株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

見積書の読み解き方 ~「経費」とは~

経費1

リフォーム工事をご検討されるお客様 


業者からでてきた御見積書の内容を きちんと理解をされているのか。

裏を返せば、


納得いくまで内容の説明をしてくれる業者であるのか。


まずこの点が、業者選定には基本中の基本になってくると思います 




僕らリフォーム業者が提出する見積書というのは

おおまかにいえば

1、材料代

2、人件費


そして


3、経費。



っていう3大要素から成り立っているのが、まず原則です。



それが塗装工事であれば、

どこのメーカーの何という材料を何缶使います、

定価はいくらで何パーセント引きで仕入れます。


これが材料費 




日中作業の通常人件費として、何人×何日を予定しています。



ざっくりですが、これが人件費です。




と、ここまでは まあ理解もスムーズかと思うんですが

ややこしいのが、「経費」ってやつの存在だと思います。




ややこしいというか、

このへんは もう建築業界のお家芸みたいなトコあるんですが

僕らでも聞いた事ないようなネーミングの経費が

年々生まれたりしますからね 





例えば・・・・・




「足場損料」。






これの意味ってわかります? 




僕も正確な理解はしていないんですが、よく聞くのが

要は脚立なり単管足場の上にのって作業をする事に対しての経費っていうか・・・・・

まあ危険手当的な意味もあるし、それだけの用意をする事に対しての経費ですかね。






似たノリのもので





「道具損料」




う~ん 

何といったらいいか、道具って・・・・・

それが例えばノコギリを使う作業であった場合って、当たり前なんですが

使った分だけ刃が減る、っていうか劣化するじゃないですか。

電動工具ならバッテリーの寿命が消耗しますよね。

その減った分は経費として請求させてね、って感じですか。




非常にせこいっちゃ、せこいです。 




でも、結局そこに尽きるんですよね・・・・・・




確かに刃は減る訳ですから、その分を請求するのは正当っちゃ正当ですし




いちいちそんなもんまで よく数えて請求するね、アンタ 




って言われればその通りですし・・・・・

結局は建築業界の「経費」って

請求するも、しないも 各々の業者さん次第なんですよ。





ちなみに

経費

こちら わが創造社の御見積書なんですが

経費はもう文字通りの「経費」っていう一文字で計上をしています。

大体、総額の5%位をお願いすることが多いです。




さすがに仕事をする上で、材料費と人件費のみでは

どこの会社さんも成り立たないでしょう。



御見積もりをするにも紙が必要ですし、

現場まで通うにはガソリン代なり電車代が必要です。

先ほど述べた「損料」っていう考え方も、事実無根な訳ではありませんし

材料を高層階まで持っていくのに「運搬入費」っていう経費をいただくのも

やむを得ない事でしょう。



ただ、そのへんを いちいちつらつらと挙げてもしょうがない、っちゅーか

その内容、絶対にお客さんは興味ないと思うんですよ 



それなら いさぎよく「経費」っていう一文字で

僕らの経験則として総額の5%はご負担いただいています

って明記した方が いいんじゃないかなあ、って・・・・。


もちろん「経費」って何なんですか?


ってご質問をいただいた時にはご説明をいたします。


でも、いちいち個別に挙げていくと、

どうしても総額としては高いものになっていきますし、

大体、「損料」に根拠もクソもありません 



んなもん、業者さんの胸先三寸みたいなところはありますし、

3千円っちゃ3千円でしょうし、1万と言えば1万でしょう。



そんな経費の一つ、一つを挙げて、

大した根拠も明示できないものであれば

一律何パーセントって方がかえって親切なんじゃないかなあ、って・・・・







僕らは思うんですけどね 











駄目ですかね 







アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。


関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/1311-b5dcceb6