株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

カーペットは教育に良い?

日本カーペット工業組合(大阪府大阪市)では、
大学や研究機関と連携してカーペット業界基盤の強化に取り組んでいる。

 三重大学大学院医学系研究科および生物資源学研究科では
「室内床材種の違いが人に与える影響」をテーマに実験検証に取り組んだ。

「脳波計を使い、リラックスした状態で多く発生するα波の含有率を測定すると、
42人中32人がフローリングよりもカーペット上を歩いた時の方が
α波の含有率が多いという結果になりました」(田渕博専務理事)

 また全国の学習塾などを対象に行った「カーペットと学習環境」調査で
「カーペットが良質な学習環境の形成に影響するか?」の問いに、
回答数190人中約7割が「良い影響がある」と回答。

 「アメリカでも教室のインテリアデザインと学業成績の関係という調査で、
教師の約6割がカーペットは成績の向上に非常に強い影響
を与えていると答えています」(同氏)

 協会では、集めたデータを広めて
子供部屋や文教施設でのカーペット優位性を喚起していく。





ほほ~ 



↑ はリフォーム業界の専門誌に掲載された記事なんですが、面白いですね・・・



ただ経験上、多いのは どちらかというと 

むしろカーペット敷きのお部屋をフローリングに変える、っていう方ですけどね 


カーペットですとダニや埃などのハウスダストが発生しやすく

アトピーなどをお持ちの小さなお子様への影響から

フローリングへのリフォームを検討されるお客様が多いです。



↑ 記事によれば、教育によい=リラックス脳波の増大、っていう点に

着目しているようで、


確かにまあ・・・・・



われら畳世代からすれば冷たいフローリングより

ごろごろもふもふのカーペットの上の方が

リラックスするっていうのはわかる気がしますよね。




なんというか、無機質な感じより温かみがある、っていいますか・・・・




感覚として それは何となくわかってましたけど

脳波の測定っていうアプローチから


「室内床材種の違いが人に与える影響」


っていうテーマにで 僕らが普段扱う内装材の研究を深めていくっていうのは

非常に興味深い事であると思いました。



前述のようにハウスダストやシックハウスっていう観点からの

「健康」に関した研究はむしろポピュラーで

現在の内装材の主流もそちらであると思いますが

こうしてまた別のアプローチから、内装材のトレンドが喚起されていくのは

本当に興味深いです。


自分が聞いた事あるのでも

現在の住宅は住み心地を重視して、非常に気密性が高い設計になっているんです。

自然の風通りや外気との寒暖差があまりにも遮断されたこの環境が

そこで育つ子供に はたして本当にいい影響があるのか、っていうトピックがありました。



人生の大半を過ごすお住まいの環境に深く関わるのが 僕らリフォーム業者。


こういった記事はとっても興味深く、今後も注視していきたいと思います



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。






関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/1283-d60caee7