株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

現場監督の定義とは

ゲンバカントク

私こと矢野 

普段の仕事で営業の真似事くらいはしますが、メインといえば・・・・




やはり現場監督さんです 




「監督」というと映画監督、野球の監督と世に数多いですが

考えてみると建設業界の「監督」というのは・・・・・





不思議な存在です 





どの業界の監督ともちがうというか・・・・



う~む







まず第一に 










ゲンバカントク1

腕組んでデ~ンと構えていていい身分ではありません 




お客様、職人さん......

もう上下左右からのクレームや要望の間に入って、疾走するのが宿命です。

ある意味、一番下っ端みたいなもんですよ 



何歳になっても、お茶買いに行かされますし





はっはっは 








大体、いわゆる建築業法にも「現場監督」っていう業種は存在しないんです。

似た言葉で「世話役」っていういい方はあるんです。




「その作業に関し、相当の技術を有し 全体を主体的、指揮的に作業をおこなう者」



近いですけどね・・・・・・・




でも、どっちかというと「職人さんグループ」のリーダーっていう位置づけで

「職長」さんに近い感じです。



まあ施工管理技士とか、それに当たるのかもしれません。

1級、2級とある国家資格ではあるんですけど・・・・





クレーム処理とか、とにかく現場を無事に収めるノウハウ等などは教わりませんしねえ・・






結局、経験則でしか成長できない職種なんだと思います。

怒られて・・・・・







叩かれて 






Mの快感に目覚める位でないと、現場監督は務まりません 



これから、建設業界に就職が決まった・・・・・・新入社員諸君 










まず一通り経験を積むまでは、頑張ろう 




辞めちゃだめよ 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/583-2d8d5b18