株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

比較材料としての「相見積」

比較

相見積 


いわずと知れた 同業他社さんとの御見積もり勝~負 

って意味合いですが

過去 何度もこのテーマをとりあげてきた通り

なかなか奥が深いというか、難しい面もございます 



とにかく 一つの仕事。

例えばそれが玄関扉一枚の塗装工事であったとしても

まずは競争2社に同じ条件で見積もってもらわねばしょうがないですよね。


油性の塗料を用いるのか、水性であるのか?



下地のハガレに関して第何種のケレンをおこなうのか?(概ね3種から1種あります)



錆止めの下処理は必要であるのか、ウレタン塗料を使うか、シリコンなのか・・・・・



平日日中に可能な工事であるのか?



夜間、休日工事となってしまうのか?




駐車場のご提供は可能であるのか?





たがが扉1枚を塗るっていう単純な工事でも

これだけの諸条件があり、金額にも影響があります。


それがまして、他社さんとの競争っていう事になった場合は

なおの事 その諸条件が完全に一致してこそ

公平な・・・・・・・いわば同じ土俵に立った勝負ができるという理屈です。



ただ、これが意外と難しいんですよね・・・・・・




先日も集合住宅の全棟にある非常階段の手すりをを塗装したいというご相談をいただき

既にご提出をしていたという他社さんの御見積内訳を見せていただいたんですが





え~と・・・・・・






使う塗料は・・・・・・・・書いてない 




じゃあ、錆止めをやるかは・・・・・・・・書いてない 




この業者さんと同じ条件で御見積もりを出してください、って言われたんですけど

作業部分に触れているのは



塗装工事    ¥○○○、○○○



で、あとは現場管理費だの、養生ひだの、会社経費だの

延々と経費項目のみが書いてあるんです 




そりゃあ、集合住宅での仕事なんですから

臭気を考えれば おそらく水性塗料をチョイスしている「はず」だとは思います。

それにこの下地の悪さでしたら、最低限3種のケレンをかけて錆止め→上塗×2回位は

常識的に考えている「はず」だとは思います。



でも、この他社さんの御見積もりからは それがまったくわからないんです 



こういう時 一番困るんですよね・・・・・



そりゃあ こちらが丁寧なやり方を考えれば考える程 当然 御見積もり金額は高くなりますよ。

それが一般的に「常識」」と呼ばれるやり方であったとしても

この他社さんがそこまでは考えていないのであれば

単純な金額勝負では僕らの負けとなるでしょう。




お客様にそのあたりを聞いたんですよ。

この他社さんの見積もりの内容の説明は受けているんですか? って。






・・・・・・・・・・・・・・・・・何にも聞いてない 






そうですか 





でも、こんな時も いい加減なやり方をして 後々のクレームとなって信用落とすくらいなら

例え金額が高くなろうとも、僕らは僕らの「常識」で工法を選択させてもらうしか

ありません。




それが結果的には一番いいと思っています





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。




関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/1238-d3b2e3cc