FC2ブログ

株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 PC表示最上段のメールフォーム「無料相談」から どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

「左官」の由来とは?

左官

「左官」というお仕事 


わが創造社にも、長年お付き合いのある職人さんがおり

過去記事はこちら

左官は創造社の重要な業務の一つなんですが

あまり一般的には耳にしない職業であるかも知れませんね。



一言で言うと何だろう・・・・・・・





う~ん 





土とかコンクリートの材料を

こて

こうしたコテを使って、平らに仕上げる人・・・・・・・かな。





もちろん 曲線や あえて凹凸のある模様に仕上げたりもしますし

全部が全部コテを使うわけでもありませんけど、まあアバウトにいって

そんな人たちです 



それはそうと

ふと思ったんですけど・・・・・





「左官」て何? 




いや、仕事自体はそういう事なんですけど

そうでなくて、そのネーミングの由来って何なんだろう・・・・・と。




僕らは習慣的に「左官(さかん」って言ってますけど

考えてみたら「左」の「官」て・・・・・・・

どこにも仕事内容をあらわす字が入っていないですよね。




つーか、「左」があるなら

もしかして「右」もあったりして・・・・・「右官(うかん)」?

でもそんなのは聞いた事ないですし・・・・・





で、

調べてみました「左官」の由来 



その語源には諸説ありまして・・・・・・

と、いうか諸説がありまくりで

結局のところ どれが本当かわからないらしいんですが

一番シンプルにいいますと。




その歴史は古く、本当に飛鳥時代とか



天皇や貴族が住む宮廷の工事にも出入りをするのが

建築業界の職人さんだった訳です。

もちろん一般ピープルは敷地内に入る事すら許されない宮廷ですから

そこに出入りを許された職人さんというのはある意味 特権階級で

だ、もんで一種の「官位」を授かっていたそうなんですね。


諸説ありますが それが「左官」と呼ばれる官位だったらしい、と。

土壁などを仕上げる職人さん、あが そう呼ばれたのに対して


その当時は大工さんが「右官(うかん」と呼ばれていたそうな。


でも日本語では上下左右って言葉があるように

右より左が立場が上、っていう考え方があり、

それを嫌った大工さん達は「大工」を名乗りだして

「右官」というのは

自然に消滅していった、と・・・・。




だから左官っていうのは その職業や仕事内容を表したものでなく

身分そのものをあらわしたワードなんですって。



それが令和のこのご時世の

今でもそう呼ばれているって言うのも ある意味すごいですけど、ね 




たしかに歴史で習った

「左大臣」とか「右大臣」とか

「左」の方が偉いんでしたよね・・・・



なるほど


それを嫌った大工さんが、ねえ・・・・




いかにも意地っ張り同士の職人さんらしい話です ヽ( ´_`)丿


関連記事
スポンサーサイト



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

火災保険を悪用したリフォーム詐欺?

今、巷では「火災保険リフォーム詐欺」が増えているそうです。

持ち家でも、賃貸でも、みなさん火災保険に入っていると思います。
「火災保険」といっても、火に因る災害のみが、補償の対象ではありません。
契約によって異なりますが、地震や台風、水害、大雪でも保険金が支払われます。

それらの災害に遭えば、保険で修繕ができますが、
保険会社は被害に遭った家を見に来ないし、見に来たとしても
災害に因るものなのか、子どもがボールをぶつけて壊したのか分かりません。

そこに目をつけた悪いリフォーム業者たちが
「火災保険で無料リフォーム」という広告を出して客を集めているという。





ほほお・・・・・



↑ とあるサイトの記事からの抜粋なのですが


ちょうど、先日このブログでもそんな記事を・・・

過去記事 「そのリフォーム 火災保険が使えます」

タイムリーというか、これだと僕ら思いっきり詐欺かましてる感じですよね 





大人気なく反論する、って訳ではないんですけど

まあ見解の相違といいますか・・・・・・

いや、見解というより僕らとは記事のポイントがちがう、って事ですかね。


実際、僕らで行った とあるお客様のお住まいの屋根工事 

この修理に関して、一部の費用が火災保険から補償されたのは本当です。

その事を記事に書きました 


でも、その趣旨は

一般的にあまり知られていない「風災被害」。

すなわち大雨や台風などによる損傷も、契約にはよりますが

一般的には火災保険の適用内なんです、てこと。

何も火事や地震だけが対象ではない、って事をお知らせしたくて書きました。


まさか子供がボールぶつけた破損で保険金もらおうとは思っていません 



保険会社さには

そのために、きちんと どこが大雨で どこが台風による破損と思われるってな

報告書を作って提出しましたし、それでも全部は保険適用として認められませんでした。



だから僕ら的には、保険がらみの工事って

けっこう面倒くさいイメージがあるのも事実で



そんな子供ボールで保険金を騙しとろうとするリフォーム詐欺なんて・・・・・




本当にあるんですかね 




あったとしても、けっこう困難だとは思いますが・・・



保険はお客様と保険会社の契約ですから

そりゃあ僕らも全てに関与するわけではないですけど

僕らの知ってる範囲では思いっきり保険会社さんは

現場に調査に来ますけどね・・・・



工事の査定を保険会社さんから専門に委託されている会社さんと

名刺交換をしたこともあります。



上記の記事のように、まったく現場に調査にも来ないで

お客様からの申請をそのまま信じてくれるような保険会社なんて

本当にあるんでしょうか・・・・



再三ですが、自分もそれを詳細に調査したうえでの事ではなく

あくまでも経験則でこの記事を書いています。


そういった詐欺が実際にあるのかも知れませんし

そうだとすれば撲滅を広く世に啓蒙する事は意義ある事と思います。



とにかく言いたいのは・・・・・・





ちょうど、火災保険がらみの記事 書いたばっかでしたんで




「火災保険 リフォーム詐欺」





そんなワード検索で このブログに辿り着かれたら、困るなあ~、と 







それだけでございます (=^・^=)



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

地元民の隠れ家 ~BAR510~

5101

東京タワーのお膝元、飯倉公園のすぐそばにある・・・・・


「BAR 510



しかし510・・・・・

それは何かの暗号であるのか 



はたまた



ルート510みたいなかっちょいい意味合いであるのか 




と、思いきや 単に店長の名前が後藤(510)だという・・・・





まあ、いわゆるダジャレですね 




本当に、住宅街の一角にポツンとあるバーでして

地元民でも知ってる人は知ってるんですけど

ちょっと他所から来た方だと わからないかも知れません・・・・

看板も小っちゃいのが、ちょこんとあるだけですしね。




かくいう私も全然、その存在は知りませんで

もう何年前・・・・・

独身時代に何となく夜の街を散歩していた時に




ん? 



ってな感じで初めて お店の存在に気づいたんですよね。





ちらっとガラス越しに店内を見ると

5102

お洒落っぽい店でしたけど、

他に客もいないようでしたし、ちょっと入ってみるか、と。




カウンターに陣取って、ちびちび飲んでいたんですけど

店長さん、というかオーナーさんとお話をしてみたら

どうも出身はこのあたりの人、らしく。



通っていた中学校も同じらしく・・・・・・




歳も自分の2つ?下らしく・・・・・・








じゃあ、絶対に一度は会った事あるね、と 




部活はバトミントンだか、テニス部だったとかで

帰宅部だった自分と直接は絡みなかったんですけど、

自分の友達が部活の先輩だったようで

そんな話題で盛り上がったのが始めでしたね。




それからちょくちょく顔出しては

お互い独身だ、っていう話とか地元民の同世代が

けっこう夜な夜なお店に集まってくるみたいで、

そんな話に花を咲かせていました。



自分も結婚してからは足が遠のいて、

なかなか顔出していないんですけど、一度だけ行った時に

後藤君も結婚した、って言ってましたね。

今でいう・・・・・・・


「授かり婚」って言ってたかな 





実家が青果店・・・・・・・でしたかね?

なのでフルーツを使ったカクテルや、

これは本人の趣味だか知らないんですけど

やたらスイーツ的なおつまみが多いんですよ。



辛党の自分でも美味しくいただけるし

フルーツのカクテルは見た目も洒落ていて

全体的に女性のお客さんが多いようでしたね。



本当に最近はご無沙汰なんですけど

また近いうちにお邪魔してみましょう。



一軒目よりは二軒目にぶらっと立ち寄るようなそんなお店です。

早い時間はお客さんも少なくおちついて飲める いいお店です。


後輩だからって言うわけではないんですけど

置いてるお酒も豊富ですし、季節ごとの花を飾ってあったり

本当に素敵なお店だと思います。



ご興味ある方はぜひ一度ご来店ください 
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

門前の小僧習わぬ経を読む・・か

門前

正式に教わらずとも、自然に覚えていく・・・・

「門前の小僧習わぬ経を読む」

なんて諺がありますが、

考えてみると僕ら創造社も似たとこがあるかもしれません。



創造社の前身はもともと鉄工所だった訳なんですけど

溶接の仕事をやってる現場で監督さんから


「内装の仕事もできない?」




とか




内装の仕事をするようになってからお客様から

「知っている植木屋さんいない?」

とか・・・・・




人を紹介するにも間に入る以上は

最低限、その知識を得なければいけませんし

そんな話をいただくごとに一つずつ引き出しを増やしてきて

現在に至るのが創造社であるのかも知れません。



いや本当に。



現場にいると色々とご縁をただくというか、

好むと好まざると覚えなきゃいけない事がでてくるといいますか・・・



IKEAの家具を組み立ててくれ、とか

自転車を修理してくれ、とか・・・・

引きこもりの息子さんに気合いをいれてくれ、というリクエストもありましたね 



それはまあ半分冗談ですけど

食器の梱包を覚えたり、お掃除のスキルも必須ですし

作業の際に配線をはずしたりしますから

ビデオだ、DVDのオーディオ機器にも詳しくなっていったりします。



専門は もちろん建築工事ですけど

そこから派生する枝葉といいますか、

それが本業へ発展していったものもありますし

なるべく毛嫌いせずにトライ&チャレンジはするようにしています。



夫婦喧嘩の仲裁もよくやりましたね 

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

屋外照明の新設

プール照明1

こちら、過去にも幾度となく登場してきましたが

港区の某高級マンション内の屋外プールです。




こちらの全面塗装をしたのは・・・・・・・もう4年前になるんですね。


過去記事はこちらから


いや、いや つい昨日のこと・・・・・・・とまではいいませんが

まだ1,2年前のことのようです 





さて今回

そんなプール内を照らす夜間照明の新設を行いました。

プール照明3

厳密に言えば新設ではなく「交換」ですね。






以前についていたスタンド型の照明が

強風で倒れて故障してしまったのを うけての今回。

プール照明4

電源自体は以前ののものが使えたので、新たに配線をし直し・・・・






今や定番の感もあるLED照明でフィニッシュ 

プール照明5

少ない電力で耐久年数もケタ違いに長いLEDは

本当に偉大な発明ですね・・・・

今、日本で使用されている照明とか 全部LEDになったら

もう日本には 

原発なんぞいらなくなる、とまで一説にはいわれていますもんね。




さて、今回の工事自体は簡単なもので

所要時間・・・・・・・2時間くらいでしたか。

大元の電源を探り当てるのと、そこからけっこうな距離を

ケーブルで引っ張ってくる作業の方が大変でしたね。

照明を据え付けるのは何てことなかったんですけど・・・・





しかし、この記事を書いている5月21日現在。

東京は大雨と強風で すごいですね・・・・・

通行人さんの傘が次々とふっ飛ぶ その絵が ある意味 壮観です 




こういう大雨、強風の明けには修理のご依頼も多いので

今日は色々と「備え」の日ですね。



久しぶりに事務所でまったりとしています 
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

現場を監視?する男

監視

僕ら創造社に 

過去。工事をご依頼くださったお客様なら知っている・・・・




それは 





もれなく

私がず~っと現場に立ち会っているという事です 








それって・・・・・・・当たり前じゃん 




と、思われるかも知れませんが

意外と当たり前ではないんですよね・・・・・




言い換えれば、リフォームの営業マンや監督って

いいとこ朝だけ来て 

す~っと帰っちゃう・・・・というか

たいがい他の現場と掛け持ちでやっていますから

他へまわって、朝から夕方まで同じ現場に立ち会うって

あんまりないんですよ。



しょうがないっちゃ、しょうがないですよね・・・・・




逆に、なぜ創造社の現場監督は朝からずっといるのか?

いや「いれる」のか?


別に特段の秘訣がある訳ではないんですけど

なんというか、昔からの習慣だったといいますか・・・・




以前にもお伝えした通り

創造社は無借金経営で

会社も住まいも家賃もかからぬ自社物件です 

社員は身内だらけの安月給ですし

昔は給料ナシなんぞ日常茶飯事でした 




そんな創造社ですから

なんというか、複数の現場をバタバタまわす、というよりも

一つの現場をゆっくりみっちりやるのが当たり前だったといいますか・・・・


いや、だから同業他社さんには言われますよ。

よく そんなのんびりやってられるね、て 




のんびり、ダラダラってんじゃなくて

せっかく そういう意味では恵まれた環境にいるんですから

これをお客様に還元する、って考えた時・・・・


他にはない強みを打ち出そうって考えた時・・・・・



創造社の人間が絶対に現場に立ち会っているということ。



そりゃあ時には 現場を離れる事もありますけど、

とっかかりにお客様とお話しした人間が

工事中にも現場にいるってことは

それは他社さんには真似できない強みでもあるし

多少なりともお客様も安心できるんじゃないかと思うんですよね。




そうでもないですか? 




だから、たいがい少なくとも私は

うっとおしい位 朝から現場にず~っといます。



あとはまあ性分もあるんですけど・・・・・




自分が見てない隙に何かあるのがすごくイヤといいますか・・・・・・

別にうちの職人さんを信用してない、ってんじゃありませんが

やっぱり何かとあるんですよ、現場って。



一通りの指示と全体の段取りさえ説明すれば

ぶっちゃけ職人さんの作業中って

監督は原則やる事ないんですけど

何かはあるんです。




それは飛び散った埃を掃除するのもそうでしょうし、

職人さんが作業しやすいように、

そこにある荷物を移動する事もそうでしょう。


お客様が現場に顔をだしてくださった時に

質問やご要望をお聞きするっていうのもそうでしょう。



それにやっぱり作業をすすめていくうちに

はじめっからはわからなかった工事の細かい納め方とか

仕上げ方を その場で判断して指示をだすっていうのも

監督の重要な仕事です。



それら全て 現場に張り付いていないと出来ない事なんです。


いい事言っているなあ 今日・・・・・





あとはまあ ぶっちゃけ

そこまで頭のキャパないっていうか・・・・・




他社さんみたいに5個も6個も現場を掛け持ちしていると

絶対に何かやらかしますよ、私 

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

無料アプリ「なぞってリフォーム」

なぞって

なぞってリフォームは、「写真を指でなぞる」という簡単な操作方法で、
リフォーム後の完成イメージをシミュレーションできるiPad用アプリ。
住宅の外観や室内の写真撮影、リフォーム箇所の選択、壁材、床材の張り替え、
ドアの付け替え、ビフォー&アフターの見比べがこのアプリだけで行える。







・・・・・・・・・・・素晴らしい 






しかも 











無料 






いやいや、時代といいますか・・・・

でも実はこの手のソフトって以前からあるんですけどね。




もっと言っちゃえば、

もう20年も前から

こんなのがあればいいなあ、と思っていました。



やっぱりカタログで内装材を選んでもらう、っていうのは

いわば「点」の作業で なかなかお客様も

それがお部屋全体に広がった「面」のイメージ、全体イメージが

わかないとおっしゃる方も多いんです。



脳内でなく

それを画面上で視覚的に見せられたらなあ・・・・・


っていうのは20年も前から思っていましたし、

後にそれが実現化されたソフトもでたんですけど、

これがまたけっこうなお値段がしたんですよ 






とうとう無料アプリでたかあ・・・・








では早速 ダウンロード 









と、思ったら これ・・・・・・・IPadが必要?




んなもん、持ってないんですけど 





でも・・・・・・・



でも

after_09.png

こんな寸法なんぞも書き入れられたり

とっても便利ないい子みたいなのに:・・・・・・









今日のこのブログを・・・・・・・・・・・読んでいますか?





マイハニー 






Ipad買ってください 














というか仕事で使うんだから

社長に言えばいっか・・・・・







見事ゲットのあかつきには

使用レビューをお楽しみに 

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

聖地巡礼・・・・・~ラーメン二郎三田本店~

二郎

わが創造社の・・・・・・

最寄り駅と言えば「麻布十番」なんですけど

住所表示は三田1丁目 


そんな創造社所在地でもある三田地区なんですが

なんでしょうjかね・・・・・





まあ慶応大学があったり



あとはまあ・・・・・・






慶応大学があったり 




東京タワーは東麻布になりますし、

「三田」の名物っていうと、正直あんまり思いつかないですかね・・・・





なんて事を考えていたんですが・・・・・・・・・ありました 





これを忘れていましたね・・・・・・

二郎1

どうぞ召し上がってください 







ジロリアンとよばれる熱狂的な愛好家に愛され、

全国各地に展開するラーメン二郎。

その総本店が三田の慶応大学キャンパスのすぐ横にあるんでした。



といっても・・・・・





ははは・・・・・








私ぶっちゃけ一回も行った事がありません 





ここでラーメン二郎批判をして

ジロリアン達からの大炎上を食らいたいわけではないんですが・・・・・






理由その1 


いや、だっていつも・・・・・・








大行列しているんですもん 

ランチ時に あんなもんに並んでたら昼休み終わっちまいますよ・・・・


かといって

スープ売り切れの15時くらいには終わってしまいますので

ディナーで行く事もままならず・・・・・





理由その2 


いや、なんといってもジロリアン特有の

あの「コール」と呼ばれる独特の注文方法がヤバいですよね・・・・

マシマシだのショウだの意味不明の言語が飛び交う店内に

私ごとき素人が 踏み込んでいいのだろうかという恐怖感があります 



なんて、これは意外と大丈夫らしいと聞くんですがね。




でも、あんまりグズグズしていると常連さんに睨まれるとか

支店によっては怖~い店長さんがいるとか、もう都市伝説なみに

店内の様子の真相がわからないんですよね 




そんなこんなで、どうも敷居が高いといいますが・・・・・






でも

自分が子供のころからあるんでしょうけどね、ラーメン二郎って。

でも正直あんまり印象にないんですよ・・・・

なんだか小さなラーメン屋さんがあるな、ってくらいで。



ジロリアンだ、なんだって言われ始めたのも

ここ10年? 15年くらいなもんなんじゃないですかね。



不思議と地元の友達も行ったことある奴のほうが少ないくらいです。





行った事ある友達に聞くと

もう好きが嫌いか、がハッキリわかれる味・・・・

っていうレビューが多いですね。



いつか・・・・・










いつか 









一人は怖いので友達に連れて行ってもらおうと思っています 
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

リフォームの際の荷物移動

27f3e2a8.jpg

お住まいのリフォーム工事を検討なさる時 


必ずでる あるある話なのが、お部屋内にある家具などの

荷物移動をどう考えるのか?


という点です。




それが新築である場合や、

前のテナントさんが退去して入れ替わる時、

要するにお引越し前であれば荷物はありませんので 

心配ないのですが ご入居中のリフォームである場合は

荷物移動は必ずお打ち合わせをさせていただく点であります 




まあ、その家具なりお荷物が

手でずらして移動できる程度のものであれば

事前に移動のご許可をいただく位なんですが

これが天井まで高さのあるような重量家具の本棚とかだと

そうはいきませんよね・・・・・・



まず中身の本を全部だしていただかないと運搬もできませんし、

その本をきちんと元通りに復旧するために

整然と段ボール詰めするという作業も必要になってきます 




そのあたりが打ち合わせになる訳なんですが・・・・



大原則として、僕らは荷物移動というものはやりません。

お客様のご許可・ご指示の下、手をお貸しする程度の事は

もちろんやらせていただきますが

僕らの責任と管理において移動をしてください、というリクエストは

原則 お断りをするようにしています。



お荷物・家具っていうのはお客様の思い入れなり

それがどれだけ大事なものであるとか、

これはもう僕らには図りえない事ですし 

だから再三になりますが、

お客様のご指示・管理の下で僕らが手を貸すのは構わないんです。




ただ、それを僕ら単独の判断なり価値観で移動して、っていうのは

トラブルになりやすい事を経験上わかっているので

原則 お断わりをさせていただいているんです。



よく言われるのは


創造社さんはリフォーム業者で・・・・・・

しょっちゅう工事をやっているんだから荷物移動はお手のものでしょ?
 


ってやつなんですが、

実はそんな感じで原則お断わりをしているので、全然お手のものではありません 



それにそもそも、そういう荷物移動っていうか、

梱包であったり包装であったり、お荷物をきちんと仕分けする作業っていうのは

やっぱり引っ越し屋さんなりのプロがいらっしゃるように、

それは一つのスキルですよ。


僕らにはそんなノウハウも経験もなければ準備もありません。


どうしてもお願いします、っていう時も正直あるんですが

ノウハウもスキルもない僕らがやるんですから

荷物移動もプロに比べれば作業効率も悪いですし、

ぶっちゃけプロに比べれば運び方だって荒っぽいでしょう。

コスト面もクオリティ面もお客様にとって何のメリットもないんですよ・・・・・・





だから荷物移動に関しては

1、お客様ご自身でお願いする
(ただし管理いただく前提で手はお貸しします)

2、プロの引っ越し業者さんなりに依頼いただく
(業者さんのご紹介はいたします&どの荷物をどこに移動する等の段取りは協力します)



あとは、これが意外とこんなお客様多いんですが・・・・・・









ぶっ壊してもいいからやってくれ 







そう言ってくださるなら、やりますけどね 






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

そのリフォーム、火災保険が使えます。

保険

一般的に・・・・・・特に一戸建てにお住まいの方ですと

みなさん何らかの「火災保険」に加入されている方が多いと思います。



あまり知られておらず、

契約者たるご本人も認識されていない火災保険の補償内容の中に

「風災被害」への補償があります。



「風災」 



まあ、ざっくりいってしまえば

台風などの強風によって屋根の瓦が吹き飛んだ ですとか

集中的なゲリラ豪雨だとか・・・・・・

あと東京では稀ですが 大雪による重みで天窓が破損した、とか・・・・

要するに気象現象に起因するお住まいの破損に対する補償という意味合いですね。



この手の保険だと「火災」っていうのがメインと捉えがちなんでが

大体、オプションの補償としてこうした風災被害の損害も対象となっているんです。


なので、こうしたリフォーム、というか風災被害による修理にかかる費用を

保険金から充当する事も可能です。

もちろん、あくまでも突発的な「風災」による被害が対象で

継続的な風雨による経年劣化などは対象ではありませんが・・・・・



ただ先日も屋根から室内への雨漏り被害の工事をやってきましたが

屋根に上って調査してみると、

屋根

こうした台風による止め金具のハズレ




あるいは

屋根1

抑え板金の変形



これも・・・・・

屋根2

コロニアルの瓦が外れかかっています。




昨年の夏にあった台風以降、雨漏りが発生した、という事実からあわせても

これらが いわゆる「風災」によって生じた破損という可能性は

充分に考えられました。




僕らが対応した工事は

これらの箇所の修理はもちろんなんですが

それにプラスして屋根全体と外壁の防水工事までで

総額は200万近いものでした。




風災被害はあくまでも「修理」までが原則で

防水塗装という事だと、

言い換えれば今よりも資産価値を高める行為という考え方で

それは「修理」という概念を超えた工事であるだとう、と。

よってその部分(防水塗装)は保険の補修対象にはなりません。



ただ総額は200万で、その全額は無理としても

今回の事例でいえば

「修理」部分の工事代金として

4~50万の保険金はおりるのではないか、という事でした。




こうした

屋根3

保険会社さんへの調査報告書を僕らの名前で出し

保険調査員さんの審査を経てでの話ですが

200万円で4~50万の補填ができれば、大分助かりますよね。



そんな印象もたれかも知れませんが、もちろん今回の事例での修理工事。

はっきりいって4~50万もかかりません。

その修理自体にはかからないんですが、その修理を行うための

仮設足場をかけねばなりませんから その費用込みで4~50という話です。



こういった保険、どこの保険会社さんでも20万以下の工事は対象外、というのが

あるんですが 屋根ともなれば大体 仮設足場が必要ですから

その分を加算しての20万~というのは決して嘘なラインではありません。



もし屋根や外壁のメンテナンスをご検討なさる場合、

こうした火災保険を活用してコストの圧縮をはかれるという可能性があるという事。

それは頭にいれていただいておくといいかも知れません。






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

退職代行サービスとは?

退職

いやいや、時代といいますか 



最近、勤め先を退職する手続きを

本人に代わって代行してくれるというサービス、

その名も「退職代行サービス」が人気らしいです・・・・・。




20~30代からの依頼が激増中とのTVニュースがやっていましたが

この10連休で5月病に拍車がかかった感じなんですかね 



しかし退職代行かあ・・・・・


かくいう私も以前サラリーマンをやっていましたから

退職するのに色々とエネルギーを費やすのはわかりますし

その煩わしさを少々の費用で代行してもらえるなら・・・・・・



っていう気持は まあ、わからないでもありません 





じゃあこのサービスを自分が利用するか、っていえば しないでしょうし

代行される勤め先側もいい気はしませんよね、そりゃ 




自分も経験者ですから、その煩わしさというか

退職にはエネルギーが必要だ、というのは本当にわかるんです。

上司、先輩、同僚にまず話をして同意を得ねばなりませんし、

引継ぎの資料だって作らねばなりませんよね。


自分が退職する事で、そのしわ寄せを受ける誰がが出てくるかも知りませんし

それに社会保険だ、なんだのペーパー手続きもなかなかの面倒くささでした・・・。



その煩わしさを考えると、思わず退職を躊躇してしまう程でしたよね。



でも、何というか、今思えばそれはとってもいい経験でしたし

後ろ足で砂かけて辞めるのは簡単ですけど

円満に退社するっていうのは、根回しであったり調整であったり

それに勇気と・・・・・・・・・・・若干、話を盛れるセンスも必要です 



僕個人でいえば今でも以前の会社の人とお付き合いがありますし

思い立ってから3か月くらいかかった退職でしたけど

本当にその3か月間はいい経験になったと思っています。




それを煩わしさ、と呼んでしまえばそれまでですけど・・・・・・・





自分のケジメくらい自分で、っていう理屈もあるでしょう。



自分はそこまで体育会系な事じゃなくて

いい経験になるから、自分でやってみるのもいいんじゃない? 


ってとこですかね。



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

GW営業再開のお知らせ

千晴4

GW明け、本日5月7日より

通常の営業を再開しております。






しかしまあ・・・・・・





10連休は長かったですね 





4/30~5/2の3日間は 仕事だったんで

はじめはせっかくの連休を損した気分だったんですけど

かえってよかったというか・・・・




マジな10連休だとかえって疲れますよね (-_-;)




お休み中は何してた、っていう程の事もないんですが

近場の繁華街とか公園で家族サービスです。



疲れるわ、お金とぶわ、つくづく休みは3連休くらいが

ちょうどいいですね。

学生時代、1か月休んでたなんて いまや信じられないですね・・・・