株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

リフォーム材料の選び方 ~タイルカーペット編~

ナヤム

お住いのリフォームを検討なさる時。

最後の仕上げとなる内装材のチョイスは、みなさん頭を悩ませます 


この選択は、せっかくのリフォーム・・・・・・・・・・

その出来栄えをも左右する重要な決断となりますので





ほほ~

その材料を選びますか。

いいですよ。





ただ~し!










ファイナル・・・・・・・・・・アンサー? 








長年、リフォーム会社の営業をやっていますと

こういった S心 たっぷりのやりとりは

もはやお客様との恒例行事ですね 



決していじめたい訳ではないんですが、こればかりはもう・・・・・・・・

どうしてもお客様に最終決断をいただかないといけませんから。



僕らとしても もちろんアドバイスはさせていただきます 




実際、今 とあるタワーマンションの1Fメインロビーをリフォームする話があり

床に用いるタイルカーペットのチョイスを絶賛アドバイス中です。 


今回、まずお客様が ご自分で選んだタイルカーペットを見せられて





創造社さん、このカーペットは・・・・・・・プロの目から見てどうですか? 




ってご相談があったんですが、

一言で言って・・・・・・・・・・




うん 













とってもダメです 









別にお客様のご希望をクラッシュしたい訳ではないですよ 

材料選びって、これはもうお客様の好みもありますし

廻りの巾木とのバランスであるとか、最低限のアドバイスはしますが

見た目の「色」や「柄」に関してはあんまり僕らも言う事ないというか・・・・・



僕らが言うのは

商品の「機能」とか「メンテナンス」っていう観点からみた場合です。






まず 

今回 お客様がお選びになったタイルカーペット・・・・





土足用でありません 



内装材。

特に床材は土足用を「重歩行」、そうでないものが「軽歩行」。

その中間くらいの強度をもつものを「中歩行」といい、

カタログには必ず記載があるものなんです。

今回の材料は「中歩行」ではあったんですが、商業施設のロビーともなれば

不特定数多数の何十人という人間が毎日 土足で通行をする場所。

できれば重歩行に対応したタイルカーペットを選んでおきたいところです。



↑ この不特定多数の通行という点に関していえば、もう1点。

こういった場所であれば当然、定期的に清掃会社さんによる

クリーニングが行われるはずですから。

欲をいえば、

洗剤や薬品洗浄による「色落ち」に強いものが好ましいですよね。

タイルカーペットには大別して「原着パイル」とそうでないものがあり、

「原着」

すなわちカーペットの毛足の材料そのものに染色が施されているものと

後から色をつけたものがあるんです。

前者は当然、色落ちがしづらく その中でもナイロン製のものが最強です 




あとは今回お選びになった材料は基本的に「流し貼り」に適した材料。

タイルカーペットの貼り方には何種類かありますが、ポピュラーなのは

この流し貼り

タイルカーペット1

タイルカーペットのストライプが一定方向になっているのがわかると思います。




もしくは市松貼り

タイルカーペット

これはタイルカーペット1枚、1枚を縦、横と向きを変えて貼っていく

やり方でストライプの流れが交互になっているのがわかるでしょうか?



流し貼りであれば全体の模様が一定方向となり「1枚もの」のように

見える良さがあるのですが、

逆にいうと数年後にとコーヒーをこぼしたカーペットの

「1枚だけ」を交換することが難しくなるんです。

新品と数年たったカーペットでは、やっぱり同じ商品を買ってきても

色合いが変わってきます。

全体が同じ流れのカーペットの「1枚だけ」の色合いが変わると

ちょっと見た目にもよろしくない。

これが市松貼りのように隣り合ったカーペット同士の目がちがうものであれば

それほど「1枚」の色合いが変わっていても気にならないものなんです。


商業施設のメインロビーともなれば、経年劣化やご通行の方が

飲み物をごぼすなどのアクシデントは当然あるでしょうし、

後のメンテナンスを考えるならば、ここは市松貼りに適した材料を

お選びになったほうが無難ではあります。





と、お客様の選んだカーペットをコテンパンに否定した結果・・・・・・・





重歩行用で原着ナイロン製。

市松貼りでも見た目の高級感ある材料に決定をいたしました 



何かこう書くと、僕らが鬼のように見えちゃうかもしれませんが

そうじゃないんですよ 






本当ならメンテナンスなんてアドバイスしない方が、

またすぐにカーペットがダメになって仕事もらえるんですから 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/614-9022020a