FC2ブログ

株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

創造社・・・・名無しの権兵衛です

社名

名無しの権兵衛・・・・・・・

思わずWIKIってしまいましたが、由来はいくつかあるようです。




まずは深川説 

江戸時代、深川の門前仲町は歓楽街であったが、
幕府公認ではなかったがゆえに、正式には遊女を雇い入れることができなかった。
そこで、遊女に男性の名前を騙らせることで、幕府の目を逃れるという手段を使う事があり
その男性風の名前を権兵衛名と呼んだ。
しかし、雇い入れられたばかりの女にはまだ権兵衛名がついていないことも多かったため
その女を名無しの権兵衛と呼んだことが由来である、という説。



なるほど 

偽名っちゅーか、身分を詐称する手段だったって意味なんでしょうが

それで摘発を免れられたっていうのがスゴイですね 

当時は戸籍とか身分の証明が曖昧だったんでしょうね・・・・・




つづきましては日枝神社説 

東京都赤坂にある日枝神社にまつわる手鞠歌の中に、
名主の権兵衛と歌う箇所があり、それが伝わるうちに名無しの権兵衛になった、という説




ふむ 

これはまた、なんというかシンプルな説ですね。

その手毬歌の一節に

「山王のお猿さん赤いオベベが大好きで……名主の権兵衛さんが……」

とあるらしく、子供らが歌ううちに「なぬし」が「ななし」に訛っていったのでは・・・・・

という説らしいです。



あとは当時、一般的な姓名に「権兵衛」という名前が非常に多かったらしく

名前がついていないものに対して揶揄する意味もこめて



その名前・・・・・・・・

面倒くさいから もう権兵衛でよくね?
 



と、何とも投げやりな説もあるようですね 











長々と名無しの権兵衛に紙面を費やしましたが、

何が言いたいかといいますと・・・・・

社名2

皆さんも よく街でこうした社名を表示しているトラックとかを見かけると思いますが




わが創造社のトラック 


ボディーには社名も な~んにも書いてありません 



なぜか?

って語れるほど 大した理由もないんですけどね・・・・



一つには 今と違って以前はけっこう下請け仕事が多かったのがあります。

気を使いすぎかも知れませんが、

お客様にとっては 元請けたる○○建設さんに仕事を頼んだのであって、

僕ら下請の創造社とは まあ言ってみれば面識もないというか・・・・・

けっこう現場に顔もださない元請けさんもいましたからね 


現場でお客様と2ショットっていう場面に あんまりトラックに創造社って

書いてあるのも なんか・・・・・・ね。

お客様にとっては下請け任せっていう印象を持つでしょうし、

元請けさんだって何もそう思われたいわけではないでしょうし・・・・・


勝手な僕らの忖度なのかも知れませんが、

うちの社長の昔っからのポリシーで そんな事はよく聞かされていました。




あとは・・・・・・まあ、目立つのが嫌いっていうのもあります 

未だに宣伝らしい宣伝なんて いいとこ このブログ位な創造社です。

ビラだ、チラシだ、ネット広告だ、って一回もやった事がありません。


これも なんで? って聞かれると困っちゃうんですけど

うちの社長のポリシーが



宣伝ばかりするような会社?

そんなのは仕事をガツガツ欲しがっているようで・・・・・・・





粋じゃねーだろ、べらんめい 
 






はあ・・・・・・・

嘘のようで本当の話です 




仕事はやらせてもらう訳でも、やってやってる訳でもない。

対価に見合う技能を提供するのが当然で、

お客様とあくまで立場は・・・・・・・・五分五分なのだ  






言ってることはわからんでもないですけどね・・・・



SNSでの拡散が全盛のご時世に 

こんな事でいいんですかね、僕ら 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。


関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/1370-772ab6dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。