株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

下請けさんからの請求書

請求1

当たり前なんですが・・・・・・・


毎月末になると、

その月、仕事をお願いした下請けさんより請求書が届きます。





いやはや・・・・・





困ったもんです 







これが来なければ、もうちょい儲かるのに 





原則、下請けさんに仕事をお願いするときは

事前に見積書をもらって 後で行き違いのなきようにしていますが

まあ慣れた相手で、僕らでも原価の計算式が頭に入っているような時には

下請けさんから事前の見積もりナシで仕事をすすめる事もあります。

これも一種の信頼感でしょうかね・・・・



もっと原価は安いだろう、なんてタカをくくって

僕らがお客様に見積をだしてしまった、とする。


でも工事が終わった後で下請けさんから請求がきたら

思っていたより下請け原価が嵩んでしまっていた、なんて事になれば

これはもう下請けさんにジャンピング土下座で値引いてもらうか

自腹で大損こくか、です 



逆もしかりで、慎重になりすぎて原価に余裕をみすぎてしまえば

結果 お客様への見積もり金額は高くなるわけで

これはこれで競争力がありませんもんね。



事前に見積もりをもらっておくのが確実ではあるんですが

下請けさんも、いつでもフリーに動けるわけでもありませんし

お客様が御見積もりを急がれている、なんて時には 

もう自分の知識と経験の中で競争力があり、

かつ下請けさんを泣かせすぎない御見積を自力で計算しなければなりません。



この点なんかも信頼できる業者であるか、のポイントになってくると思います。



普段、単純に下請けさんからの見積書に

会社規定の利益%を上乗せしてるだけ、みたいな営業マンですと

各工事の原価なり項目が頭に入っていないと思います。



もしリフォームをご検討されることがあって

その会社の営業マンとお話しする事があったら・・・・






さあ・・・・・・

今この場で この工事 大体いくらか答えてもらおうか 




この質問に答えられるか、答えられずに逃げてしまうかは、

その営業マンが現場の事まできちんと把握しているかを

見極めるのに非常に重要なポイントです。



私も あまり受けたくない質問です 



工事金額はおおよそ見当ついても、

例えばその材料の各メーカーさんそれぞれの値段っていうのまでは

なかなか全部 全部は把握しきれてないですからね・・・・・





話はもどって下請けさんからの請求書

請求2

これは塗装屋さんからの請求ですが、

ちょっと予想外の事態が現場であり、

当初、思っていたよりも材料が余分に必要になったんです。


それが適正なものであれば、こうして一つ、一つの内訳をもらった上ですが

元請け会社たる僕らがその分は負担します。


予想外の事態ではありましたが、お客様に請求できるものでもありませんでしたし

ま しょうがないですね・・・・・

こういう時 男をみせねば 



単純に仕事をしてもらうだけじゃない、っていうか・・・・

こういう積み重ねが

創造社さんからの仕事なら

一生懸命やろう。って下請けのみんなが思ってくれるっていうんですかね・・・・




お客様寄りでもなく、下請けさんに味方するばかりでもなく・・・・





大事な事なんです 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/1084-69e49ee5