株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

賃貸マンションでのリフォーム工事

チンタイ

僕ら創造社にお問い合わせいただく・・・・・リフォームのお仕事 


一戸建てのお客様からのお問い合わせも多いですが

港区という土地柄もあるのか、

やっぱりマンション住まいのお客様がトータルとしては多いですね。




マンションであれば原則、「賃貸」か「分譲」であるわけですが

それがいずれかであるか、でリフォーム工事にも色々とちがいがでてきます。



大きな原則としては賃貸であれば、将来のご退去の際の

「原状復帰」という事が挙げられます。



それが生活上、やむを得ない経年劣化によるものであれば

お部屋のダメージも原状復帰の対象外ですが

お客様ご自身の事由によって行ったリフォームで

壁にあけた穴ですとか

接着剤の跡、っていうのは当然 原状復帰の費用負担の必要がでてきます 



なので賃貸でリフォームをする際には、原状復帰を覚悟で

大家さんの許可の下、リフォームを行うか。

あるいは極力 ビスや接着剤をも用いずに済むような工法をとる必要がございます。

限界はありますが、賃貸マンションにお住いのお客様からご相談いただく際には

僕らもなるべく原状復帰の必要がないような工事の方法を

提案させていただいています。



そんな原状復帰の必要のないのが分譲マンションであるんですが

意外と落とし穴なのは「ベランダ」に関する工事です。

どこの管理規約にそってもベランダは「共用部」扱いとなっているので

「専有部」であるお部屋の中とちがい

このベランダ部分だけは分譲といえど、好き勝手にリフォームしていいという訳では

ありません。

事前に管理組合さんなどへの確認が必要になる事が多いですね。




分譲といってもマンション全体を支える構造体の壁に穴をあける際には

管理組合の事前の許可が必要ですし、

なかなか賃貸じゃないから、といっても色々と制約はあるもんなんです。



まあ、それが賃貸であれ分譲であれ・・・・





大体の原理原則ってどこのマンションでも一緒ですから。




お客様からのプランをお聞かせいただいた時点で

原状復帰に抵触する可能性、管理組合へのご許可が必要な場合。

いつもこちらの方からアドバイスもさせていただいています。




んなもん、黙ってればわからないよ 




なんてお客様もいらっしゃいますけどね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/1035-285bf239