株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

よくあるご質問 内装材の「ロット違い」

サンレン8

写真はクロスの張り替え工事の様子です。

天井の張り替えにはよくある風景・・・・・・イナバウアーです 

それはどうでもいいんですが・・・



「よくあるご質問」シリーズの今回は「ロット違いについて」



クロスに限らず 例えばカーペットや塩ビシートも同様なのですが

いわゆる内装材には「ロット違い」というものがあります。 


過去、このブログでも何度かご紹介もしましたが、この「ロット違い」・・・・

一般のお客様にはあまり知られていない問題で、よくご質問をいただきます。



と、いうより新規で内装のお仕事をさせていただくお客様に対しては、

必ずと言っていい程に この説明をしているような気がします 




改めてなのですが・・・・




クロスやカーペットには当たり前ですが、品番というモノがあります。

ロット3

メーカーさんによって頭のアルファベットは変わってきますが、

概ねこのような数字でカタログには表示されています。



単純に考えれば同じ品番のクロスは色も柄も一緒で当たり前。




ちがうはずがない。 

誰だってそう思いますよね。 





うん、うん。













ちがうんです 




例えばこの写真

ロット1

この壁は全て同じ品番のクロスを貼っています。

でも・・・・・・建具枠の角から 左と右で色が違うのがわかりますでしょうか?

これが「ロット違い」なんです。




これまた当たり前なんですが、クロスはこんな感じの・・・・

ロット2

工場でギッタンバッタンと作られます。

一日に作られる量にはもちろん限りがありますし、例えば11月1日出荷分のクロスには

製造ロット1101という番号がつくんです。




これはロット番号としてクロスの梱包紙にも記載されています。

ロット4

この写真の場合は8230ですね。



一回の出荷ごとにこのロット番号は連番で変わっていくのですが、

同じ品番でもこのロット番号がちがうと、厳密には色が色が変わってしまうんです。

同じ種類で、同じ量の染料は用いるのでしょうが、完璧に同じ色を再現するのが

製造過程において難しく、これが「ロット違い」jと呼ばれる現象です。



実際のリフォームで影響するのは、例えば穴のあいてしまった壁。

最小限でいいから、穴の廻り部分だけを同じクロスで張り替えるという時には

モロにこの「ロット違い」による色違いがでてしまいます。

本当にこのやりとり よくあるんです・・・・・










穴の周りだけでいいから、貼り替えて  





できません 





何でよ 





っていうパターンですね 


さすがに怒るお客様はいらっしゃいませんけど、

その都度このロット違いの説明をさせてもらっています。



賃貸マンションなどを退去する場合の手直し・・・・・

いわゆる原状回復工事でも汚した部分のみの張り替えではキレイにしたとはいえず、

4方全部とはいわないけど、せめて汚したその壁の端から端の1面(入隅部まで)は

借主の負担とすべしという東京都のガイドラインもあるんです。



同じ品番なのに何で部分張り替えできないの?




と、いうお客様の疑問 至極もっともではあるのですが・・・・

決してイジワルで言ってるわけじゃないんです 


にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

アクセスありがとうございます

↑ ↑ よければポチっと応援よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/473-f3ecde2a