株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

年代別の仕事

カイダン

しかし・・・・・私も はや40代 


昔の人は「不惑」の年なんていう言い方をしましたが

私などは良くも悪くも色々な事に気づかされ、不惑なんて とても、とても・・・・・







口が裂けてもいえない状態です 






しかし40代を迎えてみると・・・・・・「仕事を始めてから」 

まあ社会人になってからっていう意味ですが、いよいよ本当のステージに

登ってきたって感じています。



自分がサラリーマンとして社会人となったのは ちょうど20歳でした。

けど、今から思えば20代なんて赤ちゃんと一緒でしたね。

社会人と呼ばれてはいても、電話の応対ひとつもわかりませんでしたし

そもそも社会、会社組織の成り立ちっていうものがわかっていませんでした。


なのでサラリーマン時代は数々の伝説を残したもんです・・・・



以前に勤めていたのは200人位は社員がいて、別棟に社長室がありまして・・・・

社長秘書さんもいるような会社でした。

社長は業界のカリスマとよばれる程の方で 当時で御年80くらい。

幹部社員の方々といえど

そうそう気軽に声もかけられない程の こわ~い感じの人でした 





ある時・・・・・・・

新入社員の私の机にコピー機か何かの営業電話がかかってきたんですよ。





「○○と申しますが、

○○の件でお話をさせていただきたくて・・・・・・代表者の方いらっしゃいますか?」




・・・・・・・・・代表ですか?




「はい、コピー機の入れ替えなどの責任者の方をお願いできれば。」




責任者・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ げ! 





少々お待ちください
 






軽く内線で 社長を呼び出した私。





その後 課長にババちびる程 怒られたのは言うまでもありません 




社長さんは笑ってくれてて、その後はなぜか可愛がってくれました 





いやはや、20代の頃は万事がこんな調子で

修行中、っていうよりは とにかく社会の仕組みに慣れるのに精いっぱいだった気がします。



30代になれば さすがにそんなギャグな失敗は減りましたけど

まだまだ仕事で覚える事はたくさんありましたし、その知識を実践して経験とするのに

あっという間の10年だった気がします。




今、自分が40代を迎えてみると、ちょうど知識と経験は一通り・・・・・

もちろん建築の全てを極めた、なんて意味ではありませんが

現場でお客様とお話しをしてみても チンプンカンプンの事って

さすがにあんまりなくなってきたんだなあ、って感じています。



まだまだ体も動く年代ですし、知識と経験も一通り。

お話しするお客様も若干の前後はあれ、同世代の方が多くなってきました。



それまでは大体、自分の方が年が下っていう事が多かったですし

それはそれで可愛がってはもらえたんですけど

今は本当の意味で対等の立場っていうか・・・・・・・


相応の金銭をいただくプロと思っていただいてる、っていうのを強く感じます。

そうでなければいけない、っていう責任も痛感しますよね。



これが40代のステージってやつで

本当の・・・・・・仕事のはじまりなのかも知れません。




50代には50代のステージ、60代もしかり。



今の自分は着実にその階段を登れているのかなあ・・・・・

なんて思う事もありますが

それは次の年代のステージにあがってみないと、きっとわからないんだと思います。



50代には、どんなステージが待っているのでしょうか・・・・






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします




関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/1020-6dddb769