FC2ブログ

株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 PC表示最上段のメールフォーム「無料相談」から どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

強くなるという事

カラテ

強くありたい・・・・・・・まあ、男の子であれば一度は思う事だと思います。

自分も学生時代、そんな思いから空手を習っていた時期があります。


空手というのは柔道や合気道と違い、もっと直接的というか・・・・

相手を殴り、蹴るという いわば暴力的な色合いの濃い競技であると思います。

もし暴力というワードだけから考えるのであれば、素行不良というイメージにも

つながるかも知れませんが、それは自分が格闘技を経験してみて大きな勘違いと

わかりました。


はじめて空手の試合に出場した時・・・・・大袈裟ではなく本当に「殺される」という程の

恐怖感を抱いたのを覚えています。

相手に殴られ、頭を蹴られて意識を失ってから目覚めたとき・・・・・男泣きに泣きました・・。

情けなく、悔しくて・・・・恐怖感の中でしか動けなかった自分を悔いての涙であったのだと

思います。


そんな時に空手の先生から言われた言葉はいまでも自分の中で大切に思っています。


恐怖を抱くのは誰でもあること。

強くなりなさい・・・・・

今回の教訓を活かし、規則正しい生活習慣と正しい食生活を心掛けて肉体を強くしなさい。

先輩からの指導をありがたいと思える謙虚な心をもちなさい。

そして稽古を一生懸命に頑張りなさい・・・・・・とおっしゃってくれました。



暴力・・・・喧嘩につよくなるために真面目に生きるという一見相反する真理を

教えていただいた時、はっとしたのを覚えています。



あれからもうずいぶんと時間がたち、空手の先生も昨年お亡くなりになりました。

先生がおっしゃっていたもう一つの言葉。

強くなる為に・・・・



「頭は低く目は高く、口謹んで心広く。孝を原点として他を益す。」



人生訓として今でも心がけています。





アクセスありがとうございます

よければポチっと応援よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/363-d748a528