株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

下請けさんの現実 その2

zu.png

僕ら建築業界の構造として、問題視される事。 

それは ↑ のような複雑な発注形態がまかり通っている事があります。


単純であるべきはずの・・・・・・



リフォームをしたいお客様 → 実際に作業をする職人さん。



本来、それだけでいいはずの発注形態に、

冗談ではなくこれだけの中間業者がはいり

そのマージン分の費用がお客様のご負担になっている事も珍しい事ではありません。



先日もインタビュー形式で、塗装職人さんの厳しい現状を訴える記事を書きました。

その文中にもあったように、チャートの右はじにあるような5重の塔状態はザラですし

ここに「設計事務所」さんなどがはいった日には、そりゃもう・・・・・



それぞれが仮に10%程度のマージンをとったとすれば

お客様にとっては単純に費用60%増しという計算になるんです 

100万円で可能な工事が160万・・・・

ちょっとびっくりな数字ではないでしょうか。




もちろん中間の業者それぞれが全く存在意義のないものとは思いません。

実際、ぼくら創造社も・・・・・チャートでいえば左から2番目になりますが

お客様と職人さんの間にはいる事はあります。



意匠的に凝ったリフォームをお考えの時は「デザイン会社」も必要ですし

数千万という大規模な工事の時は、大手業者をはさむ事で「安心」という心理が

働く事もわかります。



言いたいのは・・・・・


適材適所をよく見極めるということでしょうか 


本来、仕事は直接 職人さんに頼むのが1番なんです。

どんな営業マンや設計の人間よりも「現場」の事をわかっている人たちです.

その経験則は机上の理論や、マニュアルなんかよりはるかに実戦的なものです。


でも、職人さん達はえてして「営業」が不慣れであって

なかなかツテでもない限り、連絡を取る事も難しいと思います。

自社のホームページなんて興味ない、という強者ぞろいですからね 



自分の作業分野に集中するのが生業の人たちですから、諸々の手続きであったり

緻密な費用の計算。

自分以外の他の職人さんをまとめる全体的な段取りというのも不得手です 


これは、その職人さんに管理能力がない、とかいう話じゃないんです。

職人さんはあくまでも「作業」に専念してもらった方が、結果的に効率もいいんです。

「作業」が他の職人さんのスケジュールを気にしながらであったり、

費用にとらわれすぎとなってしまったり・・・・

そこにお客様とのコミュニケーションを図りながら、となると作業自体の効率が悪く

全体の工程にも影響がでてしまいかねません。



だからこそ僕らのような業者が存在するのもあります。



お客様 → 職人さん。


再三になりますが、本来は単純でいいはずの形態をあらためて肝に銘じた時・・・

創造社として何をしなければいけないのかが、明確になってきますよね。



まあ・・・・



僕らも半分は職人会社ですからね。

zu.png



↑ チャートでいくと左から1・5番目くらいなんで そういう職人さんの気持ちが

よ~くわかるんです 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックで全国リフォーム業者参加のランキングページに移動します

よければポチっと応援よろしくお願いします。










関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/507-0d373ac1