設業の人間が働く現場 



各々がもつ技能なり、知識を提供しあって

より良いリフォームを目指す



っていうのが基本形であり

言い換えれば個人プレーの集合体であるのかも知れません。

チームプレーというよりは...........連係プレーという方が近いですね 



何の業種でも同じことはいえるかも知れませんが

僕らが仕事する建設現場では、高圧の電流であったり

鋭利な刃物の電動工具、頭に直撃すれば命にかかわるほどの

重量物を扱う事も頻繁であり、常に危険が伴います 




意外であるかも知れませんが、そんな建設現場で

最もタブーなのは 根性をだす事 であるかも知れません。


根性というと定義も曖昧になってしまいますが

言い換えれば絶対に無理をしない事 






厳しい親方や先輩、お客様の前で 

例えば重たい家具など重量物を運ぶとき、

人間、思わず無理をしてしまう事もあると思います。



きつい・・・・・




手が痛い・・・・・




でも・・・・・・・





っていう時、男なら根性で頑張る事もいいでしょう 




でも、その運搬が4人がかりで、

今まさに階段をあがっている途中とすれば

万一、自分が手を離せば 他の3人は手をはさまれた上に

階段から転落してしまうんです。

最悪、大惨事にもつながるでしょう・・・・・


そんな時、僕らは声を掛け合って作業をします。





「そっち大丈夫か?」






「・・・・・・大丈夫です」






って言われれば、その状態ではその言葉を信じる他はなく

逆にいえばそれ以外に事故を防ぐ術もないんです。


自分の体力と相談して、無理がありそうなら

どんなにカッコ悪くても 





「・・・・・・・すみません、キツイので一回 床に置きます 










・・・・・・・それでいいんです 


そこで根性だせだの、気合が足りないだの、言う現場監督の方が間違っています。

まだ体力や体の使い方のわからない人間を配置する方が

そもそものミステイクなんです。



まだ新人の子が現場にくると、先輩や親方の手前

自分の限界をこえて危険な作業をしようとする事もあります。


そんな時には



無理すんな 




かのタモリさんが、いいともの共演者さんに残した名言に








「やる気のある者は去れ」









っていうのがあるらしいですね 





もしかしたら・・・・・

無理して連携を崩す事の過ちを説いたお言葉・・・・・・・なんですかね。






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/650-1da58050