株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

透視する力?

コウゾウ

考えてみれば不思議なこと 


例えば、お住まいの天井からポタ、ポタと水が垂れてきた・・

いわゆる漏水修理の下見に僕らが伺ったとして、

その水が漏れた部分の天井をみれば・・・・・大概すぐに原因はわかります。



それは極端な話、天井裏を覗かないでも・・・・・・・・・です 

お客様からすれば不思議っちゃ、不思議かも知れませんね。

矢野さんって・・・・








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トウシ

ちがう、ちがう 






一言で言うなら「理詰め」・・・・というか「段階的な」推測でしょうか。







それがマンションであれ、一戸建てのお住まいであれ、天井から水が漏れた 


マンションだったらまず上の階からの漏水という事が考えられます。

水場・・・・・キッチンやバスルームは原則、上階と同じ位置にあるはずですので

水漏れしたのが下階のキッチンやバスの天井であれば、上階で水を派手にこぼしたか・・・

上階のキッチン、バス配水管からの水漏れといういう線が濃厚です。





そうじゃなかった・・・・





それがベランダ寄りの部屋であった、外壁沿いの端の部屋であるのならば

外部の雨水の侵入という線が考えられます。





配水管の漏れでもなく、外部からの雨水でもない・・・・





次に考えられるのは、例えば空調配管や給水管の「結露」です。

真夏などで天井裏の温度が上がっている状態で、天井裏にある配管自体が冷えると

温度差で水滴が生じます。

防止するために配管には保温材が巻いてあるのですが、その保温材の劣化によって

「結露」が生じているという事が考えられますね。


挙げればキリがないのですが・・・・・・・・



天井に染みだした水は透明であるのか?





錆をふくんだ赤っぽい水であるのか?






いや、汚れをふくんだ黒っぽい水ですか?





いつから漏れ出しのか?





漏れている量は?






そのいずれかによっても、結論への推測はせばまっていきますし

そんな脳内作業の中で原因の追及をしていっている、というのが正解です。

目から変なビームだしてる訳じゃありません 





こうした段階的な推測って、何も漏水に限らず何の工事でも同じです。



先日も以前に工事した店舗から、天井の照明がつかなくなったと連絡があったんです。

こんなヤツ。

ショップライン

レールに何個かのスポットライトをいれる いわゆるショップラインです。


お電話でお聞きしたのは以下のこと。


1、ブレーカーは落ちていますか?



2、球切れではありませんか?



3、つかないのはそのレールだけですか? → そのレール一本だけ。



3、そのレールについてる全てのスポットライトがつかないですか? → その通り。




3、いつからですか? → 朝はついていたのに、昼から急に・・・・ですね。




わかりました 



電気の仕組みなんて、そういう意味では単純です。


配電盤から電線で電気を天井までひっぱり、スイッチを経由して照明器具に

電気を送る・・・・・それだけです。

今回の場合はレールに電気がおくられていて、そのレールにはめこまれた

スポットに電気を分けているという理屈。



配電盤の異常や漏電などであればブレーカーが落ちるはず。

そうでないなら電流は供給されている理屈です。

→ ブレーカーは落ちていないと聞いています。



さらに異常がそのレール全部のスポットライトに・・・

せ~の、で同時に一斉におこるとも思えません。

イコール スポットライトの異常という事は考えづらい。


残るはレールか・・・・・といっても誰もさわる訳でもないレールの

ましてその一本だけ急に異常がおきるとは思えません。




ならもう・・・・・・はい 


残るはスイッチの異常という線です。


ショップラインは基本、照度を調整できる調光スイッチを用います。

店舗ですし、毎日のように調整のつまみをまわしていた事を考えれば

劣化というか、スイッチに何等の異常がおこり電気をそこで止めてしまっている。




という訳で、新品のスイッチを用意して伺い・・・・・見事的中!

作業時間5分にて完了しました 




経験則もありますけど、この「推理力」

リフォーム業者にとっては必須のアビリティなのです 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ ↑ クリックで全国リフォーム業者参加のランキングページに移動します。

よければポチっと応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/501-4a7087e1