株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

まず教えること。

GS138_72A.jpg

以前も記事にしたのですが

最近、僕等と長年のお付き合いある職人さん達の中で

その息子さん・・・・・・・

2代目が創造社の現場でデビューする事が増えてきました。




親子で作業にいそしむ姿、大変ほほえましいです 






いやあ........









自分も年とるわけだ 





そんな職人さん達と最近、話題になるのが

息子さんとの今後の向き合い方 


普段は、ぶっきらぼうにも見える親父さんたちも

その点、みんなやっぱり戸惑っているトコあるんです 






勉強やスポーツみたいに教則のマニュアルがあるわけじゃありませんし、

やっぱり親父さんが駆け出しだった頃とは時代もちがう。

自分が仕事を覚えた時と同じやり方でいいものなのか・・・・・・



って相談をうけることがあります。




時代の差。

たしかに親父さんたち世代の修行期間って、聞くとほぼ奴隷ですよね 

仕事を教える機会を与えてやってる、ってのが基本スタンスですから

給料もらえないわ、つらい作業 全部やらされるわ・・・・・

そもそも手取り足取りで仕事なんて教えてもらえず、目で盗め 



反抗した日にゃ、トンカチで頭どつかれたらしいですからね 



それを今時の子にやらせるのも、ちょっと無理あるかもしれません。

かと言って、今後 職人として生きていく息子さんたちには必要なことで

あるのかもしれません。



難しいところですね・・・・・




厳しくするか、優しく教えるかは息子さんの性格しだいでもあるでしょうし、

自分が思うのは・・・・・





作業ひとつひとつの「意味」を正しく教えてやってほしい、っていう点です 





例えば塗装工事でのテープ養生

26.gif

塗らない部分、はみ出してはいけない部分にテープやビニールを用いて

塗料の飛散を防止する作業。



単純にいえばそれだけの事なんです。

じゃあ、テープを貼ればいいんですよね、って言えばそれだけはないんです。


それが床の養生であれば、そのビニールの上を人が歩きます。

と、いう事は

ビニール同士の継ぎ目に足をひっかけないような養生を行う必要があり、

もっと言ってしまえば作業が終わって養生を撤去するときに

テープがベタベタとあちこちに貼ってあっては撤去もスムーズにいきません。

頑丈かつ最低限の養生でなければいけないという事になるんです。








そこにはビニールが貼ってあるんだから・・・・

塗料がはみ出しても大丈夫ですよね 







ダメです 

そのビニールの養生はあくまでも「万一」の為の事と考える。

基本的には刷毛を用いて丁寧にダミこんで、あわよくばビニールには

塗料を一切はみださない位の心構えで、仕事を覚えていった方がいいんです。




いや・・・・・・・・







ぶっちゃけ親父さん達だってハミ出しますよ 





でも仕事を覚えるはじめは、とことん反復はさせた方がいい。

その作業の「意味」がわかるまで、体に染みこませた方がいい。






そんな自戒の念にも似たアドバイスを職人さんにはしているんです。



みんな、頑張って 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします



関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/623-1de5bc1c