株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

リフォーム工事で心配な事 ~追加工事の要求~

アクシツ

お客様がリフォームをご検討されて

どこの業者さんがいいもんか、と考える時.。



お値段の事、技術的な事、アフターフォローの事・・・・・・




色々とご心配なさる事はあるとは思うのですが

ある意味、一番不安をもたれるのは「追加工事」に関する事ではないでしょうか。




お値段の心配、という意味では 

ご契約をなさる前には 当然 御見積をいただいている訳でしょうが




その範囲以上の「追加費用」の請求をうけるのではないだろうか? 





この心配をなさるお客様は多いと思います。


巷に数多あるリフォーム業者のHPなどでも

「一切の追加料金はありません  」 

なんて謳い文句が多くみられるのは 

お客様のそんな不安の裏返しであるのだとも思います。







お客様がご自身で。



例えば当初の予定にはなかった子供部屋のクロスも貼り換えてほしい。

やっぱり玄関には塩ビタイルではなくて、大理石に変更してほしい。


であれば、追加分・変更分の御見積もりをもらえば

お客様も内容を納得済みであるわけで

差額費用のトラブルって まあないとは思うのですが

ご不安に思われるのは

それが「業者側からの申し入れ」による追加工事であった場合ですよね。



当初の御見積以上の追加工事、料金をお客様に請求する。



そんな事があるのか、ないのか、でいえば・・・・・・・・・
















あります 








げははははははははは!






で、なくて 







こういった業者側からの追加費用の請求って、いくつかのパターンがあるんですけど

ひとつには本当に悪徳な場合です 


僕らも経験あるんですが、

いわゆる「相見積もり」となって、僕らの御見積と他社さんの値段を比較した時・・・・


他社さんの方がめちゃめちゃ安い、っていう事があるんですよ 


自信を失ってしまいそうな事ではあるんですけど、よくよくお話を伺うなり

他社さんの御見積内容をお客様から見せていただくと

そのリフォームに絶対に必要な部材や工事jが明記されていない事があるんです。


僕らの判断からすれば絶対に必要になる事なわけで

例えば

システムキッチンの入れ替えに東京ガスさんに開栓してもらう費用が書いていない、

その壁をぶち抜く事で失われる構造強度に対する補強工事の項目がない。





そんな事がままあります 



やっかいなのは、それは決して法に触れる訳ではないというか・・・・・

有資格者の工事が義務付けられているものですとか、

本当に家全体が倒壊する程の仕様変更であれば建築基準法にも抵触しますが

軽微な事であれば それはもう業者さんの考え方ひとつみたいなところがあるんです。







軽微な事ならいいじゃん 






って言ったって 見た目にはわかる位の不具合は出てくるわけで

せっかく高額のご予算を用意されて行うリフォームがそれでは悲しいものがありますよ。





あるべき項目を省いて 総額をおさえた御見積もりをだす。

あとは知らんぷり、の場合と 指摘をされれば

じゃあ追加費用をいただければ工事をしますよ、っていうパターンを

最初っから狙っている業者がいる事は事実なんです。

別計上なのは、「常識」ですよ。

なんて言い方をしゃあしゃあとする業者もいますし、

「建築工事」っていう なかなか一般のお客様には内容が理解しがたい点を

突いた悪質な手口ですよね・・・・・・・





もう一つは 正当な場合。


ぶっちゃけ、僕らもある程度 内容が複雑になってくるリフォームの場合

契約前の時点で全てを把握して御見積もりをだしている訳ではありません。



経験からの「予測」と構造上の「常識」っていうのを拠りどころにして

御見積をだす事もあります。

それは実際に、工事してみないと、その壁をぶっ壊して目視しないと

わからない、っていう事は確かにあるんです。



その予測がはずれたって場合、それがちょっとしたことであれば

御見積もりをだしている責任上も無償で工事はさせていただきます。




でも、それがあまりに予想外の・・・・・・

と、いうか人智で予測は不可能だったって場合は 

その場でお客様に内容を説明して、ご判断を仰ぐ場合もございます。

せめて材料代のご負担をお願いする、っていう事は過去にもありました。


そういう場合 変な話 事前に「嫌な予感」はあるんです。


だから、もしかすると やってみて最悪こうなっていた場合は、っていう

お話しは事前にお客様にするようにしています。

それ以前に創造社で使う契約書には

その一文をいれています。




絶対に追加費用は請求しません 




そういう意味では、こんな謳い文句の業者さんってあんまり・・・・



全てを予想できず、不測の事態もおこるのがリフォーム工事です。

思いっきり値段に余裕をみた御見積もりを出すことも可能ですけど

僕らはその場で、その場で双方納得できる話し合いをして・・・・・

御見積もりをだしている責任は責任として

負担をわけあっていけるような、そんな対応をしています。





賛否はわかれるのかな・・・・・






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします






関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/1033-9c1f73f1