株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

SNSが常識を変える

発信

フェイスブック、ツイッターに・・・・・・・インスタグラム。


ホームページやLINEもそうでしょうし このブログだって

SNS(ソーシャルネットワークシステム)の一種なのだと思います。



こういった 従来なかったツールが生み出すもの。

自分もこうしてブログを書いている身ですから それはもう一言でいって

「個人の発信力」という事に尽きると思います。


今は「国民総メディア時代」なんて言い方がありますが

たしかにそうでなかった従来は

いわゆるマスコミと呼ばれる一部の人間が世に様々な情報を発信していました。


言い換えれば 

それはメディア媒体を持つ者にしかできない 一種の特権であったのだと思います。


新聞社が新聞という媒体を通して世に情報を発信し、

出版社が週刊誌というツールを用いて世に流行を喚起する。

あるいは作家が小説という表現媒体を用いて 世にムーブメントを巻き起こす。


そのどれもこれも 従来 いち個人の誰でもできる事ではなかった訳で

個人がSNSをやる時代というのは、「世に情報を発信する」という

その特権が必ずしも一部の人間に限られたものでは

なくなってきている、と言い換えられると思います。



事実、従来マスコミと呼ばれた新聞社にしろ出版社にしろ

今はネット配信やSNSを巻き込んだ戦略に

そのメインをシフトしていく動きは現実としてありますし

大袈裟にいってしまえば 

インターネットやSNSのこれほどの普及というものは

従来マスコミに「頼る」しかなかった情報の受発信の

そのイニシアティブが逆転してきているともいえるのだと思います。




先日とある画家さんの手記を読んでいたのですが、

従来 画家さんなどが個展を開く際には

ギャラリーを借りるというのが業界ではポピュラーらしいですね。


ギャラリー側としては展示スペースを貸すばかりでなく、

その宣伝も請け負って集客面からも

イベント全体をプロデュースするものらしいんですが

今の時代。発信力のある個人であれば 

わざわざギャラリーを借りる必要もない、というのが その画家さんの意見でした


展示スペースの「箱もの」という事だけであれば、何もギャラリーでなくともよい訳で

従来 個人では発信する術をもたなかったアーティストも今やSNSという発信力を

行使すれば十分に個人で個展を開くことは可能であるという内容の手記でした。



これも言ってみれば従来の情報受発信のイニシアティブの逆転であるといえるのでしょう。



これからは みな同じかもしれませんね・・・・・



テレビ局のCM枠を抑えているがゆえに 権威をほこった広告代理店も

それこそ 従来 「作業」という事に特化して自身の営業能力をもたなかった

建築職人さんたちも いずれ自身の発信力をもって仕事をしていくような時代に

なっていく事は間違いないと思います。



現在の創造社はお客様と職人さんの間にはいって業務をすることも多く

これからの時代・・・・・




逆にそういう時代になっていくからこそ、中間業者としての存在意義を

今後 高めていかねばならないのだと思います。



まあ、スマホ 大嫌い揃いの周りの職人さんたちを見る限り・・・・・・・








まだまだ それも先の事っぽいですけどね 






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/1191-9d2adb9d