株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

お金の価値はちがうもの?

オカネ

お金というものを考えた時 



やっぱり足りなすぎるのは困りますし、過度にありすぎても不幸を招くもの・・・・

それは、まあ仕事をしていても感じる事があります。


変な話ですけど、

忙しくて儲かっちゃったような時って やっぱり仕事が雑になります。

個々の仕事一つ一つが大切に思えなくなってもきますし、

殿様商売じゃないですけど

仕事を「させていただいている」っていう意識が希薄になりがちです。



逆にあんまり暇で売り上げがあがらないような時期が続けば

余裕をなくしますし、意地でも赤字をだせない、なんていう意識が

仕事を・・・・・何というか余裕のないセコイものにしますよね。



だから仕事でいえば、月のノルマというか最低金額よりちょこっと余裕が

ある位が一番いいです。

逆に言えばマックスで それ位しか目指していません  





しかし、そう考えると面白いといいますか・・・・

さっきの例えで言ったって、忙しい時の10万円と暇な時の10万円っていうのは

同じ金額でも その時に感じる価値は全然ちがうものな訳ですよね。



いつか本で読んだエピソードに興味深いものがありました。




あるルポライターが ホームレスさんたちの記事を書くにあたって

リアルな取材をしたいと思い、ボロボロの服をきて

自らホームレスとなって道端に座り込んでいたらしいんです。


そこに本当のホームレスのおじさんが話しかけてきた時。


若いのに大変だな・・・・・

俺、200円持っているから100円あげるよ、って言って立ち去ったらしいんです。



なるほど、たがが100円。

そう思えば大した価値はないのかも知れませんが

言い換えれば 

そのおじさんは自分の全財産の半分を初対面の人間にあげた訳であって・・・・



そう考えれば 今の自分には到底同じことはできないと思います。


「持たざる者は幸いなり」という言葉もありますが

持っていなければ そこに何の執着も未練も生まれず清い行いができる。

そんな意味なのかも知れません。





お金の価値は一つじゃない 




これって、今の自分のように営業を仕事とする人間には

とっても大切な事なんじゃないかと思います。


僕らの仕事で言ったって、同じような工事を同じ金額で御見積しても

ご発注をいただけるお客様もいらっしゃれば、そうでないお客様もいらっしゃいます。


それは単にご予算に余裕がない、っていう話なのかも知れませんし

他にも御見積もりをとっていた業者さんの方が創造社より安かった、って話かも知れません。


逆に御見積が高かろうと、自分に信頼をくださってお仕事をご発注くださる

お客様もいらっしゃいます。


その時々、人間、必要性……

つくづくお金の価値は一つではない


そう思うんです





関連記事
スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://sozosha.blog.fc2.com/tb.php/1006-89966935