株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

床材の選び方 ~カーペット編~

悩む1

昨今、リフォームも色々な材料があります。


特性、価格、施工条件・・・・・

もちろんお客様の「好み」もありますが、その現場でどんな材料を選ぶべきなのか?

今回は「床材」 特にカーペットに関して ご説明をしたいと思います 

ま 正解もないんですけどね・・・




まずはトップバッター 

ユカザイ1

まんま「カーペット」です。

見た目の特性としては床材の中でも一番「ゴージャス」といえますかね。

ウール100%のものからナイロン、アクリル製・・・

毛足の長さ、形状も幅も広く、他の床材を聞いた事ないお客様でもカーペットは

知っていますよね。

今のマンションなどではフローリングが多く、なかなか僕らでも貼る機会ってないんですが

ホテルやマンションのロビーなどでは今でも人気が高いです。





その派生として・・・・・

パンチカーペット6

こちら「パンチカーペット」。

簡単にいえば通常のカーペットをもっと簡単にしたもの、とでもいいますか。

厚みも薄く、耐久性にも劣りますが 一時的なイベント会場の床でしたり

さほど人目につかない倉庫の床ですとか・・・・・

価格が安い分 消耗品としての活用が目立つ材料ですね。





これが

オフィス塗装7

「タイルカーペット」ですね。

ご覧のように「一枚もの」ではなく

正方形(50cm×50cm)のものを一枚ずつ貼っていく材料。

「一枚もの」のカーペットですと一部に落ちない汚れが付着すれば

全部を貼り換えるしかありませんが

タイルカーペットでしたら、その部分だけを交換すればよく

メンテナンス性に優れた材料となっています。

近年、オフィスの床に使われ事が多いですが、色を何色か組み合わせての

デザインも可能など スタイリッシュなアレンジも可能です

ユカザイ2

ホテルなどのエレベーターホールなんか こんなんありますよね。

また、接着剤を用いなくとも貼るのがが可能な事もあり

施工性に非常に優れている材料です。




カーペットで代表的なものはこの3種って事になりますかね。



工事のやりやすさ、施工性っていう点でいえば断然タイルカーペット。

その分 工事費も安く抑える事ができます。


材料自体のコストパフォーマンスでいえばパンチカーペットですが

前述のようにあまり長持ちする材料でもありませんし、クッション性も低いので

お住いの床にはあまり向かないかも知れません。


選択の幅が広いのは通常の「一枚物」のカーペットになります。

一枚何十万もする それこそペルシャ絨毯から、安価なアクリル製のものまで幅広く

ゴージャスなものからシャープ、温かみのあるものまでデザインも豊富です。

また少々の下地の凹凸を気にせずとも貼れる材料なので、他の床材に比べれば

その点は施工性がよいといえます。




カーペットシリーズ全体にいえる事なんですが、

デメリットとしては埃がたまりやすい、っていう面でしょうか。

アトピーのお子様がいらっしゃるようなお客様の場合は避けた方がよろしいかと思います。



そうした場合は塩ビ系の床材を用いた方がよろしいかも知れません。

それはまた次号 塩ビ床材のご紹介に続きます 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします







関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/1023-03c86084