株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

アメリカ製の部材など

輸入

僕らがリフォームに使う材料や・・・・・・・部品とかも。


製造工場が海外、っていうものもありますが、

基本的には国内のメーカーさんが自社の製品として売っている

メイドインジャパンのものが ほとんどです 



しかしまあ、お家を建てて、それをリフォームなり修繕するっていう仕事。

これは世界中どこに行ってもある訳ですから、

当然 世界各国にはそれぞれオリジナルっていうか 

各国で特色あるリフォーム製品が存在するわけです。



僕らも稀に海外のお土産とか、そういった輸入雑貨を扱うようなお店で

海外製のリフォーム製品を目にすることがあるんですが





・・・・・・・・・・・・・・・・・・非常に面白いです 






っていうか




へえ~・・・・・・・ って感じかなあ。



理屈はわかるけど・・・・・・・・なるほどねえ・・・・・・・・

これは日本では売られない、っていうかない発想だなあ・・・・的な商品。




そんなのが多くて面白いんです。




代表的なのは

輸入2

個性的な柄が多いのが特徴 いわゆる「輸入壁紙」ってやつですね。


国産の壁紙は幅90Cmのロールが基本なんですが、

この輸入壁紙は50cm前後が多いんです。

日本では まだまだ壁紙を自分で貼ろうって方は少ないですけど

海外、アメリカなんかだとDIYは普通の事ですからね。

一般のお客様でも扱いやすい短めの幅で売られているっていう訳です。


なので逆に この輸入物をプロに貼ってもらうっていうのも面倒くさくてですね・・・・・

糊付けの機械は幅90対応ですから、これ機械に入らないんですよ 


さすがにプロの場合、各家庭でやるDIYのようにノンビリとはやってられないんですが

機械が使えぬ以上 手付けで糊をつけていかねばならず

非常に時間がかかります。



柄も個性的で合わせづらいですし、それにあまりその辺にはこだわらないのか

えてして耐久性に難がありまして・・・・・・よく貼ってるそばから破れるんですよ 

シワもでやすいですし、まあ あまり日本のお客様のように細かい仕上がりっていうのは

気にされないお国柄もあるんだと思います。





リフォームっていうと世界各国どこでも水回りが多いですが、

その中でもキッチンとバスルームは双璧ですよね。


この2つって けっこうお国柄がでやすい生活エリアなんです。



バスタブにお湯を溜める習慣自体が そもそもない国も多いですし、

フランスなどは特にお風呂ギライなんて言われますしね。

余談として、フランスで香水文化が発達したのはそのせい、なんていう説もあるとか・・・

本当かどうか知りませんが 



ペルーなどはシャワー中心らしいですけど、火山が多いせいか

温泉文化は日本にも負けず劣らず位のものがあるようです。

フィンランドではサウナ併設が一般的ですし、

リフォーム工事もそんなお国柄にてらして

最適なプラン、部材っていうのが存在するわけです。

こんな具合にリフォーム工事っていう視点からみる

世界各国の事情っていうのも本当に・・・・・・・



世田谷に一件 輸入雑貨のお店があって 

ちょっと海外のリフォーム製品を扱っているんですよ。

よくブラブラ店内をまわるんですけど







仕事を忘れて没頭する位に面白いですね 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/1346-5f24155d