株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

「超」地域密着が利益率を上げる

ヤマグチ

業界平均で粗利率25%といわれる中で、39%を超える家電店がある。家電の販売で年間7億5000万円、リフォームで2億5000万円を売り上げる、でんかのヤマグチ(東京都町田市)だ。同社は、近隣にヤマダ電機などの大手量販店やチェーン店がひしめく中で、20年連続で黒字を達成した。山口勉社長は「『超』地域密着戦略が粗利率を高めるポイント」と話す。




ふ~む 


ほとんど業界紙の記事 だだパクリの記事なんですが

面白い事を考える社長さんもいるもんですね・・・・・



地域密着 


わが創造社でも重要視しているキーワードですが

この家電量販店であるヤマグチさんでは、それを一歩すすめて

「直接仕事に関係のない」お客様のご要望にも

積極的に応えていこう、という方針をうちだしているらしいです。



具体的には それこそ



「ごめん、キムチ買ってきて 」 とか


「蜂の巣の駆除をして」 とか。



およそ家電販売とはかけ離れたご連絡にも営業マンが対応をし、

しかも費用は材料代だけの実費のみで,、というサービスを展開しているらしいです。







キムチかあ・・・・・ 




もともとの発端は周辺に展開をし始めてきた大手チェーンの家電量販店の台頭。

ピーク時にはヤマグチさんの商圏内に大手を含む同業種6店舗が進出をはじめる

激戦区となっていたそうです。




いわく

大手に家電の販売価格自体はおそらく敵わない 

このままいけば経営そのものが成り立たない・・・・






どうせ下げられない価格で大手と張り合うより

大手が真似できないサービスで勝負を・・・・・・・してみよう 



それが現在のサービスにつながり、今では20年連続の黒字を計上なさっているとか。



完全に逆の発想ですよね。

まともに考えれば、価格の高い販売店なんて敬遠されそうなもんですが

普段、別サービスでお世話になっているヤマグチなら高くても買いに行くよ、と、


通常、ネックとなるはずの高価格を販売側からのアプローチではなく

お客様が好んで納得をしているという・・・・

コロンブスな発想ですね。



インタビューでは社長さんも冗談交じりに仰られていますが



普段、高い家電買ってるんだから 遠慮なく日々の雑用でご連絡くださるんです(笑)





普通なら依頼に躊躇してしまうような細かい事でも、細かく対応してくれる。

なら、少々高くても家電はヤマグチで、っていう本業とサービスがうまくリンクして

サイクルを形成しているのでしょうね。




なるほど 





わが創造社も似た面はありますけど、さすがにここまでは徹底してはいないです。

現場忙しいときにキムチはなかなか難しいものがあります 


そもそもヤマグチさんは

家電販売っていう本業を活かすための別サービスっていう位置づけでしょうからね。



その点はちょっと創造社とは異なるんですが

姿勢は見習うべきものがありますね。




う~む・・・・・









キムチかあ 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。





関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/1073-9567b237