株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

「死」と隣り合わせの仕事

事故

「渋谷区宇田川町のビルの外側約3メートルの高さから
電動ドライバーが落下し、付近を歩いていた40代女性の頭に当たった。
女性は頭部骨折などの重傷を負ったが、命に別条はないという。

警視庁渋谷署によると、ビルでは60代の男性作業員らが
外壁に看板の取り付け作業中だった。
重さ約1・5キロの電動ドライバーが何らかの原因で落下したという。

同署は業務上過失致傷容疑の適用も視野に、詳しい事故原因を調べている」




先週のニュースでしたが、被害にあわれた方を思うと本当に痛ましく・・・・

僕らが日々おこなっている建築現場での作業、

その危険性、安全管理の重要性を改めて考えさせられる事故でした 



詳細はわかりませんが、ビルの外壁で高さ3メートルっていう事は

脚立での作業ではなく 

いわゆる単管足場の上からの落下、という事だとは思いますが

それにしても・・・・・

この工事を取り仕切っていた元請け会社さんの安全管理意識の低さには

首をかしげざるを得ません。



単管足場を設置しているという事は、

通常 道路使用許可を申請しているはずですし 

その許可上 真下に歩行者が通行しないような安全帯を確保して

歩行者を安全に誘導する誘導員を常設せねばならぬはず。


また高所作業の際には 道具に腰からワイヤーをつけて

万一の落下にも備えるのが通常のはずです。


詳細はわかりませんが、そのどちらかが疎かであったのか

あるいは いずれの管理体制をも怠っていたのか・・・・・

いずれにせよ、死亡事故には至らなかったのが不幸中の幸いとはいえ

被害にあわれた方を思えば

決してあってはならない事故であったのだと思います。



しかし、つくづく考えさせれますね・・・・・



語弊を恐れずに言うのであれば、

今回の事って・・・・・ただ単に道具を落としただけなんです。



授業中に鉛筆を机から落とす事、かがんだ拍子に携帯電話を道に落とすって事。



そんな経験は誰にでもある事なんだと思います。

でも僕らの仕事って言うのは、そのケアレスミスが時に

人命を奪いかねない死亡事故につながる怖さがあるって事なんです


自分らだって、外壁に看板を設置するような作業って・・・・・よくやります。

そんな時に もし少し意識がゆるんでいれば

今回の事件の当事者は自分だったかも知れません。



もしかすれば不幸中の幸いもおきず、人を殺していたのかもしれない・・・・・・



そう考えると 本当に建築現場の安全管理の徹底っていうのは

大切な事なのだと認識させられます。




生業としている人間ですから・・・・・・わかります。

ルーティンのように続けていると、

心のどこかで「大丈夫だろう」とか「そんな事故がおきるはずがない」とか

今更 時間もないし、気を付けていれば大丈夫・・・・・・とか。

どうしたって「緩み」の気持ちがでてくるものですよ。


でも こと安全に関する事だけは そういう邪念ていうか

うまく言えませんけど

「面倒くさい」っていう緩みとは別次元のものと考えるようにしています。



面倒くさい、とか予算や時間がないとか、そんな問題じゃないんです。

「やらねばならない事」で「怠ってはいけない事」なんです、

どんな理由もそれを怠る理由にはならない、っていうか・・・・・



選択の余地なんかないんです。

だから徹底するんです。



自分らの場合ではありますけど そこまで意識を追い込んでおかないと、

今回のような事故につながるんじゃないかなあ、と思います。



改めて建築現場の作業っていうのは

他人も自分の命も 時に脅かしかねない危険な仕事なんだって思いました。



まだまだ死にたくもありませんし、もちろん殺したくもありません。


選択の余地なんかなく、今後もより一層 安全管理の意識を高めて

周囲にもそれを徹底していきたいと思う。


本当に改めてそう考えさせられる 痛ましいニュースでした。




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

リフォームをご決断する理由とは?

動機

↑ ちょっと古く平成23年度のデーターなんですが、

国土交通省が実施したリフォーム工事に関する調査のうち

「リフォームの動機」のアンケート結果です。



まあ・・・・・・

概ね僕らの経験則と照らし合わせても、矛盾のない集計結果かと思います。

こんな感じの割合でしょうね 




↑にある動機。

大体、10通りのお答えなんですが 大きく分別すれば動機は3つかと思います。



○ 自宅が傷んだり汚れたりしていた
○ 家を長持ちさせるため


これは言い換えればお住まいの「老朽化」っていう事ですよね。

確かに僕ら創造社にリフォームをご依頼いただく中でも

最も多いものと思います。

経年の痛みっていうのもそうですが、昨日、壁に物をぶつけて穴を開けてしまったとか

台風の飛散物でガラスが割れてしまった、っていう突発的な損傷も含みますかね。

「修繕」と言い換えてもいいかも知れません。




次に

○ 台所・浴室・給湯器などの設備が不十分だった
○ 不満はなかったがよい住宅にしたかった
○ 耐震性がなかったから
○ 住宅が狭かった


これはいってみれば 

お住まいの「機能性の向上」を目指して行うリフォームで

今現在、生活に支障がでてしまっているって訳とはちがい

より上質なお住まいを手に入れる為に行うもの。

僕ら創造社へのご依頼の中では 上記の「老朽化」と変わらない位の割合であると思います。



最後3つめには


○ 家族や自分の老後に備えるため
○ 子供の成長に備えるため
○ 家族人数が変わったため
○ 介護のため


これは「ライフスタイルの変化」に対応をするために行うリフォーム。

だからこそ老朽化を直し、機能性の向上を目指す

いってみれば上記1,2をあわせた総合的な動機と言い換えられるかも知れません。




リフォームをご検討される動機が上記1,2,3がベスト3であるとして・・・・

ただ、これはあくまでも「住宅」っていう意味合いで

飲食店やデパートなどの商業施設って事になると また違った動機もでてきます。

パチンコ店などであれば 

お客様に飽きがこないような定期的なリニューアルオープンっていう動機もでてきますし

以前に喫茶店だった店舗をフレンチにするっていう場合には

これは老朽化でもなく、機能性の「向上」っていうよりは

ご商売に必要な機能を「確保」する為に行う工事といえる訳ですよね。




もしお住まいや商業施設のリフォームをご検討される時。

漠然と「リフォームをしたい」っていうよりは

それが上記に述べたように 何をテーマとして行うリフォームであるのか?

それをハッキリと意識する事は意外と重要な事なんです。


それによって適正な依頼先も絞られてきますし

それこそご予算との兼ね合いも最重要テーマが何であるかで決まってくること。


機能性の向上を目指すリフォームであれば、

実績のある地場のリフォーム会社さんがいいでしょうし

それが単なる修繕であるならば近隣の工務店さんや個人の職人さんでもいいでしょう。

ライフスタイルの変化、それこそ何年先を見込んだご計画であるかがハッキリとしていれば

コストとのバランスも考えやすいと思います。





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

東麻布 「かかし祭り」開催 ( `ー´)ノ

かかし

わが創造社の所在地 

最寄り駅は麻布十番になるんですが、正確な住所は「三田」になります。


当地でもう半世紀近く仕事をさせてもらっている創造社なんですが

創業一族たるわが矢野家の地元は

これまたややこしいんですが正確には「東麻布」になります。


その商店街・・・・・今は麻布いーすと通りなんていう言い方をしますが

今月末はその夏祭り「第42回かかし祭り」が開催される予定です。






何故に麻布でかかし? 






なんていうツッコミはごもっとも。

ぶっちゃけ正確な由来って知らないんですが、自分の兄貴たちの世代の頃

舟形町・・・・・・・・花笠音頭で有名な山形県出身の商店会長さんが

当時いらっしゃって そのご縁で始まったと聞いたことがあります。

本場 山形県でも同様のお祭りがあるんです、たしか。


なので意外な取り合わせなんですが、自分の通っていた東麻布の

飯倉小学校(現在は廃校)は山形の舟形小学校と兄弟校という括りで

毎年夏には交歓会といって、お互いの家に一時的なホームステイを

しあう行事があったんです。


自分も何回か、山形の生徒さんのお宅に・・・・・・有田君って名前だったかなあ・・・

3泊4日くらいお邪魔した事があります。





懐かしいです 





逆に山形の子をこちらに泊めてあげた時は東京タワーを案内したり

渋谷のゲームセンターに連れて行ったりしたなあ 

あんまり向こうではそういうトコないらしく、喜んでくれていました。



しかしもう かかし祭りも42回目かあ・・・・・



自分が小学校の時分は まだ歴史も浅く試行錯誤の頃で

ちびっこ相撲大会があったり、芸能人さんを招いたイベントがあったり

それにまだ子供も多かったですかね。

みんなが手作りした かかしのコンテストがあったり、

自分も友達とガンダムのかかしをつくりましたね、たしか 



ここ何年は顔も出しでいなかったんですが、今年は祭り好きな娘を連れて

ちょっと行ってみようかなあ、と思っています。



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。




Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

「脱」下請け会社を目指す為に

下請け

過去、幾度となくご紹介した ↑ のチャート図。

こういった5段、6段重ねの契約って冗談ではなく、

本当に建築業界には存在するんです 



そのヒエラルキーの下になるほど、

当然 受注価格も厳しい訳なんですが

安定した仕事量の確保と利益率の確保、っていうジレンマは

この業界永遠の課題なんでしょう・・・・・


わが創造社でいえば ↑ の一番左かその右隣ってとこで

以前は2次下請け、みたいな仕事もありましたけど

現在は他社さんの下請け仕事ってほぼありません。




どこの会社さんだって

理想をいえば下請け仕事なんてやりたくはないでしょうし

下請け1

この手の書籍もよく見かけますよね。

僕らの事務所にもよくFAXで同様の経営セミナーのご案内なんかがあります。



僕らは言ってみれば、下請け会社も元請け会社も両方経験している訳ですが

何故、下請け会社として生きねばならぬのか、

どうして元請け会社は元請け会社でいられるのか・・・・・・



一言で言えば

エンドユーザーのお客様との関係性に尽きると思います。



エンドユーザーのお客様たちに対して集客をして仕事を確保する

「営業力」もそうでしょうし

ご縁をいただいて成約に至らせる「コミュニケーション力」も必要でしょう。


下請けであれば

馴染みの元請け会社と現場の事だけを考えていればいい訳ですが

元請けであれば常に新規のお客様への配慮を心がけ

かつ下請けさんの管理監督という義務も生じます。

それはそれなりのノウハウも必要になってきますし、

巷にある「脱 下請けを目指す」書籍やセミナーって

どうも集客力ばかりがクローズアップされ

あたかもそれさえあれば

「脱下請け」は出来ます、的なニュアンスが強い印象があります。



両方経験してきた身からいえるのは

仮に集客力があったって、その点 いわば中間管理職としてのノウハウが

ないようでは元請け会社は務まらない、それは強く実感しています。



もうぶっちゃけ

下請け会社をやっていた方が楽ですよ 


やっぱり人を動かすっていうのは、気苦労も多いですし

全部が全部、思い通りに動いてもくれません。

打ち合わせ通りに現場進行している最中に、

お客様から急な仕様変更をうける事だって珍しくありません。


その度にお客様と下請けさんの間に入って、段取りを変え

コストの計算をしなおして、日程の調整を図る・・・・・



もう面倒くさいから自分でやった方が早い、って思う事は日常茶飯事です 

それに

自分がやらかしたミスならあきらめもつくんですけどねえ・・・・・

下請けさんの大ボケでお客様に頭を下げにいくのは けっこう辛いんですよ 



元請けには元請けの苦労もあるんです・・・・・



たしかに現在はSNSでの告知や印刷の広告物なんかもネットの普及により

従前と比べればはるかに容易で、

自前での集客っていう事へのハードルは確実に低くなっているとは思います。


僕らもその恩恵に預かっていることも確かですけど

それだけでは なかなか・・・・・



やっぱり経験に勝るものはない 



技術があろうと それを最大限に活かせる環境づくりなり調整力が

なければ それも宝の持ち腐れなわけで

裏を返せば その義務を負うのが元請け業たる使命なのだと思っています。



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

鎖骨の痛みも何のその "(-""-)"

ベランダ4

以前にもお伝えした ↑ この工事。


要はベランダ柵の一番下に 

小さなお子様だと頭が入ってしまいそうな隙間がありまして・・・・・・

そこに鉄骨のバーをいれてすきまを塞ぐ、という作業です。



既存の足に自作の取り付け部品を挟み込み

ベランダ2

なるべく現在の鉄骨部分に穴を開けず、ダメージを最小限におさえる方法で

このへんは元 鉄骨屋さんの創造社ならではの作品です 



長年のお得意様である 某高層マンションオーナー様からのご依頼で

もう過去に何回も同様の工事をしています。




が 



今回、困ったことがありまして・・・・・・





これ

運搬1

今回、用いる鉄骨のバーの一部なんですが・・・・・その全長2m60 

軽くジャイアント馬場さんの身長を超えている訳なんですが・・・・・





困ったことに 遠方に長期出張中の兄貴が

うちの1台しかないトラックを乗っていっちゃったんですよ 




親戚や友達にまで あたったんですが

この長さを積める車で、かつ今日か明日レンタル可能な該当数・・・・・・・








ゼロ 








押し迫る工期・・・・・・・・・






なのに







そこには・・・・・・・・・・・・存在しない車両 










こりゃもう・・・・・・・・








ええ

運搬3

いくしかないでしょ・・・・・・・・・

人力で 






いやまあ、重量自体はそうでもないんですけど

長さがもう・・・・・

こんな感じ

運搬2

到着までに通行人の2、3人ぶつけそうですよね 






しかしまあ、しょうがない

運搬4

れっつらごーで、まずは商店街を抜けましょう。




こちらは旧名 小山町でして 

まだ一連の再開発からは外れたエリアです

運搬5

とはいっても あと数年で再開発が始まるらしいですが・・・・・



このクリーニング屋さんは たしか・・・・ワイルドワンズっていう

昔のバンドの・・・・・お名前忘れましたがメンバーさんの実家なんです。

小山町をモチーフに作曲された歌があるんですよ。





さて

運搬6

商店街を抜けた大通り。

ここら辺から人が多いんで、注意していかないと・・・・・・





麻布十番の「仙台坂」を上っていきます

運搬8

あまり知られていませんが、麻布十番は その昔コリアンタウンだった歴史があり

今は少なくなりましたが こういった韓国食材の店なんか多かったんですよ。

その名残で焼肉屋さんがいっぱいありますね。






お?

運搬7

怖い顔したお巡りさんが・・・・・・





別にこっちを睨んでいる訳ではなく

運搬9

仙台坂の途中には韓国大使館があり、そこの警備のお巡りさんです。

っつてもまあ・・・・・・



あまり時期的にも鉄パイプ担いで横切りたくはない場所です 

いや、殴り込みじゃないですからね・・・・・





仙台坂登頂

運搬10

この時点で・・・・・・・・30分くらい歩いています。

そろそろ肩に担いだ鉄骨で 鎖骨がヤバくなってきました  







ちょっと

運搬11




うん

運搬12

一休み、一休み 





ちゃんと

運搬13

手荷物は表に置かせてもらっています 






さてと・・・・・・

運搬14

有栖川公園を横目に





今度は下り坂です

運搬15

こちらはドイツ大使館ですね。

手前を左に行けばフィンランド大使館で、先を左でフランス大使館でして・・・・

本当に大使館の多いエリアです 





つくづく鉄パイプを持って歩いてはいけない場所だと思いましたね 






そんなインターナショナルエリアならでは

運搬17

ナショナル麻布スーパーマーケットです。

世界各国のスパイスや食材が置いてあり、

バケツみたいな容器のアイスクリームも売っています 






ここまでくると目的地もすぐ目の前でして

こっから10分くらい歩いて・・・・・・・





運搬18

無事に到着しました。



何か観光案内みたいな今回の記事でしたが・・・・・






やってみると結構大変でした 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

主婦業はリフォーム業に通ず・・・・・

主夫

自分もお住まいのリフォーム業に携わるようになり・・・・・・

はや20年にもなろうかというところです 


20歳そこそこから この仕事をはじめ

40歳で結婚するまで長き独身生活を送っていた私なんですが

結婚してみて、つくづくわかったのはタイトル通りの事。





主婦業はリフォーム業に通ず 




いやいや、本当に実感しますね。




独り暮らしの時分にはわからなかった悩みっていうか、

理屈でわかっていても少なくとも実感できていなかった悩みっていいますか。


やっぱり奥さんがいて、娘ができて・・・・


大体ですね 








男の]独り暮らしに収納スペースの悩みなんてないですよ 




女性が増えれば、男にはわからない美容グッズが洗面所にあふれかえりますし

私一人の時は石鹸とシャンプーしかなかったバスルームですよ。

それが今、9本もの正体不明のボトル、チューブ、そしてクリームの缶が 

横一列に大名よろしく鎮座しています。

奥さんにバレなきゃ マジで写真のせてやりたい位です 




子供の洋服が増えれば、クロゼットも足りなくなるし

暴れ盛りには網戸を破るわ、先日はとうとう洗面所のシンクにおもちゃ落とされて

ヒビをいれられました・・・・・



壁紙はクレヨンだらけですし、床のフローリングは裸足でベタベタ歩くもんだから

皮脂でテカってます 




自分はまあ、お住まいのメンテナンスは本業ですけど

そうでない世の主婦のみなさんが家の中を綺麗に保ってるのって

本当に一苦労なんだなあ、と実感します。




自分は仕事柄、家のお掃除って嫌いじゃありませんし

普段お金をいただいて綺麗なお住まいをお客様に引き渡すのが仕事です。



だから家事って仕事の延長みたいなもので、

独身の頃から全然 苦じゃないんです。



今は独身時代から私が住んでいたマンションに、

結婚後 奥さんと娘を迎えた形ですが 

奥さんと知り合って間もないころは あんまり小ぎれいにしている

私の部屋をみて




これは絶対に他に女がいる 





そう思った、と後に語ってくれました 

つーか、この人 本当は奥さんがいるんじゃないか、って思っていたらしいです・・・・





うちの奥さんも一応は仕事をしていますので

今の家事分担の割合って・・・・・・・・7対3位かなあ。



どっちが3かは・・・・・・・・




うちの奥さんの名誉のために伏せておきます 





いやいや、仕事を終えて帰って もう一仕事っていうのも

正直疲れる事もありますけど その分 お仕事で接する主婦業のお客さまとは

話があうようになったのは嬉しいもんです。



子育ての悩み、家事のご苦労に・・・・・・・

家事を手伝わない旦那さんへの愚痴も

営業トークの最中には定番の いい潤滑油です 



皆さん、自分と年代も近いですし

地元のお客さんなんかはよく買い物のスーパーで一緒にもなります。



幼稚園や保育園の情報交換もいただけますし 






あんまり家事が得意じゃない奥さんもつのも・・・・・・・




僕みたいな稼業の人間なら いい事も多いんです 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

一人娘 千晴さん 成長日記 18

千晴34

我が家の一人娘 千晴さんも 

はや3歳と・・・・・・・半ですね。


先週末はリクエストにお応えして水族館に行ってまいりました 



まだまだ そんなの早い、と思っていたんですが

知らぬ間に色々な事を理解するようになっているんですね・・・・・





タコ 








くらげ~ 










アザラシ! 









それ、アシカだけどね 






やっぱり今年の4月から通いだした保育園の影響ですかね。

自分らが教えた覚えのない知識の吸収がハンパないですね・・・・・・







先日も夕方に、奥さんと3人 銭湯にいったんですが

その帰り道・・・・・・・








おとうちゃん・・・・・・・・








ん?










お店のやきとり食べたい 







お前、それは誰に教わったんだ 








千晴35

弱冠3歳での居酒屋デビュー 





お父ちゃんが学生時代から馴染みの焼鳥屋さんでディナータイムでした。

まさか千晴とここに来るとはなねえ・・・・・


チェーンの居酒屋さんとかじゃなくて、マジ赤ちょうちんですから

周りのおっさんたちがドン引きしていましたね 




いやいや・・・・



いつか、2人でビールでも飲む日が来るのかなあ。

そんな時まで お父ちゃん元気で頑張らないと・・・・・・・






ちょっとセンチメンタルになった週末の夜なのでした。







アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

塗装とクロス(壁紙)どっちがお得?

2面性

それがマンションであれ戸建てであれ 


今時のお住まいの壁や天井の「内装仕上げ」って

まあ塗装かクロス(壁紙)のどちらかでしょう 



そりゃあ厳密に言えば珪藻土で仕上げた塗り壁や

エコフラットなどタイルをあしらった壁っていうのもありますけど

一般的にはいずれかですよね。


ちょっと最近、その点に関するお問い合わせをいただいたもので

改めて両者のメリット・デメリットをご紹介できればと思います (=^・^=)。



まず 



塗装とクロス。

両者の割合でいえば

現在は塗装よりもクロス仕上げが圧倒的に多いと思います。




考えてみれば当然の事で、言ってみれば歴史的に古いのは塗装であり

「おとみさん」の歌じゃないですが

粋なクロベイ~、みこし~のま~つに♪ 

なんてある「クロベイ」っていうのは黒い塀。




黒塀

防腐効果のある石灰を混ぜた、まあ一種の墨汁で塀を塗装するというもの。


私もそうだったんですが、

決してイケてる黒部衛さんではありませんので勘違いのないよう 




対象を塗装するっていう概念はそれこそ江戸時代以前からあったもので

それに代わる新たな内装仕上げであるのが「壁紙」な訳です。

その昔は経師屋さんと呼ばれる、まあ今でいう襖屋さんですか。

そういった熟練の技術をもった職人さんが壁紙の貼り替えを行っていたんです。



その頃は・・・・・・・和紙のクロスや布製のクロスだったのかな。



それが爆発的に普及しだしたのは近年にはいって

塩化ビニール製の「ビニールクロス」が開発されてからなのだと思います。

扱いやすく、また後に開発された自動の糊つけ機の普及が

クロスをこれほどメジャーな内装仕上げに押し上げていったのだと思います。



まだ、まだ最近の事で・・・・・・・・・3,40年前ってところですか。

今60歳くらいの職人さんだと 糊付け機がなかった頃を知ってらっしゃいますからね。



クロスはそういう意味でも、壁紙自体また施工方法の発展が目覚ましく

その点は塗装に比べ近代的なものといえると思います。



なのでコストや施工スピードっていう意味では

塗装よりクロスに軍配ですね。

あと施工性・・・・・・ぶっちゃけて言えば、クロスを貼る方が「簡単」なんです。


こんな事言うとクロス職人さんに怒られてしまいそうですが

「一人前」と呼ばれるようになるまでの到達スピードでいえば

塗装屋さんの方が時間はかかるでしょう。



語弊がありますが、全てに精通する、っていう意味ですけどね。



壁紙を貼る対象って言うのは原則、室内の壁と天井だけですが

それが塗装となれば外壁や建具、防水の床もあれば鉄部の階段なんかも含みます。


今時のクロス屋さんが扱うのは ほとんどがビニルクロスですけど

塗装屋さんは水性塗料、油性ときて その中でもアクリル、ウレタン、シリコンとわかれます。

近年では光触媒の塗料や耐熱や防塵の特殊塗料にも知識と経験がなければいけませんし

単管足場の上に立っての高所作業や温度や湿度など

天候にも影響を受けるのが塗装という仕事。


たがが「塗るだけ」、されど奥が深いものなんです 




塗装の最大の強みっていうのは まず「自由度」でしょうね。

壁紙では所詮、

カタログの中からしか商品は選べませんが(最近はオーダーメイドもありますが・・・)

塗装であれば調合が可能で、ご希望にズバリの色味は簡単に実現できます。


それに塗れる対象が広いですよね。

原則、クロスは外部には貼れませんが 塗装であれば風雨にも強く

外壁や 変な話 スペースシャトルのボディーは塗装です 



デメリットといえば施工時に臭気がでる事や、前述のように熟練度が高く

例えば下地処理の不具合がそのまま仕上がりにでてしまう・・・・とか

クロスであれば少々の凹凸くらい貼ってしまえばわからないんですけど

そういった意味でもごまかしのきかない不自由さがありますね。


やっぱりコスト的にも、それにバッチリ養生が必要な点からもクロスに比べて

施工スピードも遅くはなります。





おっと・・・・・・




長くなりそうですので このテーマはまた改めて。

いやいや、両者 内装仕上げっていう面での双璧なんですけど

まだまだ書き足りないな・・・・・





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。