FC2ブログ

株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

板目?柾目? 木材も色々あります。

板目1

古来、日本において 


まあ日本だけに限った話ではありませんが、

とにかく かつて建築と言えばいわゆる「木材」を用いるのが主流でした。



和風建築、木造住宅、宗教建築・・・・・



枚挙に暇はありませんが、

老若男女問わず、特に日本人であれば誰でも「木」には何かしらの思い入れって

ありますよね。



近代ではコンクリートやスチールに

構造物としての主役をとって変わられた感はありますが

それでも「仕上材」としては いまだ人気の高いのが木材です 



でも、なかなか檜の大黒柱!なんていうのも近年ではお目にかかる事は少ないですね。

やっぱり本物の無垢の国産木材っていうのは現在では(木種によっては)希少価値も

ありますので お値段もそれなりです。

以前はベトナムやカンボジアルートで少しは安く仕入れられるなんて話も聞きましたが

今はそれも昔のようです。



まあ、その代わりに、と言ってしまえば何なんですが

板目2

このブログでもよくご紹介する「塩ビシート」はなかなか面白い材料なんですよ。

一番メジャーどころの「ダイノックシート」から、業界最大手サンゲツさんのだす「リアテック」。

「ベルビアン」、「パロア」と各メーカーさんがそれぞれの商品を独自に販売しています。




各メーカさんのカタログをみても

板目3

ラインナップの「柄」としては木目が圧倒的に多いです。

それだけ人気がある、ともいえるんでしょうが

こう種類があるとですね・・・・・・・・








選ぶのも大変なんです 





種類だけでいっても、タモ、サクラ、カリン、オーク、ウオールナット、アッシュから・・・・・

ピーラー、ヒノキ、杉、マホガニー、と もう数え切れない程ありますし

その中でも濃い目の色、白っぽいもの、赤みがかったもの・・・・・・




おまけに木目にまでこだわっっちゃってくれてるんで

板目

上述したものから さらに「柾目」、「板目」、「板柾」のバリエーションまで。

板目、柾目っていうのは木の種類ではなく、木材を切り出すときに

どうノコギリをいれたかで変わってくる表面模様の事ですね。





自分は いわゆる家を一件、一件建てるような工務店さんではないので

そんなに木の無垢材を扱う、っていうのは少ないです。




でも こういうシートのカタログなんかを見ているうちに

木材の表装には詳しくなりました 




これも門前の小僧、なんとやら・・・・・・っていうんですかね。



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。






関連記事
スポンサーサイト
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

時を超えよ 羽目板 (''◇'')ゞ

車寄せ

車寄せ 


あまり聞きなれないかも知れませんが、

ホテルや大型マンションなどの正面エントランスにある・・・・・・


まあ屋根ですかね 



車をその屋根の下に寄せて降りれば

雨に塗れずにそのままエントランスに入れる、っていう

言われてみれば誰でも1度は利用した事のあるものだと思います。



今回ご相談をうけているのが、この車寄せの修理に関してなんですが

いやいや・・・・・・





難航をしております 






↑の写真はイメージなんですが、まあ実際の現場も似たような状況です。

先日、この車寄せの下を通行しようとした大型トラックさん。

後部に大きな貨物を積んだトラックだったらしいんですがねえ・・・・・・・







・・・・・・ガリ





ん?









ガリ……ガリ・・・・・






んん~?









ふん (アクセルを踏み込む)










ガリッ・・・・・・ガリガリガリガリガリ! 











・・・・・・・・・ 









結果 見事 車寄せ屋根にトラック荷台が当たり、

そりゃもう傷だらけだわ、照明器具もぶっ壊れるわで・・・・・・・

かく僕らに修理のご依頼とあいなった訳です。


実際は途中で当たったのがわかって停車したらしいんですけど

もう どハマりで前にもすすめず、後ろにも下がれず・・・・・

最終的にタイヤの空気を抜いて 高さを低くして何とか脱出したらしいです 





さて、さて。


この傷らだけのボコボコ屋根を修理しようって話なんですが

木目の天井ですから塗装で傷跡を消そうとパテをやると、

そこだけ木目が消えてしまって余計に傷が目立ちます。



んじゃまあ、天井板ごと貼り替えましょう、って話なんですけど

これがまたやっかいでして・・・・・・、



要はこういう外部の屋根に用いれるような木の羽目板って

平成30年現在では既製品があんまりないんです。


現場は築40年にもなろうかというビルなんですが、

新築当初は存在していた材料が今ではない、という・・・・・


ここ20年位で、こういう部位に用いるのは不燃材のスパンドレルなどが主流で

その事が更に拍車をかけて捜索を困難にしているんです。



外部ですから 当然 風雨にさらされての温暖差、湿気の影響もうける場所。


こんなところに まともに何の考えなしに

木を貼った日にゃ木が暴れだして変形がはじまり

3年以内には地獄絵図でしょう 




そうした変形を防ぐのに古来よりの知恵である「実加工」。

車寄せ3

こうして板と板同士を組み合わせができるような加工をすることで

全体的な強度をだして変形に対応するっていう手があります。



それを左右だけでなく上下左右におこなうのがベター

車寄せ2

4方の本実加工ってやつです。




ここまでやれば寒暖差などによる木の収縮、変形にも強いんですけど

現場の現状貼ってある羽目板は それに加えて節のないいわゆる「柾目」模様です。

それに塗装が施している仕上げなんですが、



要は4方の本実加工がしてあって、キレイな柾目模様であり

塗装する以上、松とかヤニの少ない・・・・・・・ラワン材などで出来ていて無塗装である。

で、一枚の寸法が長さ3m以上とかなんですよ。



こんなもんが都合よく既製品である訳ないんですよね 





なんで既製品ではなく、材木屋さん・・・・・というか木工所さんに頼んで

オーダーメイドで一枚、一枚 加工込みの板を特注するしかない、のが結論でして

現在、返事待ちですけど やっぱり1枚つくるのに7,8千円にはなるでしょうね・・・・。

それを100枚近く使おうって話ですから 工事費いれたら100万越えは必至な状況。



トラック運転手さんも悪意があっての事故ではないでしょうし、

ビルオーナーさん、保険屋さんのご意向も絡んではくるので

本格的な話はこれからになりますが、ややこしい話にはなりそうですね・・・・





また顛末はいずれの記事でご紹介したいと思います。



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

渋谷区 施設 建具板金工事

板金1

こちら 渋谷区にあります とある商業施設・・・・・・

1Fに食料品などを扱う大型スーパー様がご入居しているビルでして

写真はそのバックヤードの廊下になります。


自分もちょくちょく仕事でお邪魔するので知っているんですが

こちらのバックヤード。





朝の営業時間前、そして夜の終了時間以降は人が少ないどころか・・・・・・・・








さながら戦場です 

板金5

写真はイメージですけど、

本当にこれもんの勢いで商品の入荷、入れ替え、試供品の準備。



その度に業者さんや店員さんが 所せましと熱く台車のF!グランプリでして

ある意味、

素人では5秒滞在することするら危険です 






高級スーパーさんで店内は「華やか」に尽きますけど・・・・

その一歩裏のバックヤードでは本当に戦場さながらの地獄絵図が

連日展開されているのです 




大変なお仕事ですね。





そんな台車グランプリが連日のように開催される場所ですので

壁や扉・枠にもゴンゴンいっておりまして もうボッコボコす 




今度ビルに別の新規テナント様もご入居されるとの事で

こちらのバックヤードの内装工事をしてまいりました、



まずは塗装の下塗りからですけど

板金2

いやいや、兵どもが夢の跡・・・・とは誰の句でしたか、

連日の戦闘の激しさを物語るかのような痛み具合でした 





あとはエブリデーゴンゴンだと、どれだけ塗装したってまた傷つきますから

板金3

特に台車の特攻が激しい扉には

板金4

このように表面にステンレスで保護をする作戦に。





都合 建具8枚にステンレスブロックしてきまして

これならそうそう傷はつかないでしょう。






今回の仕事。

夜間工事で終わらせた翌朝にあらためて現場に行ったんですけど・・・・・







やっぱりグランプリ真っ最中でしたね 





根性見せて・・・・












頑張ってくれ ステンレス 





アクセスありがとうございます。





↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。