株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

電動工具の防犯登録システム?

 建設業界では、職人が使用する高額なプロ工具の盗難が多発しており、
盗難品であることを知りながら買い取る業者がいることも大きな問題となっている。

 そこで同社では販売店で工具を購入する時に、
工具の所有者を登録・管理するシステムを構築した。
登録された工具には、見える防犯対策として登録シールを貼付する。
盗難などの被害に遭った場合、所有者を特定することにより転売を抑止する。





ほほ~・・・・




↑ 先日、リフォーム業界誌に掲載された記事です 

奇しくも先日、このブログでも

建築現場での盗難をテーマにした記事を書いていましたが

またタイムリーなタイミングでしたね・・・・・・


先日の記事はこちら



こちらの防犯登録システム。

要するに自転車なんかと同じシステムって事なんでしょうけど

どこまで浸透していきますかね・・・・



ただ、単にシールを貼ってある、ってだけじゃ

ぶっちゃけ剥がされちゃったら意味ないですし

自転車なんかは車体に刻印された製造番号で所有者の特定も可能ですが

電動工具もそこまでやるとなると

製造メーカーさんの協力も必要になってくるかも知れませんね。




確かにいちいち工具に名前を書いている訳じゃありませんし、

色や形なんて大体、決まりきっているんですよ、電動工具って。

よっぽどレアでマニアックなメーカー製とかなら、所有者もわかりますけど

現場で所有者不明の工具が落っこちていたら




「これ、誰の工具だ~?」



ってな会話 現場だと日常的にありますね 




あと難しいのは、電動工具ってそんなに長持ちしないんですよね・・・・・

プロとしての使い方で、日常的に使うものだったら




いいとこ・・・・・・

2年ってとこじゃないですかね。





ニューモデルも どんどん出ますし 高価な自転車だったら

大切に乗れば10年あるかも知れないですけど。



だから、どこかで電工工具って消耗品、っていうイメージもあります。

代表的なのが電動だけにバッテリーがへたるんですよ、2年位で。

バッテリーだけ新たに買えばいいんですけど

これが高いんですよ・・・・・



2万位の電動ドライバーのバッテリーを2つ買ったら一万円位になるんです。

型落ちで中古の2万にもう1万だすなら

いっそ2万5千円のニューモデル買った方がいい、っていう理屈ですよね。

これは本当にメーカーさんの陰謀か知りませんけど、

やめてほしいです 





自分なんかは本業の職人さんほど、使用頻度も高くないんで

一回買った電動工具って長持ちしてる方ですけど、それでも3年ですかね・・・




バッテリー安くしてくれたら、みんなもっと電動具に愛着もって

長年使い続けるでしょうし、結果 盗難も減るでしょう。



もし この記事をお読みの製造メーカーご担当者様いらっしゃいましたら

マジで社内会議で提案をよろしくお願いします 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。





関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/1285-8e8a6325