株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

美味しく食べて !(^^)!

ホネ

以前に聞いた話なのですが、

株の仕手を生業とする人たちには



「頭と尻尾に手を出すな。 一番おいしい身だけを食え」



と、いう格言があるそうです。




株価が上がったところで売り抜けられればヨシ 



下がった状態で売ってしまえば損をする 



ある種、至極単純な仕組みともいえる仕手業界ですが、

株価がマックスに上がった状態を魚の頭。

下がり切った状態を魚の尻尾。





欲をかいてまだまだ株価が上昇するまで売らない、などと思えば

売り抜けるチャンスを逸するかもしれず、株価が下がり始めたのなら

ここで売っては損をする・・・・・・・などと思わず尻尾を食わされる前に

未練なく売ってしまえ。


魚と一緒で頭や尻尾にはうまみはないぞ、と例えた

非常にいい得て妙な格言であると思います 



ふむ。






考えてみると人生って、みんなそうかも知れません。

魚の頭って言い方でなくとも、そんな言葉ってたくさんありますよね。






物事はほどほどがよい 









二兎を追う者は一兎をも得ず 
















結婚するなら2番目に好きな人 




細かいイントネーションはちがうかもしれませんが、

概ね同じ教訓が含まれているのではないかと思います。






僕らリフォーム業界の仕事にも共通するものがありますね。




どんな啓蒙サイトにも、

リフォーム業者に騙されないためには

3~5社から相見積もりをとるべし、とるべし 



ってありますが、

僕らの経験上 5社中、一番安い業者さんってロクなもんじゃないと思います 


いや、そういう事が多いですって意味ですよ 


創造社は何も業界最安値を謳っちゃいませんが、

まあ恥ずかしくないお値段は提供させてもらっているつもりです。


そんな僕らですが、時々 相見積もりで張り合った業者さんが

僕らよりはるかに安い御見積もりをだしてるとお客様から聞く事があります。


僕らは駆け引きなしで御見積もりをだしていますので、

それが創造社として精一杯のお値段なんです。

極端な値引きをする事は 

その事自体、初めからいい加減な見積もりをしている証拠と思いますし

なら今回は辞退します・・・・・・・ってな事もあります。



時には その安い業者さんの御見積書を見せてもらっちゃったりもしますが、

一言でいうと・・・・・・・・









うまい 







です 




僕らから見ると

一般のお客様にはわからない部分の手を抜こうとしているのが

よくわかるんです。

壁紙ひとつとっても僕らでしたら使う壁紙のメーカー名や定価。

実際の㎡数はこうですが、材料のロス分としてこれだけは計上させてください。

てな書き方をします。

下地の処理にはこういう方法を予定しています、っていうのもお伝えをします。




これがいい加減な業者さんだと、その辺の記載が全くないんです。


だから、どんな安物の壁紙を使ったって契約違反にはなりませんし

施工面積と材料面積を区分けして書いていないので、お客様に

不当な㎡数を負担させているという事にもなります。

下地処理一式という書き方な以上、

どんな処理をされたって文句は言えないっていう事になるんです。


もっと言ってしまえば、丁寧に見積もりをするためには時間も手間も

やっぱりそれだけかかるんです。

いい加減な見積もり、いい加減な工事をやっていいというほど

金額は安くなる、って事なんです。








もっとも全てが全てそうとは言えません 








創造社が一番安いって事も多々ありますので 



だから・・・・・・

創造社の値段って多分、スタンダードなんです。

極端に安くもなければ、決して高い事もない 

5社中で2位とかとかですかね。

ライバルがスタンダード以上のお値段だすところばかりだったら別ですけど。





No,1ではないんです。





でも・・・・・・




一番美味しいのは身の部分なんです 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします

関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/611-f7dec625