株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

女々しい奴ら・・・・・

オカミ

わが創造社が属するリフォーム業界 

大きく言えば建設業界ですが、そのプロであるために

意外に重要なのは・・・・・・・





「女性らしさ」




これを持てるかどうか、が大切です 





建設業界のおっさんっていうと、

一般的には汗のにじんだ泥だらけのランニングいっちょうで

鼻毛、胸毛に・・・・・・無精ひげも何のその 

ガハハと笑ってドッカンドッカンうるさい音出しているイメージもあると思います。




ま そこまでワイルドなのも・・・・・






現実 あんまりいませんけどね 




なくもないイメージですけど、こと作業っていう事に関していえば

いわゆる女らしさ、と言われることは大切なんです。


現場で作業中の僕らって、ちょっとそんじょそこらの女性なんかより

ずっと女性らしいんですよ。



まあ、一般のご家庭で女性がする家事は あくまで「家事」で

仕事と言えば仕事でしょうが 少なくとも「ビジネス」ではありません。

まずその点からも僕らとはちがいますからね。



片付けられない主婦、なんていうニュース記事を見かける事もありますが

建築現場では、なにをおいても「整理整頓」tっていうのは基本です。

何も綺麗好きっていう訳じゃないんですが、

乱雑な現場だと足元も危険ですし、僕らの仕事は時間も限られていますから


あの道具どこいった?


なんて、いちいちやっていては効率も悪いですし

次に使う材料は順番通りに並べて置く。

こっちの作業が終われば、こっちのスペースにあの材料は移動するから

まずここの清掃を優先してやっておこう・・・・・


現場っていうのは時間と一緒でスペースも限られていますから

最小限のスペースをいかに有効に使うか、その段取りスキルも大切なんです。



あとやっぱり、リフォーム業の僕らにとって建物は「商品」ですし

しかもその材質、仕組みも頭にありますから どうしても乱暴に扱えないですよ。


うちの娘が壁に落書きするのは、しょうがないんですけど

やられるたびにクロス貼り替えの㎡計算が頭で進行します 


奥さんが掃除機をかけてても、壁にゴン、ゴンぶつけながらやっているのを見ると

その巾木、MDF木材で あんまり強くないから傷かつく 

って よく怒っています 


僕らが現場をお客様に引き渡すときには

それこそチリひとつあっては駄目、っていう習慣がありますから

家事レベルであれば むしろよくやってくれている奥さんの掃除を

もう小姑モードでチェックしてますね 



身内から火をだすわけじゃないんですが 結婚してから特に思いますよ。



こうるさい、とか細かい・・・・・・


ってんじゃなくて、普段の仕事の習慣なんですよ。



常に整理整頓をして、現場を理路整然と保つ。

トイレ掃除すんならウシュレットの蓋をはずして掃除せんかい、って思いますし

換気扇も分解して苛性ソーダで洗えって思ってしまうんです 



土木や解体、っていうのは別化も知れませんが

仕上げの内装工事っていうのは繊細なものですしね。


みんな見た目はいかついですkど、けっこう女性らしいとこあるんですよ

職人さんって 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/1078-28702d3e