株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

建築・修繕費が倍になる

ケンセツチュウ

4月になり、期も新たになりました・・・・・

桜がきれいですね 

はっはっはっはっは。







ところで、

そんなのどかな季節の創造社はというと.........








忙しいです 



増税の駆け込みは一段落って感じですが、その為にお待たせをしてしまっていた

お仕事にこれからとりかかり、まだしばらく業界の活況は続きそうな気配があります。




東北復興の本格化、アベノミクスによる公共工事投資、リフォーム市場への予算注入。

2020年の東京オリンピック・・・・・

先日には噂のマッカサ―道路も一部開通し

虎ノ門ヒルズなる新たな大型施設が近隣にオープンする予定のようです。


予測はしていましたが、今の時期どの職種の業者さんも忙しいため

スケジュールの確保が難しく、また比例して原材料の高騰も今後いちじるしくなると

いわれています。


実際、一部ゼネコンさんなどでは、この好況に乗じ「安値での受注禁止」という

社命が社員に徹底されているともいい、末端の職人さんレベルにおいても

高い手間賃をださねば確保が難しいという状況が生まれつつあります。

もうこうなると職人さんの奪い合いですね・・・・・





その昔、自分もまだ仕事をしていない頃であったバブル期。

現在の倍の手間賃をだしても職人さんの確保が難しかった時代があるといいます。

うちの社長なんかは経験者なんですが・・・・

景気が悪い時代から手のひらを返すように買い手市場から売り手市場への

転換がおきた異常な時代であったと聞いています。


創造社に関して言えば、公共工事というものはあまりメインではありませんし

協力業者である職人のみんなもゼネコンさんの仕事はやらない人ばかりです。

長年の信頼関係もありますからね・・・・・




賃金つり上げの殴り込みも今のところありません 



ある意味、創造社は一定を貫いているというか・・・・・

うちの社長のポリシーでもあるんですが

バブル期であろうと不景気であろうと職人さんへの手間賃を

コロコロ変えた事はないそうです。


バブル期にそれで離れていった職人さんもいらっしゃったようですが、

景気が悪くなった時には利益を削ってでも最低賃金のラインを確保し、

支払いを滞らせる事もない。

長年のこうした姿勢を現在、創造社に協力してくれている職人さんは

みな感謝してくれています。




原材料の高騰、労働力の不足、需要の拡大・・・・



今後いかなる激動の中に創造社があろうとも、基本姿勢は変わりません 


今後、大手の建設会社さんは軒並み、人手不足が深刻化するようですし

リフォームのや修繕のお値段もどんどん高くなっていき

一部では2倍の時代もくるなどといわれています。



こんな時こそ僕らのような・・・・・地域密着の業者が頑張らねばならない時代に

なるのではと思います。







頑張ります 









アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチっと応援よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/575-e741a278