株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

多能工=マルチクラフター?

「職人不足が懸念される中、
国、民間企業ともに職人育成に乗り出し始めている。

国交省は複数の技能を持つ「多能工」を「
マルチクラフター(仮称)」として育成しようと議論を進めており、
成功企業の取り組みなどを今年度中に公開する考え。

民間では「学校」をつくるケースが出てきている。」






↑ リフォーム業界の専門紙よりの抜粋記事です。




ふ~む 




このブログでも過去に何度かとりあげていますが、

僕ら建設業界で作業に従事する職人さんには

いわゆる「多能工」と呼ばれる人たちがおります。



通常であればペンキを塗るのは 塗装職人さん 



クロス(壁紙)を貼るのはクロス職人さん、っていうように

本来、職人さんっていうのは各々の専門分野の その一つのみに特化しています。

職人気質・・・・・・なんて言葉もあるように

とことん頑固に一つのものにこだわり続ける、っていうあの感じですかね。



しかし中には、塗装も出来るけどクロスも貼れる。

電気工事の資格をもっているけど、大工さんとしての技能も優れている。

そうした自分の専門分野を2つ以上 

複数あわせもつ職人さんを「多能工」と呼ぶんです。




あんまりいないんですけど・・・・・・



うちの兄貴なんかは とってもそれに近いです。

2級建築士として自分で設計・図面をひき 

電気工事士やインテリアコーディネーターの

資格ももっている上に大工仕事の腕前は それを専門にしている職人さん達からの

ヘルプ要請をうける程です。

そこに下請けさんを指揮して 現場監督として全体の工事管理もできるとなれば

はっきり言って、飲食店舗の1軒や2軒 兄貴一人いれば事足ります。


他の社員の存在意義を疑わせる・・・・・

わが兄貴ながら恐ろしい男です 

あんまり こんな人いないんですけどね・・・・・




多能工のメリットといえば、まずは単純に人的コストがカットできる点でしょうね。

その人間1人いれば本来、2人呼ばねばならない直接経費も時間的なロスもない。

高齢化がすすむ建設業界では

今後、離職者の数字が想像以上に増えていくともいわれ

少ない人数で幅広い業務をカバーできる多能工さんの存在が

今 クローズアップされている理由もそこにあります。

最近では多能工養成の学校なんかもあるようですね・・・・




わが創造社はそんな多能工時代のある意味 

先駆けともいえるかも知れません。

でもデメリットもありますよ・・・・




一つには、多能工として活動していくためには

道具や材料が通常の職人さんの2倍、3倍が必要であるという事です。


会社として「多能工」である創造社の倉庫なんて

以前もお伝えしましたけど、悲惨ですよ 



6m級の鉄骨から、大工工事に使う石膏ボード、木材。

電気工事に用いるケーブルからコンセント等の電材類。

塗料の石油缶がゴロゴロしている上に、クロスやカーペットの最低限の在庫。


それらを加工するための高速カッターや昇降盤などの大型機材も

鎮座まします まさに・・・・・・・・





カオスです 





もっと言ってしまえば、その幅広い業務をお客様にご案内するための

カタログだって必要になってきますし、

範囲が広い分、引き取る廃材を一時置きするスペースだって必須です。



多能工を「使う」側としてはメリットばかりかも知れませんが

それを現実 生業にする側からすると そういう意味では効率が悪い面もあるんです。



今後、国交省がバックアップしての

多能工育成の動きが活発になるようですが・・・・・・・






ぜひ創造社の倉庫を視察しに来てください 







アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/1202-01e286f4