株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

得て失うモノ

テンビン

自分が社会人として働き始めた頃・・・

もっと言えばそれ以前を考えるとコミュニケーションという意味において、

昔はずいぶん現在とちがったのだろうなあ、って思います。





現在のように携帯電話もメールもファックスもない頃。

うちの社長なんかはその時代を知ってもいる世代ですが・・・・

今の基準で考えるとよく仕事できたなあ、って思いますね 


携帯なかったら現場に出ちゃってる時、どうやって連絡とるの?

ファックスで図面送れなきゃ打ち合わせは絶対に会ってやらなきゃいけません。

ネットがない?

じゃ、調べたくてもメーカーにカタログを郵送してもらう以外ありませんし、

とにかくメールもないんじゃ文面での確認というものができません。

よくそれで仕事できたなあ・・・・って今の基準からは思いますよね。






でも・・・・・・・

何とかなったんですよ、仕事って 







携帯がなければ定期的に事務所に連絡する癖がついていたようですし、

図面がなくても、やっぱりその世代の人って口頭での伝達能力に長けてますね。

お互いがピピ~ンと感じあえるというか・・・。


調べ物ひとつにしてもカタログを見るまでもなく、

みんなが知識豊富でもあったし、文面の確認なくとも、

そこは信頼関係で結ばれていたっていう面もあったと思います。



「便利」や「確実」っていうキーワードからすれば未発達な時代・・・・

そんな言い方もできるでしょうけど、

その分 お互い仕事上のコミュニケーション能力っていうものは

一人一人優れていたのだと思います。


そんな能力に変わって、現在では様々なコミュニケーションツールがあります。


携帯電話、インターネット、メール、ファックスもそうですし、MIXYやフェイスブック。

このブログだってその一つですし、最近ではLINEだって普及しつつあります。


もっと言えば、回転ずしのこれ程の普及。

伝統にとらわれない新しいネタの発想であったり、

品質管理の徹底という側面もあるのでしょうが、やっぱり従来のように

寿司職人さんとのコミュニケーションを要さないその手軽さが

普及に大きく影響していると思います。



洋服店などに行っても最近では 

「こちらからはお声をかけませんので、御用の際は店員に申しつけください」

なんて張り紙がある店も多いですよね。



AmazonやTSUTAYAなどもその典型で、

一切 人とのコミュニケーションを要さずに商品の入手が可能なシステムが確立され、

またこれ程の支持をうけています。



その昔・・・・って言ってもつい30年も前には全く考えられなかった

コミュニケーションというものの変化。

どんどんそれは不要なものとして無くなっていくものなのか・・・・



自分は「消滅」ではなく「淘汰」であると思っていますし、

いずれは「回帰」もおこっていくと思います。


人間が2人以上いればコミュニケーションは絶対に必要なもの。

過剰がすぎれば「淘汰」され、必要なものだけが残っていく・・・

淘汰が一定になされた時は逆にまた本来の意義へと「回帰」し、改めてその大切さが

見直されるのではないかと思っています。

言いかえればコミュニケーションが大切だからこそ、

これ程のツールが発達し、また支持をうけているのだと思います。



コミュニケーションツール全盛の現在の次にくる時代・・・・

これからの企業に問われるのは

そんな先を見据えた経営姿勢が大切なのでは、と 




生意気にそう思っています 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国のリフォーム業者さん参加のランキングページに移動します。

よければポチっと応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/520-9b430d14