FC2ブログ

株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 PC表示最上段のメールフォーム「無料相談」から どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

繁忙期なう ( ̄▽ ̄)

繁忙期1

明日の完成予定日を前に

本日は修羅場なう ( ̄▽ ̄)。

ベランダで手摺を塗っている塗装屋さんがおり・・・・・





ふと室内に目を移せば

繁忙期2

カーペット工事真っ最中の職人さん。





キッチンでは

繁忙期3

予定より1日遅れのダイノック屋さんが

ラストスパートをかけています。




かくいう私もコーキングの9連発をせっせと作業中であります 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

一人娘 千晴さん成長日記14

千晴5


五歳になる一人娘。

最近、私のスマホへの侵略に余念がありません💧


はじめは、よかれと思って

ドラえもんの勉強ゲームとかを

遊ばせていたんですよ。



いうても まだ五歳ですし

強制するより、

まずは勉強を楽しく思ってくれれば、というか。







ふと気づいたら今や好みのゲームを

自分でダウンロードする術まで身につけた、と💧



まあ、スマホはいずれ絶対に身に付けるものだし

無理に禁止するより、ケジメというか

正しいルールを覚えさせて

早くからスマホに慣れ親しんどくのも

いいのかなあ、と。



自分の育った頃とは時代も違う訳ですし

新しい時代なら時代で、それについていけるよう

目を光らせて導くのも親の努めかなあ、て。



だから

ゲームも血が飛び散るやつとか、

銃でバンバンやっつけるみたいなのは

お父ちゃん検閲により削除 ×( ̄▽ ̄)×



周りのバパママ友達も

育児とスマホに関しては色々な方針あるみたい

ですけど

我が家はこんな感じです。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

家具製作 ~シューズロッカー増設~

シューズロッカー1

10月9日の記事でご紹介した渋谷区スポーツクラブの

シューズロッカー増設のお話。

過去記事はこちら




お伝えした通り、

新規に新しくシューズロッカーを造るっていう話ではなく

今あるシューズロッカーを「増設」するっていうご依頼。




要は今あるものと同じものを

全く同じは不可能として・・・・・・・

どこまで近づけて再現できるか、っていうのがテーマでした。






制作期間ほぼ3週間を費やしての本日納品。












出来上がったのが こちら

おお・・・・・・・・

シューズロッカー2

素晴らしい 





って勝手に感動して すいません。

いやいや、ぶっちゃけ けっこう心配してたんですけど

いいものが出来て安心しました。




一番心配だったのが、色味でして

既存のものが木そのものの色でなくて塗装仕上げだったんですよ。

またこれが微妙な色合いでして

濃くもなく、白くもなく、茶色くもなくという・・・・・・



おまけに前回造った時の資料も何もなかったもんですから

それが何の木で造られたかもわからない。




ラワンではないですけど、シナでもなくタモでもなく

多分アガチスという種類の木じゃないかなあ・・・・・

と予想ですすめたんですけど、木の種類がちがっていれば

木目の出方が変わってしまう訳で





いや、良かったあ・・・・





ほい

シューズロッカー3

わかります?

これ 左が既存のシューズロッカーで

右が今回新規に作ったもの。

力を込めて じ~っと見たらわかりますけど

ぱっと見 全然わからない程 仕上げは近づけたと思います。






内部もリアルに再現

シューズロッカー5

こちらが既存のシューズロッカー





新規につくった方

シューズロッカー4

棚内部の寸法、板厚もすべて一緒です。






よい再現ができたと思います。




前回記事でも書きましたが

こういった制作物の仕事で「再現」っていうのは

一番厄介かも知れませんね。



大体、再現の為の資料ってないので

もう己の目と知識を信じてすすめるしかないって話で

いやいや 神経を使いました。




今日は・・・・・・・・・





ささやかに祝杯ですね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

何屋さんを呼ぶべき仕事?

補修屋1

お住まいのトラブルでお困りの時 


意外とよくお客様に言われるのは





「こういう仕事ってどこに連絡すればいいのか わからなかった」





っていうやつです。




ペンキを塗って欲しいのなら

塗装屋さんだし、

トイレが水漏れしたのなら

水道屋さん、っていうのは

わかりやすいところですけど

例えば・・・・・・・・






「タンスの建付けが悪くて、引き出しが開かない」





これは何屋さんに連絡するのが

妥当であるのか?

そりゃあ僕ら創造社に

連絡をいただけるのが

一番嬉しいんですけど

そうでなかった場合・・・・・・




これなら大工さんでしょうね。

家具屋さん。

っていう選択肢もありますけど

この程度の修理なら

基本的には大工さんでも対応は可能です。

ただ、

ものずごく高級とか古い家具とかなら 

家具屋さんがいいでしょう。





そんな家具の色が

一部ハゲてしまっていて直したい・・・・・・





これは塗装屋さん、と思いがちですが

これならいわゆる

補修屋さんを呼んだ方がいいと思います。

補修屋

補修屋さんって 

あんまり一般的に馴染みがないかも知れませんが

その名のごとく「一部補修」を専門にしている

職人さんたちなんです。

フローリングの凹みを直して着色をするとか、

こういう「ボカす」補修だったら、

一番適しています。


器用な塗装屋さんでも同様の事はやるんですけど

やっぱり道具とかも

それ専用のものを補修屋さんなら

持っていますからね。



ただ、これも

あくまでも「一部補修」の場合であって

お部屋のフローリング全体を貼り替えたい、って
いうのなら

大工さんの出番ですし、

桐たんすに全部カンナをかけて

あらためて全体塗装をするっていうなら

工場をもっている家具屋さんがいいですね。




お風呂場のタイルが剥がれてしまって直したい?




これなら もちろんタイル屋さに・・・・・

ってイメージかも知れないですけど

タイルだけを専門にやる職人さんって

あんまりいなくて

こういうのって いわゆる左官職人さんの仕事に

なりますかね。

 
タイルの1枚、2枚くらいでしたら

僕自身でもやりますけど

お風呂場の壁全体っていうなら

左官屋さんを呼んだ方がいいでしょう。



これも こうなったらいっそハガレついでに

タイルはの上半分は取っ払って

バスパネルを貼りましょうか・・・・・・・

補修屋2

なんて場合、パネル仕事は

大工さんの仕事になります。







家具屋さんと大工さん、

補修屋さんと塗装屋さん・・・・・




一見、やることも同じような

職人さん同士なんですが

実は似て非なるものという・・・・・・

今回ご紹介したのも ほんの一端であって




いやいや、自分で書いてて

これは面倒くさいと思いました 



建築業界って 

ものすごく役割が細分化されているんで

なかなか知識のないままでは、

ベストな業種のチョイスって難しいですよね。





こういう適格、適正なチョイスをサポートする、



これも僕らリフォーム会社の重要な仕事です。




まあ、面倒くさかったら……

とりあえず創造社に連絡をください ( ̄▽ ̄)




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします







Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

職人さんと車

201910241519498ba.jpg


本日の現場。

やってきた職人さんの車は3台。


塗装屋さん

クロス屋さん

床屋(ゆかや)さんという……


内装仕上げオールスターズ勢揃いです。

ダイノック屋さんとか居れば完璧でしたね。



ふむ。



しかし今日も職人さんと話していたんですが、

つくづく職人さんと車っていうのは

切っても切れない関係ですね。



移動手段の足としても不可欠ですし、

そりゃあ電車で現場に行く事も

不可能ではないですけど

それだと道具や材料持っていけませんし

どうしたって車になります。



塗料だ、接着剤だのの小物や

最低限の材料の倉庫も兼ねてますし、

ちょっと現場でモノが足りない時なんかも

車に行けばある、ていうんじゃないと

仕事になりません。



お昼休みには

お昼寝スペースになり、

徹夜仕事の時には仮眠ルームにもなり

まさに職人さんには必要不可欠な

必需品ですね、車って。



基本、毎日のりますから

走行距離10万キロなんて

すぐみたいです。



だからローンが終わる頃には

買い換えて、そのローンが終わる頃には

また買い換えて……


駐車場、保険、車検代も含めて

職人さん仕事のランニングコストに

占める車の割合って

なかなかのものがあると思います。




そんな必需品である車ですが、

そもそも免許がなければ乗れない話で

免停でも食らったら

即無収入になるのが職人さん。



みんな大酒飲み、ていうイメージあるかも

知れませんし、

ある意味それも間違いではないんですが

飲酒運転とか、生活がかかってますからね……



そういう訳で

意外と

みなさんきれいなお酒なんですよ💧
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

「プロ」という定義

プロ

何の分野でも「プロ」としてやっている人はいるわけですが

厳密にいえば・・・・・・・

その定義って難しいのかも知れません。



それを生業として飯を食っているのがプロともいえるでしょうし、

人より秀でた技なり知識があるのをプロと呼ぶのかも知れません 

あるいは両方ですかね。



先日、業界紙に

現在のホームセンターのこれほどの台頭や

それに伴うDIYの流行。

こうしたムーブメントをうけて この建築業界のお施主さん(お客様)に

意識の変化がおこりつつあるという記事を見ました。




それまで いってみればブラックボックスであった建築業界の

作業・材料っていうものが お客様自身がDIYなどで

それに触れることにより おこる意識の変化という意味だと思いますが

おそらく大別して



「なんだ、これならそんなに難しくないじゃん 









「これは大変だ・・・・・これをうまくこなせるプロはやっぱりすごいな 





のどちらか、ということですかね。





もちろん後者のほうが望ましくはありますけど

ある意味 前者のご意見ももっともであると思います。





とんでもない事を言うようですけど・・・・・・・

ぶっちゃけ僕らのやっている仕事、特に作業jっていうのは

それほど難しい事ではないのかも知れません。



塗装屋さんだ、クロス(壁紙)屋さんだ、っていうのは

1年間もみっちりやれば とりあえず一人前、なんて

いう言い方もあります。



もちろんそれは基本的な部分の把握であって

それから様々な現場で応用を踏んでこそ

真の意味での1人前なんですけどね。

そんな言い方があるのは事実です。



だから前述の「なんだ、こんなもんか 

っていう印象をもたれる方がいるのは理解ができます。




たった1年で とりあえずは習得できる技術・・・・・・・




そういってしまえば価値の低いもののようにも捉えられますけど

逆にいえば1年ですよ。

どんなDIY好きのお客様でも本業のお勤めを投げ出して

1年間みっちり修行するなんて、それはちょっと現実的でないと思います。



1年間みっちりでなくとも、5年間もせっせとDIYでの経験を積めば

あるいはプロの職人さんと仕上がりのレベルはともかく

同じ仕事自体を再現することは可能かも知れません。



でも5年間ですよ。



プロっていうもう一つの定義には

そうしたお客様にかかる「時間」を売っている、

僕らがその時間的なコストを金銭的なコストにして売っている。



そういう人間も「プロ」の定義の一つではないかと思っています。



自分で そこそこやれるようになるまで5年間をかけるのか、

その時間とよりクオリティの高い仕上がりを

プロに金銭で依頼をするのか・・・・・・




それは個人個人でお考えもちがうでしょうから

お客様の意識の変化といっても一律ではないでしょう。


それにそもそもDIYと僕らの仕事は比較するものでもないというか、

苦痛を感じながらやるのはDIYじゃないと思いますし

あくまで楽しんでやるのが本道でしょう。


損得勘定でやるものではないですよね。



だからDIYの台頭によって お客様の意識に変化が・・・・・・・・

っていう記事にはちょっと違和感がありました。


草野球を熱心に楽しまれている方こそ、

その匠たるプロ野球が好きなんじゃないですかね。





例え ちがうかな 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

まさに迷宮・・・・世田谷区の現場

迷路1

先日もチラッとお伝えしました、

世田谷の戸建てにお住まいのお客様。


家の周りぐるりに足場を組んでの、外壁と屋根塗装が

基本プランなんですが 始まる前から問題が発覚しまして・・・・





世田谷区って いわゆる碁盤目状のつくりっていうか、

細い路地が入り組んだような動線道路が多いんですけど

今回の現場もモロにそれに当てはまりまして 



現場目の前の道路が道幅もそんな広くない相互通行の道でして

これだと足場の単管パイプを満載したトラックが現場前につけられないんです。


現場には駐車場がなく

仮に強引に道路に駐車するとほぼ道をふさぐ形になってしまい、

片側通行ならまだしも、両サイドの車の流れを通行止めするのは

いくらなんでも・・・・・・・・





人としてまずいですよね 





近くのコインパーキングに駐車するしかない、って話なんですけど

至近のパーキングでも徒歩・・・・・・3分くらい。

4m級の単管パイプを担いでの3分は なかなかのもんというか、

2、3人で50~60往復はしなければならないでしょう。

そうなると運搬の手間も費用もかかってきますし・・・・・・・




なら、正式に道路使用の許可を申請して

お役所のお墨付きで目の前の道路を封鎖するか・・・・・・

これも申請の費用は別途必要ですし、

少なくとも誘導のガードマンを2人ばかり呼ばねばなりません。




それに道路をほぼ封鎖ですから、近隣の皆様へのご挨拶も

けっこう大変ですよね・・・・・。





現在、ご近所で敷地を貸していただけるところがあるかを

絶賛捜索中です ('◇')ゞ



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

台風一過その3

20191018133212226.jpg


今回の台風の影響。

テントの足が曲がってしまい、

修理のご依頼です。


テントは買うと以外と高いので

何とか真っ直ぐにひっぱたいて

補強をいれて直せるか……


本日、業者さんと下見して

チャレンジをしてみようと思います。



さすかに初めての経験ですが、

と、いうか

この仕事はいつになっても

何十年やっても

初めての事がでてきますねえ💧
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

同じ色を調合する技術

色合わせ1

↑ この1部 色の変わった家具・・・・・・・



何だかわかりますか? 










ふっふっふっふ









これはですね・・・・・・・・









同じ色を塗ったはずが 全然ちがっていた結果です 








いや~、塗装屋さんがいなかったんで

自分で塗料を調合してつくってみたんですが

同じ色をつくるっていうのは難しいですね・・・・・・・




事前に現場で色見本をみて、「これだ」と見当をつけてから

別の場所で色を調合をしたんですが

現場に持ち帰ってみたら全然ちがっていたという・・・・・・





建築業界あるあるですね 






教訓を活かして

色合わせ2

再度 調合チャレンジ






言い訳がましいんですが、こういう現場での調色っていうのは

そこに当たっている照明の色にも影響されますし

今回の場合、ステイン仕上げの木目ですので

色々な色が混在しているような色なんですよね・・・・・・・






ま それにしても ↑ さっきのは 色ちがいすぎですけどね 









現場で見ると もうちょい黒っぽくみえるから

色合わせ4

こんなもんですか。





塗料っていうのは乾燥すると少し黒っぽくなるのと

あと今回はしょっぱな写真で色を見ちゃってたんで

写真で見るのとは また違って見える場合があるんですよね・・・・





乾燥後の変化、写真との違い、照明の種類・当たり方・・・・・





いやいや難しいもんですね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

台風一過その2

2019101616210430f.jpg


今日伺ったお得意先の駐車場。

台風の影響で木々の枝が……


他にも以前、内装工事をご依頼いただいた

世田谷区の戸建てのお客様から

屋根からの漏水被害のご連絡がありました。

風で屋根の一部が破損したのかも

しれませんね……


まだまだ19号の残した爪痕は
 
続きそうです。 


最新の情報では被災の犠牲者は

100人もなろうかという

本当に首都圏では未曾有の

災害だったのだと改めて感じています。


お住まいのトラブルでお困りのお客様

少しお時間はいただきますが、 
 
極力早めの対応はさせていただきます。

どうぞお気軽にお問い合わせください。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

台風一過……

台風19号。

首都圏においては

数十年に一度の災害になる、という

この週末でしたが

まずは被災された方々に慎んでお見舞いを

申し上げます。


結果的に港区はそれほどの被害は

なかったようですが

それでも近くの河川が氾濫の恐れあり、

との警報はありましたし

近所のコンビニは商品すっからかんで

夜間の営業をとりやめる程でした。


幸いにも目立った被害は

ありませんでしたが休み明けの今日、

屋根の破損、漏水被害など

今回の台風による

お住まいの被害のご相談を多数

いただいております。


仲間の業者さんも軒並み

フル回転のようです。


不謹慎な言い方かもしれませんが

こういう時こそ自分らが活躍できる時。

最も自分らのスキルでお困りのお客様に

貢献できる時かと思います。



どうぞ風災の被害でお困りの事

お気軽にお問い合わせください。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

台風19号 接近中

いよいよですね。

最新の情報だと現在19号は

関東地方にとって

最悪のコースで接近中とか……


明日は仕事になりませんし、

今日も早仕舞いして

台風に備えたいと思います。



では台風一過後に また(。・ω・。)ゞ
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

エネルギー切れの時

バッテリー1

まだ動くと汗もでますけど・・・・・・・

すっかりと涼しくなってきましたねえ ( ̄▽ ̄)



うららかな昼下がり。

今日は事務所で来週おさめにいく

ちょっとした家具の制作をしています。



家具っていっても自作の簡単なものなんですけど

バッテリー2

不器用といわれる私でも それ位はやりますよ~ 




寸法もきちっと出して

気持よくベニヤ板を切っていく。

電動ノコギリの音も快調に・・・・・・・・





ウイイイイイイイン!





うむ






ウイイイイイイイイイイン!






よし 







最後の1枚・・・・・・









ウイイイイィィ‥・・・・・・ィィィ・・・・・・・・・ィ・ィ 




ん?






これは・・・・・・







建築業界あるあるの

バッテリー3

電動工具バッテリー切れですね 






通常、電動工具ってバッテリーが2つあって

どちらか一つが切れれば、もう片方を・・・・・・・

って使うんですけど




今回は

バッテリー4

ドライバーとノコギリに一つずつ使っていたので・・・・・・




いわゆるW切れです 

こうなると電動工具も ただのオブジェですね・・・・。





充電されるまで30分弱。








何もできません 







なので、このブログ記事なんぞを書いているのですが

いやいや、プロとしてあるまじきミステイクですね。

これがお客様宅での事なら作業も中段ですし。

気を付けないといけませんね。





さっき建築あるある、って書きましたけど

時々あるっちゃある現象ではあるんですけど

不思議なのは この現象。



最後の1枚なり1本切る時に

よくおこるのは何故なんでしょうか 






と、言っている間に充電も・・・・・・・完了したようです。





作業再開といきましょう。




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

家具工事 シューズロッカー制作の下見

下駄箱1

先日もご紹介した渋谷区のスポーツクラブのお客様。

床タイルの貼り替えと共に 

会員様が使用されるシューズロッカー家具製作のご検討もいただいています。



こちらのクラブ

芸能人の会員様も多数いらっしゃる高級施設だけに・・・・・・・

さすが下足箱ひとつとっても手がかかっていますね。



今回は正確にいうと新たに制作をする、というよりは

今あるシューズロッカーを「増設」するというご依頼。



要するに今あるシューズロッカーと

限りなく同じものを再現して制作をしなければならない、という事でして

こういうご依頼もない訳ではないのですが・・・・・・・・







ぶっちゃけ大変です 







同じものを再現するという事は

下駄箱3

棚板の厚み、寸法、丁番の種類・・・・・・・







細かくいえば こういった鍵の形状まで

下駄箱2

全て似たものを見つけないといけないって事。

表面の仕上げも・・・・・・・

貼りものではないですから、塗装で おそらく木はアガチスではないかと。


木の種類が同じでないと木目の感じが変わってきてしまいますからね。





ここまで気を配っても 全く同じものを再現するのは難しいんですけど

限りなく近いものを再現するために けっこう下調べが大変なんです。




新たにちがうものを新規製作する方が はるかに楽ですね・・・・・






先日、業者さんと半日かけて下見をしまして、御見積もりの後

正式なご依頼をいただきました。



制作期間・・・・・・・・・およそ3週間くらいかな。



どこまでの再現ができるか・・・・・





また完成後、ご紹介をしたいと思います。




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

板挟みが・・・・仕事です( ̄▽ ̄)

板挟み

板挟み 

っていうと何か聞こえが悪いですけど




現場監督というのは・・・・・・

特に自分のように営業を兼ねた現場監督っていうのは

つくづく板に挟まる事が多いです 



お客様と職人さんの間。


職人さんと職人さんの間。


他の業者さんと現場をご一緒する時には

あちらのスケジュールとこちらの都合の・・・・・・

いやいや、つくづく挟まってますねえ ( ̄▽ ̄)






書いてるだけで悲しくなってきます 





それが仕事といえばそれまでなんですけど

板挟みっていうのは、人間関係の狭間ですから

時につらい事もあります・・・・・・





当たり前にすすめば何という事もない話なんですけど

昨日した約束を守ってもらえないとか、

頼んだ伝言が余裕で伝わっていないとか・・・・・






リアルタイムに今日そんな事がありました 






自分もどちらかといえば悩むタイプなんで

こうなったのは自分のせいでもあるのか、

繰り返さないために今後どうしていけばいいのか・・・・・



そんなことも考えますけど、

メールで頼んだ伝言が伝わっていないとか、

これはもはや人智ではどうしようもない気もしますしね 




計測してもらった㎡数が違ってて材料が足りないとか、

念まで押した約束を守ってもらえないとか・・・・・・・






この業界アバウトというか、どんぶり気質が根強いですから

けっこうあるんですよ。




自分はどちらかというと理詰めなタイプなんですが

どう考えても分はないのに

逆ギレの勢いだけで押してくる監督さんとか

もう嫌になっちゃいますよ 



でも建築現場ではあれはあれで一つの完成されたスタイルですね。

現場では勢いのある方の理屈が通るっていう

一般社会では ありえない現象がままおこるのです 



嫌にもなっちゃいますけど

自分がそんな勢いだけに押されて たじろいていたんじゃ

お客様や創造社を信頼してついてきてくれている下請けさんたちに

・・・・・・・・・・・・・・・・・合わす顔もありません 





他社の監督さんとか、色々なタイプがいますけど

逆にいえば色々なタイプがいて当たり前の話。



タイプAにはこう、たいぷBにはこう・・・・・・っていう

どんなタイプともうまくやれる人間でありたい。

目的はお互い無事に現場を終わらせて

お客様のご満足をいただく事ですから。






だから、今日のイライラは

ビールを飲んで 奥さんに愚痴って 忘れたいと思います 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

竹タイル お試し施工中

竹タイル1

渋谷区にあるスポーツクラブ。

こういったジムやスパ、サウナとか・・・・・・

あとプールなんかもそうですが、

シャワールームが併設された施設でよく使われる床材が

今回の竹タイルカーペットです。




いわゆる一般的なタイルカーペットは

そのまんま表面がカーペット地ですが

竹タイル4

竹タイルは表面に天然の竹をあしらってある商品。




水も染みこみませんし、濡れた体でご利用になる施設などでは

掃除などのメンテナンス性にも優れ

見た目もスタイリッシュな感じを演出できます。




前述のような施設に利用されることが多いですが

こんな感じに

竹タイル5

和風テイストとも相性がいい材料です。




バリ島やベトナムテイストの

アジアンスタイルももかっこいいかも知れませんね。






今回はスポーツクラブのロッカールーム全体

竹タイル3

男女合わせて数百㎡にもなろうかという

この竹タイル貼り変えのお引き合いをいただき





施工はまだ先なのですが

今日は色味などのご確認の為

一部にお試しの貼り替えをしています。

竹タイル2

通常のタイルカーペットとちがい、

カットはノコギリになるので、その点ちょっと大変なのですが

貼っていく原理原則はタイルカーペットと一緒です。




本工事の際は、ジムの定休日の間に全てを終わらせねばならず

そこは頭痛いんですけどね・・・・・・・



ここは人海戦術で乗り切るしかないでしょう 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

香川大使館? ~東京さぬき倶楽部~

讃岐1

東京さぬき倶楽部 



創造社の「地元紹介」というくくりでご紹介している

このカテゴリ記事ですが

この さぬき倶楽部は

地元というか何というか、

創造社の・・・・・・・






目の前です 

徒歩・・・・・・4秒くらいですかね 





いやいや、この地で創業50年になろうかという創造社ですが

このさぬき倶楽部はどうなんだろう。

もっと古いのかなあ・・・・・・いや古いんでしょうね。




自分が子供の頃も遊びにきていましたし、

創造社に勤めるようになってからも 常に共にあったような・・・・・

自分にとって讃岐会館は そんな存在です。




そうそう いつからからネーミング変わったんですよね。





僕らは「讃岐会館」で馴染んでいたんですけど

讃岐2

ほら、屋上のサインもそうなっているでしょう。




10年以上にもなると思いますが

なぜか「東京さぬき倶楽部」になったんですよね。




1Fロビー

讃岐3

名称が変わっても、ここは変わらないなあ・・・・


懐かしい 


最近はあまり行きませんが

旧社屋の時は、創造社の応接間代わりに使っていましたっけ 

自分は決まって頼むのが梅昆布茶でした。

お煎餅が1枚つくんですよねえ・・・・・





夏場はこのような

讃岐4

都心には珍しい緑豊かな庭園をビアガーデンとして公開しています。

行ったことないですけど、

夏場はご機嫌のお客さんの笑い声がよく聞こえてきます。

それを聞くと ああまた夏がきたんだなあ・・・・・て思うんです。





また しばらくうるさくなるなあ・・・・・・と 





ビアガーデン行った事ないんですよね・・・・・

自宅の目の前ですから、あんまり出掛けた気になれないというか 




というか、

そもそも讃岐会館って何なんだかあまりわかっていないというか・・・

要は香川県も共同出資している地域振興の宿泊施設なんですね。






ふ~ん・・・・








はじめて聞きました 






いや、創業者さんが香川県出身か何かなのかなあ位で

あんまり深く考えた事なかったというか、

もう幼少期から当たり前のようにそこにある物でしたからねえ・・・・






この東京さぬき倶楽部さん。

近い将来の三田小山町西地区の再開発計画に参画され、

それとともに現在地は公園緑地になる予定です、

あと・・・・・・2,3年ですかね。




また一つ青春のシンボルが消えていくのかあ・・・・・




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

昨日の続き

お伝えしたように

昨日からお住まいの水のトラブルに関する

お問い合わせが続きまして・・・・・



今日も以前、室内のリフォームをさせていただいたお客様から

サッシ廻りから雨水侵入のご相談をいただき

現場を見てきました。


行ってみるとこれがまた、なかなかのものでして・・・・・・


サッシ廻りの水漏れ跡は おそらく結露によるものでしたが

それ以前に室内の天井・壁のあちこちに漏水跡があり

10年前 僕らが貼り替えた壁紙が見事カビカビに 



築20年はたつ戸建てで、

過去にまだメンテナンスを実施していないという事もあわせ

これは屋根・外壁のクラック(ひび)から雨水が室内に侵入したものと

思われます。

サッシうんぬんより こっちのほうがよっぽど重症でした 




ご参考までに屋根・外壁塗装の御見積もりをしに

来週また再訪のお約束をして今日は終わりでしたが

これはなかなか大変だぞ・・・・・



奥様がノリノリで どうせ塗装で仮設足場かけるなら

エアコンも交換したい、ベランダの防水もやりたい、

なぜか足場とは関係のないシステムキッチンの交換も検討したい、と 




これからプランのご提案をして、御見積もりをして、ですから

工事自体は来月以降でしょうが

なかなかの規模のリフォームに発展しそうな予感です



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

お水のトラブル110番 ( `ー´)ノ

水難4

何でしょう・・・・・・・

昨日、今日とやたらにお水のトラブルの問い合わせが多いです。





トイレ排水管からの漏水

水難1

水漏れというよりは既に配管が無くなっているという 








屋上ドレンパイプの破損

水難2

屋上から外壁沿いに地上に降りてきているパイプ。

その継手のコーナー部分がばっくり破損しているのがわかります。







給湯管からの漏水

水難3

保温材をみくってみるとピンホール位の穴がありました。







1日でこれだけ水道関連のお問い合わせがあるのも

珍しいですが、何をかくそう明日も午後より1件のお約束。







戸建てのサッシ廻りからの漏水らしいです 







また水難だ・・・・・・





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

コアシートのご紹介

コアシート

ヤヨイ化化学工業「コアシート」のご紹介です



ヤヨイさんっていうとクロス(壁紙)の・・・・・・・

サンゲツや東リとかっていう

壁紙[そのもの]のメーカーさんというよりは

壁紙関連のグッズ(壁紙の接着剤や補修材など)では

業界第一位の知名度のある会社さんですね。




壁紙そのものではないですから、

エンドユーザーのお客様の目に触れる事はないんですが

僕ら業者でヤヨイを知らない人は まあ いないでしょう。




今回ご紹介するコアシートも

お客様にはダイレクトには関係しないというか、

要はクロスを貼る前の下地を補修する材料でして

お客様にこちらからご提案する類のものですね。



新築時には用のない商品なんですが

賃貸住宅など、

入退去の度にクロスを貼り換えるようなお部屋ってありますよね。





それが築十年であれば3回や4回は壁紙を貼り換えている訳ですが

そうすると下地がだんだんと・・・・・・




以前にも話しましたが、壁紙というのは表面の模様部分。

この表装がいわば第一層で

その裏面にはノリを浸透させるための薄紙の裏打ちがされています。

この薄紙が第2層となり、

要はクロスっていうのは1層と2層の2重構造になっているとうわけです。




壁紙を剥がすと・・・・・

コアシート2

わかりますかね?

白い部分がもともとの壁で

指でさしている肌色の部分が 先程言った第2層の裏紙の部分。

表装の第1層はきれいに剥がれるんですが

この裏紙がこのように壁に残ってしまうものなんです。




これを何回も繰り返すと残った裏紙の上に更に裏紙がのり

それが3重・4重になってくることで

どんどん不陸ができて下地の状況が悪くなっていくという理屈です。




1回・1回張り替えるたびに 裏紙もきれいに剥がせばいいんですけど

それをやっているとクロス工事の時間と費用は倍もかかってしまいますし

通例というか、慣習というか そこまではやらないのが一般的なんです。






とは言っても裏紙が積もり積もった下地では

後々の壁紙の浮きや「ふくれ」にもつながり

そこまでいってしまったらオーソドックスには

壁のPB(石膏ボード)を新品に貼り替えるのが普通です。




でも、その分の解体費用・残材処理費と

これもまたコストフルな話になってきますよね。






そんな時に活躍するのが今回のコアシートでして。




要は積もり積もった裏紙の上にシートを貼る事で

下地を一回リセットしようっていう・・・・・・





やや強引な商品です 




これもんの凸凹下地に

コアシート1









コアシートを貼りますと・・・・・・・・・










この通り 

コアシート3





コアシート4

まあ きれい 





ここまで下地がピンピンになれば

この後に貼るクロスもそりゃあ綺麗に貼れます。





っていう商品なんです。





裏紙をガシガシと徹底的に剥がせば

それだけ下地を傷つける事にもつながりますし、

PBを剥がすほどのコストもかからない。



もちろんコアシートだって

いってみりゃ2回クロスを貼るようなもんですから

通常のクロス工事よりは値段も高くつきますが

まあ中間案ってところですかね。




築年数がたって何度も貼り替えを繰り返したような

賃貸住宅の物件などでは、PBの解体とちがって音もでないですし

ぜひおすすめしたい工法ですね。





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします