株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区南麻布 カーペット工事 仕上げ編

カーペット12

さて、前回で古いカーペットのハガしは完了しましたので

材料の搬入ですね。


こちらのマンションは大型のエレベーター(10人乗り)があり、

その点は助かるのですが・・・・・

カーペット13

これもんの長さ6mのカーペットですので、搬入は3人がかりです。

運ぶ事自体は2人でいけるんですけどね・・・・・・わかります?





はい 




エレベーターのボタンを押す人間が1人必要なんです 


大型エレベーターといえど、6mのカーペットはまともには入りませんので

まずカーペット両端を2人がそれぞれ持ちます。


ボタンを押してエレベーターを待ち・・・・・・・・・よし!





行け 





カーペットの片方、先端をもった人間が・・・・・・・エレベーターに突入 

先端を思いっきり持ち上げた状態で、もう一人がカーペット中央に体重をかけて

折り曲げます。

画的には大蛇をねじふせている状態を思い浮かべてください 



十分に折り曲げたところで、エレベーターに積み込みます。

この間およそ・・・・・30秒 




いいタイムなんですが、普通に扉に挟まれます 



と、いう訳でボタンを押す人間こみの3人がかりなんですが、

人数集めなきゃいけないので大変です。


ちなみに・・・・・

一番楽チンなボタン押し隊長は私です。 

冗談混じりですが、お客様が通りがかることもあるし、上階でエレベーターをお待ちの

お客様がいらっしゃる事もありますので・・・・・

そういう意味でこういう大物の搬入の時は、周囲に気を配る人間も必要なんです。





さて、搬入をひっぱりすぎたので 急ぎましょう。

カーペット14

まずはフェルトの敷き込み。



フェルト自体は柔らかいものですが、逆に柔らかすぎてカッタ―ではやりづらく

カーペット15

お裁縫などで使う「断ちバサミ」で余った分のカットをおこないます。





フェルトを敷き込み・・・・・・・・・・・む? 




古いフェルトの残りカスを発見。

カーペット16

危ない、危ない・・・・・






続いてカーペット本体の敷き込み

カーペット17




これだけの広さのお部屋ですとカーペット1枚では足りず

カーペット2

2枚のカーペットをつなげて仕上げます。

カーペット同士のジョイントには熱アイロンで圧着する「ヒートテープ」を用いています。



今回は糊をもちいた いわゆるベタ貼りではなくグリッパー工法

カーペット18

部屋の床の4方ぐるりにトゲトゲの釘がでた木材「グリッパー」を打ちこみます




上から十分におさえて、グリッパーにカーペットをひっかけ・・・・

カーペット19





しわの寄ったカーペットをピ~ンと貼り伸ばしていきます。

この時に用いる道具が通称「二―キッカー」。

まんま膝蹴りですね 

カーペット20

わかりづらいですが、先端にはトゲトゲの針がでておりベタっと床に置いて

カーペットにひっかけます。



その後

カーペット23

お部屋の端から順に、お尻のクッション部分に膝で蹴りをいれて貼り伸ばします。

手で引っ張るなどではラチがあきませんので、手の3倍といわれる足のパワーを利用した

荒技ですね。



弱く蹴ればしわが伸びませんし、蹴りが強すぎると・・・・カーペット破れます 

見てると簡単そうなんですけど意外と難しいんですよ。 




一回目の「蹴り」が終わったところ

カーペット24

まだ、しわが寄っていますので蹴りアゲインですね。




この後、蹴り続け、端のカット。

切り落とした端材の搬出と続きましたが、夕方には無事完了しました。


やっぱりカーペットはなんというか、材料が大きいので搬入も施工も

現場での取り回しが大変です。





でも・・・・・・・ま。





その分、達成感も大きいですかね。 



にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

アクセスありがとうございます。

↑ よければポチっと応援よろしくお願いします。
 
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/471-541a9d09