FC2ブログ

株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 PC表示最上段のメールフォーム「無料相談」から どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

年末年始 営業日

お知らせ

創造社のHPにご訪問頂きありがとうございます。

本年度の営業は本日28まで。

来年は1月7日から通常の営業を開始する予定です。

メールでのお問い合わせをいただいたお客様にも

ご返信は7日以降になりますこと予めご了解いただければ幸いです。



さて・・・・・・



と、いっても31日までデスクワークだ、大掃除だ、って感じで

私個人は出社していますが、

材料メーカーさんも大体、今日でお休みになるんで本格的なご対応は

やっぱり来年になってしまう感じです。

お急ぎのトラブルなど、手持ちの材料で対応できるものは

可能な限り頑張りますが、あわせてその点 予めご了解ください。




皆様方もよいお年を 




また来年も創造社をよろしくお願いいたします。



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

「退去立ち合い」もやってます

退去立ち合い

「退去立ち合い」 


賃貸のマンションなどを退去される際は、

当然 ご契約の最終日に鍵の返却などを行いますが 

それと同時に家主さん(または不動産仲介業者さん)お立合いの下で

お住まいだった部屋の損傷具合をチェックするのが一般的ですよね。


フローリングに傷をつけてしまった、




ドアのシールを剥がしたら塗装ごと剥がれてしまった・・・





ワイルドになると夫婦喧嘩で壁がぼっこぼこ、っていう事例もありますが 




経年劣化による自然損耗や、

生活上やむを得ないっていう部分は除外されますが

明らかに借主様の過失により発生した損傷、というのは

敷金精算時のマイナスとして計算をされますよね。



そんなに頻繁ではないですが、マンションオーナー様からのご依頼で

この「退去立ち合い」に僕らも内装業者として同席させていただく事があります。




なぜに?







「退去立ち合い」っていのは

いわば内装・設備の損傷チェック、って話なんですが

例えば 



この壁紙の損傷は貼り替えではなく、補修で直せるのか?



フローリングのこの一部分だけを貼り替える事は現実的に可能なのか?



等々。


僕ら専門家の意見として、借主様にその場で

ご納得いただく説明をさせていただく、っていうのが役割です。



貸主様も借主様も内装・建築っていう面では

専門家とはいえないわけで、

その2者でこれは直せる、いや無理だ、っていう

バトルを繰り返すのも効率悪いですし

僕らはオブザーバー、アドバイザーっていう役割として

参加するっていう話です。





まあ、借主様にとって僕らは

家主が連れてきた業者っていう先入観もあるでしょうし

家主サイドにたって 必要外の工事まで請求する片棒をかつぐのでは・・・・・・





こやつ 悪徳業者なのでは? 





退去立ち合いのスタート時。

そんな借主様の視線が

痛いほど 肩に食い込むことがあります 





僕らもツライというか・・・・・・

お部屋の損傷を発見すればする程 

借主様のご負担は増えるって話ですからね。

それをご本人の前でチェックするという・・・・・

しかも普段、

お仕事をいただく家主様との板挟み状態での立ち合いです。

ここはもう・・・・・

一切の感情を挟まず、

ただ自動的に判断をするマシーンになるよう徹していますね 




まあこういった賃貸住宅の退去負担っていうのは

例えば東京都が定めたガイドライン(通称 東京ルール)みたいなものもあり

けっこう一般的にも浸透してきていますからね。

過去、借主様と現地で揉めた経験っていうのは一度もありません。

ご質問のWHY?にはご納得いただくよう説明もしますし。




ただ痛いのはアレなんですよね・・・・・




いや、こうやって部屋の中を見てまわるじゃないですか。





ふ~む 





寝室には特に損傷は何もなし・・・・・・・








リビングもキレイだ・・・・・・・・・・・な






さて次に・・・・・









あん?








・・・・・・・・・・・・・・・・ふと感じる違和感









これは・・・・・・











港区

見~っけ 




いや、何かって・・・・・・・・







借主さんが自分で損傷を修理した跡なんです 



傷がついた壁紙を絵の具?で直した跡とか

ホームセンターで買ってきたんですかね・・・・色は近いんですけど

艶も質感も全然ちがうペンキで無理やり塗装された窓枠とか・・・・・・

また最近はホームセンターに穴隠しとか傷隠しとか

その手のグッズが多いんですよね。



ぶっちゃけ普通の人なら気づかないレベルの達人もいらっしゃるんですけど

やっぱり見慣れた僕らだと 何かしらの違和感を感じまして・・・・・













アウトです 




お気持ちはわかるんですけど、逆にまずいやり方で損傷を隠そうとすると

結果的に全部やり替えないと済まなくなるパターンもあって

余計にご負担が増すっていう事もあるんです。





それを発見しかけた 私の背後から









お願い

いのる

気づかないで・・・・・・









みたいな視線がまた痛い時もあります 





余程のもんじゃない限り、全やり替え なんて事にはならないですから

あまり力技で隠そうとするのはお勧めできないですかね・・・・・





借主さんが警戒するのもわかる、というか

実際、家主さんと結託して不当な工事金額を請求する業者も多いと聞きます。

現場で専門家を名乗る人間に

知識のない事をまくしたてられてハンコを迫られたら思わず・・・・・

っていう気持もわかります。




もしそんな場面に遭遇してしまったら

何もその場で結論をださなきゃいけない決まりはないんですから

一度 話を持ち帰って検討させてください、でいいんです。



僕らも逆に借主さんからの そうしたご相談をメールでいただく事もあるんです。





家主さん、借主さん。



どちらの立場からも公平な意見を述べるよう心掛けているので

そんなご相談もお気軽にお問い合わせください。



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします

















Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

残念ですが・・・・お断わりのご連絡

お手紙

創造社の このブログを執筆しはじめて はや・・・・・・7年?

いや、2012年の1月からですから まもなく丸7年てとこですね



・・・・・・・・・・・・・・早いものです 




この7年間、当初予想していたものより

はるかに たくさんのお問い合わせを このブログ経由でいただきました。

いや、本当に・・・・・




今や創造社の売り上げの一翼を担う程のものになってきています。

ありがたいです 



ほとんど日記程度にはじめたブログでしたし

まあ、いいとこ

1年に1回ひやかしのお電話くれる物好きがいたら笑うな 

って そん位に思っていました 




今は・・・・・・・そうですね・・・・・・・

波もありますけど大体、平均して週に一件ほどは 

何かしらのお問い合わせをこのブログ経由からいただきます。

全部が全部 即お仕事につながってます、って訳ではないですし、

少ない時期もあれば多い時期もあります。



僕ら創造社にご興味をもってくれた上でのご連絡ですから

成約率、っていう意味では高いのだと思いますが

ぶっちゃけ全部が全部の100%って訳じゃありません。

集計した事はないですけど、感覚で・・・・・・7,8割くらいじゃないですかね。




このブログ経由でご連絡をいただいて、

お客様とお会いして、現場を確認して、御見積もりをだして・・・・・

それでも残念ながらお仕事に至らない事だって たくさんあります。



お断わりのご連絡はメールだったり、お電話だったり・・・・

ぶっちゃけそのままフェードアウトっていうパターンもあります。

それはもうしょうがないですよね。



別に怒りはしませんし、せっかくのご縁でまた次回につながれば、っていうのも

ありますからフェードアウトは正直せつないんですけどね・・・・・





でも中にはお手紙でご丁寧なお断わりをくださるお客様もいらっしゃいます。

今年の夏ごろ お問い合わせいただいて 

お打ち合わせの上、カタログをお渡しして

ご検討をいただいていたお客様がいらっしゃったんです。



その後、ご連絡がないので

どうしたのかなあ・・・・・・・とは思っていたんですが

僕らもしつこく電話したりはしませんし

正直 忘れかけていたくらいでした。




2か月後くらいでしたかね・・・・・




今回の仕事がまとまらなかった理由と

お手間をとらせました、っていう直筆のお手紙が事務所に届いたのは。

びっくりしたのは お渡ししていたカタログも一式 

段ボールでご郵送をしてくさったんです 



いやいや、お仕事断られて なお清々しい気持ちになりましたね。



お客様にはお客様のご都合があります。

お仕事が成約するに超したことは そりゃあ ありませんけど

そうでないなら、そうでないで全然いいんです。




前述しましたけど、せっかくのご縁ですから

またいつか何かある時にまで つながりをいただけるような・・・・・

強制はしませんが、そんな断られ方が理想です 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします




Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

もうお爺ちゃんかあ・・・・~東京タワー60周年~

KIMG1392.jpg

言わずと知れた東京のシンボル「東京タワー」 


ちょくちょくニュースにもなりますけど

何かのイベントや節目のたび、夜間のライトアップが変わるんです。






これが

東京タワー2

通常パターン。

毎晩、見ている これがまあ お馴染みのライトアップになるんですが・・・・・







世界エイズデーの日

東京タワー4

エイズデーの象徴アイテムであるピンクリボンをライトアップしたものです。





そして

東京タワー5

クリスマスバージョン。

ダイヤモンドのヴェールをまとった・・・・・・っていうテーマだそうです。





このあたりは もう地元民としてもお馴染みというか

毎年 目にするので まあいいんですが





ある日いきなり

東京タワー3

スマステーション最終回 記念バージョン 



スマップ解散にともなって最終回となった

香取君MCのスマステーション色のライトアップになった事もあります・・・・





遊び心あるというか。誰に迷惑をかけてる訳じゃないから

別にいいんですけど、

こちとら見慣れた あれだけ巨大なものの色が

ふと見上げると全然ちがう、って話で 

危うくハンドル切りそこねそうな時は ままあります 





そんな東京タワー

東京タワー

この12月23日で 建立60周年になるそうで

赤いちゃんちゃんこを模したライトアップが行われていました。

地元民に何の予告がある訳ではないんで

ハンドルは大丈夫でしたけど、思わず2度見でしたね・・・・・





しかし60年かあ・・・・





建立の時、工事現場に毎日のようにお蕎麦を出前してたって蕎麦屋さんがあります。

まだ若い出前持ちだった青年も のちお店を任され 今はもう隠居されています。

同級生のお店なんで お店の親父さんから そんな当時の話を聞いた事ありますね。





スカイツリー出現のt時は、これでもうお役御免の解体か?

なんて地元でも噂になった東京タワーですけど、

内部もライトアップも 遊び心あるイメージチェンジが成功して

むしろ以前より活気がある気がします。

アニメ「ワンピース」のテーマパークがあったりするんですね、今。





僕らにとって小さな頃からの遊び場でもあった東京タワーも

そうかあ・・・・・・・

もうお爺ちゃんなんですね。


寂しいような、老いてなお盛んな姿を頼もしく思うというか

いつまでも地元を照らす光であってほしいもんです 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

ブログランキングの移り変わり

ランキング

画面右の中段あたりにあるバナー 

自分がこのブログランキングに参加するようになって・・・・・・・



はや5年位ですかね。




ブログ自体はもうちょっと長いですけど、初期の頃は参加をしてなかったので

年数的にはそんなもんだと思います。



ちなみに創造社さんは、なぜランキングに参加を? 🎤



と聞かれれば・・・・・・・・まあ・・・・・・・・なんだろ・・・・・








そりゃあ・・・・










アクセス数アップのためでしょ  









何かそんな効果もあるっていうのを どこかで見たんで

あまり深い思慮はなかったんですけど・・・・・

でもやっぱり色々な意味でよかった、と思っています。



自分がこのブログを書き始めた時は 特に他人様を参考にしたってのは

なかったんですけど、やっぱりこうしてランキングに参加して

同業他社さんらのブログに目を通すようになりましたし、

その中で学ばせてもらって事も多いのだと思います。

記事を参考にさせてもらう事もあります。




いや、もろパクリじゃないですよ 




さわり、というかテーマの視点を変えて流用というか・・・・・






まあ、パクってますかね 







いや、本当にパクッてるというか、同業の自分から見ても

面白い記事を書かれているブログもありますし

参考にさせてもらっているのは事実です。

2,3社そんな同業さんのブログみていましたね。





でもこのランキングも移り変わりが激しいですね・・・・・




ランキングに参加はしていますが、

正直そんなに順位にどだわっている、てのはないんで

時々右目でちらっと くらいなもんなんですけど

ふと気づくと5年前に10位圏内の常連だったブログも

もう半分くらいは入れ替わっていますね。



もう更新をされていないブログになっていたり、

ブログそのものがなくなっている他社さんもいらっしゃいます 



ブログは変わらずにあっても 

ランキングが新たな新規参入者さんに取って代わられたパターンも 

くわばら、くわばら・・・・




面白い記事を書けるか、っていうより

継続して更新ができるか、っていう部分が本当に大きいと思います・・・・



幸いというか、なんというか、このブログも今のところ

PVアクセスのランキングでは上位をキープさせてもらっているようですが

書くネタがなくなったら それまで、って事ですね 




いいブログは専門性7、人間性3と聞いたことがあります。

プロならではの知識・実績を紹介するのを7、

書く人間の人となりがわかるような記事を3と・・・・・



それを知識としては知っていますが

このブログがそうなっているか、と言われればそれは甚だ疑問です 

専門性4に人間性6くらいな感じしますね・・・・・・




まあ、それはそれで見てくださっている方がいらっしゃるなら いいかなあ・・・・・と。




下手な鉄砲もなんとやら。

100記事あるうち、いい記事がまあ・・・・・・・




3つくらいあればいいんじゃないですかね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

分離発注のメリット・デメリット

puffer.jpeg

最近・・・・・・・

に始まった事ではないですけど

リフォーム業界の同業他社さんのHPなどをみるにつけ

いわゆる「分離発注」のメリットを声高に謳ってらっしゃる会社が非常に多いですね 



簡単にいえばリフォームの仕事というのは

お客様がいて 僕らのようなリフォーム会社があり、

実際の作業を請け負う職人さんがいます。

「自社施工」をうたう僕ら創造社にしても、やはりどうしても専門的な部分なんかは

下請けさんに協力願う事もあるわけで、



お客様 → リフォーム会社 → 職人さん、


っていう3段システムを一部ながら採用しているといえます。





例えばマンションのちょっとしたリフォーム工事などにおいて

それが塗装屋さん、クロス屋さん、カーペット屋さんに水回りの水道屋さん。

それに大工さんが必要であるとした工事の場合、

通常でしたら僕らリフォーム会社が窓口となって各職の手配をするわけですが

簡単にいえば「分離発注」というのは、

僕らでなく、お客様がご自身で各職の手配をする。という意味合いです。


僕らリフォーム会社を経由する分のマージンが省けるわけで・・・・・・・



「分離発注」は とってもお得ですよ 




不思議なのは なぜかリフォーム会社さんが

この「分離発注」を声高に謳っている事なんですよね 


以前にも書きましたが、

建築業種全ての作業を自社の社員でまかなうようなリフォーム会社なんてありません。

僕らがそうなように その程度の差はあれ下請け業者さんにお願いする部分は

どのリフォーム会社さんも絶対にあるはずだと思います。

それをあたかも全て自社でやるから、うちは「分離発注」です、みたいな・・・・・






嘘はあきません、ってのもあるんですけど

そういう意味では もっとプライドもってほしいなあ、ってのもありますかね。



僕らリフォーム会社がお客様と職人さんの中間にはいってマージンを

いただくこと、それ自体は本当の事です。

コスト面だけを考えるのであれば、分離発注にメリットがあるのも事実でしょう。



でも僕らだって 別に何にもしないで、

右から左で不当なお金をかすめてる訳じゃありませんし

僕らリフォーム会社にだって いただくマージンに見合う・・・・・・・・





ナイスな存在意義があるんです 






そう もっと胸をはりたいですよ。




何も世の同業他社さんらも

そんなに自分らの存在を卑下するような言い方せんでも・・・・・・とは思いますね。



小さなリフォーム工事・・・・・・

例えばトイレの便器を交換して、

クロスと床材を貼りなおすだけのトイレリフォームがあったとしましょう。



それだけのリフォームだって 僕らは各メーカーの最新カタログをご用意して

ご予算にみあった提案をお客様にさせていただきます。

新しくする便器が今のままで適合しているか、どうかを調べ

便器の交換に1時間、クロスで3時間、床で2時間・・・・・・

これならば1日で終わる、2日はかかる、といった工程の判断をして

各職さんをその日時にそって手配します。

いい加減な作業とならないよう工事中の監理をおこない

その後のアフターメンテナンスにも もちろん責任を背負います。

最終的な清掃作業は僕らの仕事になりますし、

コーキングの打ち替えが必要であれば自分でやるでしょう。

それでいてお客様から代金をいただき、各職さんに支払いの義務もまた当然のこと。




それくらいの事 自分で出来るよ 







いえいえ、僕らじゃなきゃ絶対にできない・・・・・・・



正直、そこまで言う気もありません




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・本当は言いたいですけど 





ある程度工事の心得と経験があって

最短の工期などにこだわらず

日中など自由に動けるお客さまであれば 困難ではあれど

不可能ではないかも知れません。

ご自分で僕らの代わりは可能かもしれません。



でも そんな意味もあるって事じゃないですか。



僕らはお客様に代わってやるんです。

日中お仕事や家事でで忙しいお客様の「時間」を僕らは売っている、

そんな意味もあるのかも知れません







僕らリフォーム会社は不要無用の存在であるのか? 









分離発注のススメは 自分でそう言ってるようなもんですよね 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします





















Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

麻布十番に残る昭和の灯 ~大衆居酒屋 あべちゃん~

あべちゃん

地元ご紹介シリーズの第2弾 

今回は「あべちゃん」に触れてみようかと思います。


有名ですよね・・・・・・



自分が人に 僕って地元が麻布十番近辺なんですよ、って話をした時

相手からでてくるキーワードって たいがい

たい焼き屋の浪花屋さんか、この「あべちゃん」か、ってとこです。

このお店 有名ですけど、知ってますか?・・・・・・てよく言われますね。



浪花屋さんも いずれご紹介したいですけど

この「あべちゃん」に関していえば、知ってるも何も・・・・・



店先でじゅーじゅー焼き鳥を焼いているご主人 




あのむさくるしい坊主頭は実は自分の同級生だったりします。

今は2号店のほうの店長やってるんでしたかね・・・・・・

たしかお兄さんと2人3脚、本店と共に切り盛りして頑張っているんだと思います。



以前はお父さんがいましたけど、今は引退されて

なんかヨットレースに出場しているとか、とにかくまあ元気な親父さんです。




なかなか同級生のお店っていうのも、照れくさいというか

気を使っちゃうかというか、地元でありながら 

今までそんなに頻繁にお店には行かなかったんですけど、

最近はクラス会の2次会でベロベロ状態でなだれこむなど・・・・・・

特に2号店の方には ちょくちょく友達と迷惑をかけに行っています 




「あべちゃん」というと本来は「焼きトン」の、特にモツ系の串が有名でしたけど

今は鳥もだされていて、そちらもまた美味しいですんよね・・・・。



自分がいつも頼むのは この もつ煮込み。

あべちゃん2

串そっちのけで こればっか食べています 

濃厚で どこかクリーミーなこの一品。



個人的に非常~におすすめです 




創業はもう昭和一ケタの頃でしょうから、80年にもなろうかという「あべちゃん」。

地下鉄の開通以来、すっかりオシャレに様変わりした麻布十番にあって

今も変わらず 昭和レトロ」な雰囲気を残す貴重なお店です。


いつかふざけて 現代風のオサレな感じにリフォームしようよ、なんて

言いましたけど 昔ながらのファンも多いこのお店ですから

これはこれでいつまでも続いてほしいですね。



もう自分の同級生の代で3代目になるとか・・・・・



この「あべちゃん」だけでなく、麻布十番商店街には同級生が

今は切り盛りしているお店がたくさんあるんです。

これからちょくちょくそんなお店もご紹介していければと思います。



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします




Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

クローゼット 照明交換

照明1

現在、室内の壁紙(クロス)、カーペット、そして建具扉の塗事など

内装のリフォーム工事 絶賛施工中のマンション 


一部屋100㎡はあろうかというマンションで、間取りは・・・・



3LDKになりますか。


この基本タイプの部屋が100部屋近くもあろうかという

巨大タワーマンション一室のお仕事です。



寝室が3つあるんですが、各々に ↑ のようなクローゼットがあるんです。

艶のあるメラミン製の扉は重厚感かつ白で統一され・・・・・・・

大きさもさすがに立派です 




なんですが・・・・・

照明2

照明がちょっぴりだけレトロです 




築はもう40年以上になるマンションで、

一度、僕らも参加して水回りなどの全面リフォームを全館しているのですが

クロゼットの「内部」ってのが盲点で手付かずでして・・・




人気のある物件で 現在は入居中のお部屋ばかりなのもあり

今 テナント様のご退去にあわせて随時このクローゼット照明の交換を

一部屋ずつ行っています。




現在の裸電球からダウンライトに変えるっていうだけの

プチな工事ですけど

照明3

球切れの心配もないLEDに交換していきます。





天井埋め込み型のダウンライトに交換する事で

照明4

わずかばかりですが収納スペースも広がりますし、

LEDですから内部に熱がこもらないっていう利点もあります。



センサー付きの器具にして 扉を開けるとパッと自動的に電気がつく・・・・

っていう案もあったんですけど、

後付けでそれをやろうとすると誤作動もある、というか

扉開けずに付近を通っただけでもセンサーが感知してしまうんですよ 

なのでスイッチ式のもので統一をしています。






こんなちょっとしたプチリフォームでも・・・・・・

ご興味あるお客様いらっしゃいましたら ぜひお気軽にお問い合わせください 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

幼少期の思い出 ~三田国際ビル~

KIMG1370.jpg

わが創造社がございます・・・・・・


東京都港区は三田 



一般的なシンボルというと もちろん東京タワーって事になるんですけど

地元で何気に有名なのが この「三田国際ビルディング」です。

三田通りに面した済生会病院の隣りといったら見覚えのある方もいらっしゃるかと思います。





・・・・・・・・・・・多分 




別にアミューズメント施設でもなければ、中にゲームセンターがある訳でもない

賃貸オフィスビルですから、あまり目jに入っていない方もいらっしゃるでしょうけど

長く地元にいる者だと 何といいますか・・・・・


当時からインパクトが強烈だった、て言うんですかねえ。



昭和50年からあるビルで、当時としては外観もすごく未来志向な感じがしましたし、

あの頃 地上26階建てなんて そんなに他にはなかったんじゃないかなあ・・・・



たしか三菱地所さんの管理で 

すごくメンテナンスやリフォームにも気を使われているようで

築50年もなろうかという今でも あんまり外観に時代を感じさせません。

デザインもいいですよね 




敷地内には

KIMG1371.jpg

ちょっとしたミニ公園が2つあり、地元のママさんたちの憩い場にもなっています。

前述の通り、済生会病院の敷地に隣接している公園で

私も小学生の時に

2週間ばかし入院した事があるんですが、病室の窓から公園が見えるんですよ。

同世代の子らが元気に遊んでいて・・・・・



たまの外出にこの公園に出れるのが嬉しかったもんです 




あと三田国際ビルはビルのまわりぐるりが開放地となっていまして

KIMG1372.jpg

朝から夕方まで自由にこのスペースを利用できるんです。

子供の頃 兄貴たちと よく勝手にラジコンレースを開催したりしましたね 


そう考えると 

今はラジコン販売をを生業としている兄貴の会社「kimihiko-yano net」の原点ともいえる

場所であるのかも知れません。



大人になってからは

うちの一人娘の遊び場としてもよく利用させてもらっていますし

数年前のクラス会の時、田町で飲んだ帰り道に敷地内の芝生で

朝までひっくり返っていた事もありました 



子供の頃は それこそ26階建てなんて もうバベルの塔くらい高くみえましたけど

今時そんな高層ってわけでもないですよね。

でも何ですかねえ・・・・


子供の頃のイメージもあってか、今でも

近所にある・・・・・・「思い出のつまった巨大ビル」


そんな印象のあるビルなんです。



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

下請け業者さんの高齢化

yjimage.jpg

いやはや、あっという間に年の瀬ですね。

歳を重ねるたびに早いものだ、と感じますが

こういうのって・・・・・





光陰矢の如し 

とでも いうのでしょうか

本当に早いものです・・・・・



今年は日々の業務もおかげ様で ぼちぼちやってきましたが

タイトルにもある通り下請け業者さんの廃業、世代交代が相次いだ一年でもありました。



このあたりは本当にジレンマでもあるのですが




僕らこと 創造社 


基本的には自分で営業をして、自分で作業をします。


名ばかりの「自社施工」を謳う業者さんが多い昨今で

ガチ自社施工を貫いているのが わが創造社の基本姿勢なわけなんですが・・・・・




設計、デザイン、解体、土木、大工工事に電気工事。

水道工事もあれば外装のエクステリア工事、塗装・壁紙なんかの内装仕上げ工事、

鉄骨の溶接工事に防水工事・・・・・・

一口に「建築・リフォーム」といっても これだけの種類があり、

さすがの僕らも そのすべてを自社でまかなえる訳ではありません 





というか そんなスーパーな会社はこの世に存在しません 





自分らでやれるスキルがあったとしても 短期間でスピーディーにやらねばならない場合、

僕らだけでは手に余るほどの大規模であった場合 当然 長年お付き合いのある

下請け業者さんの協力を仰ぐことになる訳なんですが・・・・・



このへんが「自社施工」のジレンマって話で

下請け業者さんにご協力を仰ぐことはあっても、基本は自分らで作業をやっていますから

100% 仕事を下請けさんに丸投げている業者さんにくらべて

どうしても下請けさんと接する機会は少ない訳です、私ら。


下手をすると・・・・・・・





数年間、その下請け業者んとお会いしないようなこともあります  





そうなると なかなか情報がはいってこない、っていう面もあって

先日も長年 懇意にしていた

鉄骨関係の下請け業者さんとコンタクトがとれない事がありました。



ようやくお話はできたのですが、

社長さんもご高齢で 跡継ぎの息子さんはいらっしゃるのですが

今はもう以前とはちがった業態でやっているらしく

どちらかというと設計をメインにやる感じにシフトしているとの事でした。

僕らが頼りたいのは「作業」という点ですし、これだと折り合わないって話でありまして・・・



なかなか難しい問題ですよね。



あまり「自社施工」オンリーにこだわれば、

下請け業者さんとのコミュニケーションっていう意味では支障がでてくるし

でもその基本姿勢こそが創造社であるわけで・・・・



今は本当に下請け業者さんの変動が大きいです。



高齢化もそうですし、後継者問題、

そもそも商売そのものが成り立たなくなってきている業者さんも多く

港区近辺で 僕らのようにそれなりの作業場をもっていて 自社施工をしているっていう

業者さんは本当に少なくなりました。

昔はご近所にもそんな業者さんが いっぱいいたんですけどねえ・・・



誰がいったか商売って

「最初に始めた人」






「最後まで生き残ったもの」





が勝つ、と・・・・・・・





全然、勝ち組になってきている実感もないですけど

お仕事がある限り 港区 三田で地域密着 町の工事屋さんとして・・・・




最後までしぶとく生き残ってやりたいもんです。




不死鳥・・・・・・・





いや






ゴッキーのごとく 






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックすると全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします