株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

「儲かる」仕事とは?

つづら

目の前に2つの仕事があって・・・・

どっちが「儲かる」仕事で、どっちがそうでないか 



これはなかなか難しい問題です 




2つが 例えば同じ㎡数の外壁塗装だとしても

春先にご近所で工事する現場と 遠方の極寒地でやる場合。


それが北海道とかなら 全然ちがう話ですけど

千葉県とか埼玉県くらいなら余裕で工事には行きます。

そういう場合はご近所と比べて

現実的に移動距離も 気温の差がもたらす作業効率も

やっぱり変わってきます。


でも単価の相場っていうのがありますから

極端に御見積もり金額に差をつけるわけにもいきません・・・・



それじゃ競争力ありませんもんね 



そう考えると 今の例えならご近所で春先に、っていう方が

「儲かる」というか「割り」のいい仕事だと言えると思います。

大体、そちらの方が安く工事も提供できますよ。



あとは「時間」の問題もあります。



このブログでも紹介していますが、

以前に芝浦でディスコの新装工事を実施した事があります。

工期は・・・・・・・・工事自体は1か月くらいで終わりました。

ちなみに総予算は○○千万くらいでした。



おお・・・・・





1か月で○○千万! 






どんだけボったくったんだ、って言われそうですけど ちがいます。

その工事 打ち合わせに1年くらいかかってるんですよ 

その間 自分自身はあんまり他の仕事できなかったですからね・・・・


1年で○○千万円でも悪い数字じゃないですけど、

それほど濡れ手に粟って言えるほど利益率いいとはいえませんよね。


逆にいわゆる「手離れ」がいい仕事っていうのもあって

それほど事前準備も工事自体も「複雑」でないものもあり

そんな工事で1か月で200万だったとしたら

1年がかかりの○○千万より よっぽど「割り」がいいといえるかも知れませんね。


あとは原価の問題もあります。



代表的なのは解体工事ですか。

ユンボやクレーンなんかの重機がからむような規模なら別ですけど

基本的に手道具と肉体ひとつでからね、解体工事って。


目立ってかかる原価って残材の処理費くらいなんです。


そりゃあ肉体を使う事だって 厳密にはコストではありますけど

自分が筋肉痛になる位のリスクなんぞ 利益率の為なら厭いません 

体力に自信があるなら これも「割り」のいい仕事といえるんじゃないですかね。




作業の強度、移動距離、気温、時間という概念・・・・



その全てが一致するのが究極の「儲かる」仕事なんでしょうけど





そんな仕事には出会った事ありませんね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。











関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/1103-645062a6