株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

「好き」か「趣味」か「仕事」であるのか・・・・

ワカラン

この世に存在する仕事って・・・・・・


「趣味」になりえるものと そうでないもの 


大きく分けると その2つのいずれかであると思うんです。



車の整備工さんっていうのは、

言ってみれば車好きがやる車いじりのの延長みたいなもんで

それを趣味にしている人は世にたくさんいます。


調理士の仕事たる料理を趣味になさる方も たくさんいらっしゃいますし

歌手の仕事である「歌う」事が趣味の人だって多いと思います。


もちろん趣味というか嗜好は千差万別ですから

どの仕事は趣味となりえて、どれはならない、なんて事はいえないですけど

さすがに趣味が「運送」って人もいないでしょうし、



私の趣味は葬儀です 



なんていう人がいたら かなりのレア者であると思います 




そういう意味でいえば、僕らリフォーム会社の仕事っていうのは

とりあえず「趣味」になりえる仕事ではありますよね。


DIY、日曜大工が趣味のお父さんは大勢いらっしゃいますし

お部屋のインテリアコーディネートに ご興味をもたれる女性の方も多いです。




よく聞かれるんですよ 




こんなお仕事をされている矢野さんのお住まいって・・・・

さぞかし素敵なんでしょうねえ
 



って。






いいえ 




正直言って自分の趣味がインテリアとか日曜大工勝っていえば

全然ちがうかも知れません。



それはあくまでも「仕事」であって

ぶっちゃけ

あんまり家に帰ってか「らリフォーム」という文字に関わりたくないというか・・・・




テレビのビフォーアフターすら見ません。



あれ見てると、色々と画面に突っ込みたくなって休めないんですよ 




自分にとってリフォームって趣味ではないんです。

逆にいえば趣味でリフォームやインテリアが好きな人って 

プロには向かないんじゃないかなあって思います。


好きや趣味であるって事は絶対に「好み」ってでてくるじゃないですか?

お客様の好みは千差万別である訳ですし

自分はプロである以上、何の先入観も好みもないフラットな状態であるからこそ

お客様に色々な提案もできると思うんです。



「インテリア」そのものは好きですけど、その中でも「これ」が好きっていうのは

もうそれはもう趣味だと思うし、まあ そうであるから趣味なんですよね。



軽だろうと中古車であろうと、スポーツカーであろうと 

「車」そのものが好きなのが整備士さんでしょう。



でも趣味で車が好きな人で、何の車でも好きって方はあんまりいないような気がします。

車の中でもイタリア車が好き、クラッシクカーが好き・・・・・・・


趣味である以上 絶対にそういう好みってでてくると思いますし

だからこそ楽しいんですよ。



今日の標語。






好きなるのは構わない 





趣味にしたけりゃプロやめろ 






難しいとこなんですけどね・・・・・




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

現場での「譲り合い」

譲り合い

「電車やバスではお年寄りに席を譲りましょう」




誰でも知ってる標語ですけど・・・・・

アレってけっこう難しいですよね。



タイミングだったり・・・・・60歳前後の方には譲るべきなのかも微妙ですし、

元気なお年寄りだと譲っても断れる事があったりしますよね 



みんな座ってる中で すくっと立って譲るのもちょっと照れくさいですし

私の場合、なんかそれが嫌で・・・・・・

なるべく電車では座らないようにしています 





譲り合い、というのは けっこう建築現場でも大切な精神で

これがあるのとないのでは 空気というか進行にも雲泥の差が出ます。



気心のしれた仲間同士であれば自然に譲り合おうね、てなもんですが

これが見知らぬ者同士って事になると なかなか・・・



先日もあったんですよ。



僕ら創造社が元請けの現場、っていう事であれば

僕らは現場に出入りする人間の全てを把握していますし、

みんな一種の仲間同士みたいなものです。



ありがちなのは いわゆる分離発注っていう場合で

例えばエレベーターのオーバーホールをするっていう現場があったとします。

分解して考えれば設備系統の交換っていう

言ってみれば「構造部分」の工事と

内部のシート張りや塗装工事っていう「仕上げ」の工事に分かれますよね。



そのエレベーターをリフォームするっていう目的は一つなんですけど

それを1社にではなく、構造部をA社、仕上げを創造社に、っていう感じで

お客様が工事を分離して発注するという場合

一つの現場に見知らぬ業者同士が顔を突き合わせる事になります。


こういう場合が厄介なんですよ・・・・・



A社も僕らも話をしているのは あくまで「お客様」であって

お互いの存在をほとんどペーパー上でしか知りません。


A社の出す工程表と僕らの出す工程表の すりあわせっていうのは

こういった分離発注の場合はもうお客様にお願いするしかないんです。


だって僕らはお互いの連絡先すら知らない状態ですし

直接の契約形態もない以上、お互いがお互いに指図とか命令なんて

できないじゃないですか 



お互いはお互い自分の範疇の仕事をスムーズにやりたいですし

そこに邪魔をするように割りいってくる

見知らぬ相手をやっぱり快くは思えない、それは当然の事であると思います 





だからこその「譲り合い」精神なんですよ・・・・・





先日もこのパターンで、お客様が相手の業者と直接話してくれ、って言うから

打ち合わせをしたんですが、まあカンカンガクガク大変でしたよ 



でも一通り相手の業者さんのお話を聞いて

こういう場合、お互いがお互いを主張してもしょうがないですから・・・・




あくまで相手の工事予定を本流とすることを まずお約束して 

その中で僕らが邪魔をせずに入れる日程はどこですか?

ここ・・・・・・・と その次の週の頭に僕らが入ってもいいですか?





だめ?

・・・・・・・・・・というのは?





ははあ・・・・・・荷物を置いている。



申し訳ないんですが、自分らからもお客様にお断わりをいれておきますから

現場の中ではなく外にお荷物を置いてくれませんか?

少し埃が出るくらいの事なら、清掃は僕らでやらせてもらいますし・・・・・




そうですか。

ありがとうございます。




ではその予定でお願いします・・・・・・・・・・ってな感じで。




電話で2時間かかりましたよ、ここまでこぎつけるのに 



これも御見積もりにはない ボランティア仕事ですから

まいってしまいますけど、

僕らが僕らの都合ばかりを主張していては、本当に現場が中止になりかねない

事態だったんで、しょうがないですね・・・・・






ま 譲り合いは大事って事で 




次回は設備屋さんに譲ってもらいます 






アクセスありがとうございます」

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
















Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

とんだアフターになりました (-_-;)

建築士らが住宅リフォームを手がける

人気テレビ番組「大改造!! 劇的ビフォーアフター」(朝日放送)で、

リフォーム工事を請け負った愛知県東海市の建設会社が26日、

朝日放送と番組制作会社などに対し、追加発生した工費など

約2900万円の損害賠償を求めて名古屋地裁に提訴した。

 訴状によると、建設会社は2014年7月に放送された番組で、

岐阜市内の店舗兼住宅のリフォーム工事を請け負った。

その際、建築士の設計会社や制作会社などと2200万円で契約した。

その後、追加工事や補強工事で新たな工費が発生したのに

費用が支払われなかったとしている。

 朝日放送は取材に、

「追加工事の多くは建設会社の現場管理に問題があったためで、

金額の根拠にはきわめて多くの疑義がある。

請求の法的根拠は明らかにされておらず、

裁判で主張を丁寧に説明する」と文書で回答した。





ふ~む 



自分もこの番組は昔は観る事もありましたけど

自分がリフォーム業に携わるようになってからは あまり・・・・


もちろん詳細を知らない上で断定はできませんけど

リアルなリフォーム・・・・・・というよりは 

やっぱりテレビ向けに 面白おかしく、わかりやすく演出された工事っていう

印象があり、今ではあまり観る事もありませんでした。





リアルじゃないんですよね・・・・




正直、費用的にいっても 

あれは番組とタイアップした材料メーカーさんなどからの

提供をうけているからこそ あの値段でできる話でしょうし、

設計やデザイン費用も除外されていますよね。



それによくありがちなのが、

そりゃあ工事完成後の新築時はそれでいいですよ 


でも、あのリフォームの匠さんがよく使うアイデア満載のリフォームって

築が何年もたってメンテナンスが必要になった時、

一体どうするんだっていうのは 実際にリフォームに携わる人間として疑問でした。



誰も手の届かない天井に採光の窓をとりつけたり

普通ならあり得ないところに収納を設けてみたり・・・・・



それ 壊れた時に誰が直すんだよ、っていう話ですよ 

もうその作った本人しか手に負えないって感じなんですよね・・・・



僕らからすれば のちのメンテナンスを無視したリフォームっていうのは

あり得ない話ですし、やっぱりテレビ向けのエンターテイメントっていう

印象だったんです。

まあ それが別に気に食わないとか、放送するべきじゃない、なんて事は

思いませんけど、ただ現実に こういうトラブルがおきるというのは

演出ありきの番組の方向性に一石を投じるものであるのかも知れませんね。




しかし、今回の問題。

本体工事が2200万で追加工事が2900万て・・・・・

一体、どういう事なんですかね? 




本体工事と同等・・・・・それ以上の追加工事が発生したという事は

変な話、もう一回その工事をやり直してもいい、って話ですよね。


仮にもプロが工事したリフォームを全部やり直さなきゃいけない程の事って・・・・


どんな不具合が発生したのかは わかりません。

まあ、おそらく構造上に関係する事ではあるんでしょうが

施工会社の現場管理に問題があった・・・・・



というよりは根本の設計なりがマズかったのでは?

っていう印象はあります。




以前に問題になった図面にあった杭を工事会社が打たなかったとか?


そういう場合でしたら別ですけど、あれはビルの新築工事の話ですからね・・・・

町場のリフォーム程度の規模で そんな倍近い追加工事が発生する事って

ちょっと想像がつきません。



一体、何があったんでしょうかね・・・・・




人気番組でもあり、「リフォーム工事」っていうものの印象を

一般のお客様にも印象付ける番組ですから。



ちょっと これからの進捗を見守っていきたいニュースですね。




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。




Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

あれから3年たちました・・・・・

大変、私事ではありますが・・・・・・・


先週末 7月23日は うちの奥様の誕生日あんど3回目の結婚記念日でした


奥様の誕生日に入籍するというのは 一見ロマンチックな感じもありますが

これは 絶対にこの日のプレゼントだけは忘れさせないという・・・・・・




執念にも似たうちの奥様の陰謀です 



今は仕事も忙しい時期でなかなか休みもとれないんですが

最近、アニメのパンダが大好きな一人娘 千晴の為に家族で動物園に行きました。



なんですが、あまり・・・・・・

なんか逆に本物をみてもピンとこないんですかね?



一番 彼女のハートにヒットしてたのは

記念日

売店の前にあったぬいぐるみでした 


なんだかな・・・・・




しかし、3年間あっという間でした。



ちなみに今年はプレゼントもサプライズしてる間もなく

きっちり現金にて徴収をうけました 



まあ、忙して最近はあまり家族サービスもできていなかったので

それで奥様のご機嫌がまあ・・・・・・




しばらく良好ならいいんですけどね 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

洗面化粧台の交換

番号

先日お問い合わせいただいたお客様。

分譲の中古マンションをご購入され、

お引越しの前に あちこちのリフォームを検討されているとの事。



先月からお打ち合わせをさせていただいていたのですが

見事 工事をご依頼いただきました 

今週後半から工事にはいります。



工事の一つに現在の洗面化粧台を交換する、というリクエストがあり

下見に行った時の ↑ 写真なんですが



洗面化粧台 


その交換っていうと なんか大袈裟な響きもありますけど

要は水を供給する給水と 水を流す先となる排水。

この2つがあるならば基本的に交換も新設も難しい事ではありません。



厳密にいうと交換の場合は、まず開口(まぐち)サイズの問題があります。

大体、洗面化粧台っていうとバスルームの壁と壁の間に

すっぽりと収まる感じになっていることが多いと思いますが

その壁から壁までのワイド寸法を間口といいます。


概ね900mmとか1200mmが多く、メーカー品の洗面化粧台も

そんな寸法で販売されています。

交換をするならば まずこの開口寸法が同じでないと

入らなかったり、逆に隙間があいてしまったりしますよね。




簡単に見極めをするならば

現状の洗面化粧台のメーカーと品番がわかれば

話は早いです。

番号4

大体、流ししたの収納扉を賭けていただくと






このような

番号2

シールであったり




この配管部分のあたりに

番号1

品番の刻印がされていたりするので、

それがわかれば 最悪 下見をしないでも工事は可能です。



現在、洗面化粧台がついているという事は給水も排水もあるという事ですし

その品番がわかれば開口サイズもおのずとわかります。



要注意なのは、横幅の開口サイズは適合していても高さなり出幅が

異なる製品に交換しようとする際

寸法が変わった分 

壁紙とか床材の「仕上がってない」部分が見えてしまう、という事があるので

その点でいえば、やはり下見をした方が間違いはありませんかね・・・。



以上はメーカー品の洗面化粧台から、同じようなメーカー品に交換する場合で

これがオーダー品であったり、セミオーダー品であると話はまた変わります。



今回の化粧台も全てがメーカー品のものではなく、

鏡はオーダー品、洗面カウンターも人造大理石のオーダー品で

収納のキャビネットと流しはメーカー品という

セミオーダー形式のものでした。



こうなると 全体をあらわす一つの品番というものはありませんので

流しは流し、キャビネットはキャビネットの品番一つ一つを拾って

交換のプランをたてていかねばなりません。

現在が既製のメーカー品であれば化粧台につなぐ電線もあるはずなんですが

今回はセミオーダータイプでしたので

その電気配線も天井のダウンライトから分岐する工事も必要となってきます。





今回はちょっと現場の場所が遠くて東京都国立市になります。



ひょんな縁からの仕事といいますか、まさかのご縁からの仕事なんです 




内装のリフォームともども 完成後にまたご紹介をしたいと思います。





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

人生の分岐点 ~もし・・・・・~

分かれ道

しかし・・・・・・・・・


私も・・・・・・・いつの間にやら齢40を迎えております 





人生半ばのお年頃でもあり、これから「老い」を迎えていくという事は

寂しいような悲しいような・・・・・・・ですねえ 



でも反面、人生半ばに来たからこそ わかる事もあるというのは本当ですね。



今、人生の半分にきて・・・・・・

そりゃあ、色々とありました。


高校を卒業して、英語の専門学校に学び、サラリーマンとして就職をし・・・・・

現在は創造社の一員としてやっている 



考えてみると人生というのは、その場その場の選択肢・・・

分岐点といってもいいかも知れませんが 

目の前の分かれ道をどっちにすすむか?




右か?





左か?






その選んだ道の先には また分岐点があって選択を迫られる。



本当にそんな連続ですすんだ道の現在点が

今の自分なんだ、という事を強く実感します。




そんな はっきりとした分かれ道でもなかったかも知れません。

何も さあ決断しろ、なんて誰かに強制もされたわけでもありません。

だから その時その時で 今から分かれ道をすすむなんて意識すら

曖昧だったのだと思います。



今 振り返れば あの時がそうだった・・・・・



あの時が今の人生に続く分岐点だったんだなあ、っていうのは

この年になったからこそ わかる事ですよね。



あそこで ああやって選んだ決断が 今のこういう結果につながった。



経験をともなったものですから、すごく実感もあります。

自分が歩んで得た経験を、

いい言葉に変えて下の人間に伝えていければいいですね。




ふむ





ま 年をとるのも悪くないのかも知れませんね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

JV ~他社さんと組んでやる仕事~

握手

JV



ジョイントベンチャーの略称で、

僕らの業界でいうと

ゼネコン数社が「共同受注」で行う大規模な公共工事などで

用いられる事の多い言葉ですね。



要は自社だけでなく同業の他社さんと組んでやる工事を指します。




僕ら程度の会社では なかなかそんな大規模な工事はありませんから

あまり縁のない言葉ではある「JV」なんですが

経験がないわけではありません 





その時は・・・・・・

何といいますか、そもそもお客様が話をすすめていた業者さんがいたんですが

大規模な店舗の改修工事で その業者さんでは対応ができない工事が

でてきていたんです。

その穴を埋める意味で僕らが登場したんですが、

いつの間にか全体の工事を受注するのは・・・・・





さあどっち? 




みたいな感じになってきたんですよ 



お客様は僕ら創造社に全てを発注くださるような事をおっしゃってくれていたんですが

当初から話をすすめられていたのはその他社さんですし 


僕らが今からその他社さんと同じ時間をかけて

計画を一からプランニングしていたんでは時間のロスにもなりますし

そもそもそこのお店のオープン時の新装工事もやられた業者さんだったんですよ。


だったら細かい面で 少なくとも僕らよりそのお店の構造なり仕組みを

理解されているはずですよね。






じゃあ、

全体の半分ずつを受注して 協力しあって一つの物を築きましょう 



っていうお客様の提案もあって僕らもその他社さんも納得をしたんです。



まあ 一種のJVですよね。




しかし これがまた・・・・・・大変でした 




工事を半分ずつ受注したといっても、所詮は同じ現場内での2分割ですから

完全に無関係って訳にもいきません。

事前にお互いの工程表をだしあって お互いの邪魔にならないような

スケジュールを突き合わせたはずだったんですが

まあ、そんな予定通りにはいかないのが建築工事ですから 





僕らが塗装をしているエリアのすぐ横で 

他社さんが予定にない大工工事をはじめて粉塵が舞い上がるわ、

僕らが床を貼ろうというその日の朝に 

他社さんは天井の照明工事をやりたい言い出すわ・・・・



自分もまだ20代の半ばの頃の話でしたけど

まあ大変でした 



普段であれば 日程がかぶっても創造社の場合

お互いに顔なじみの職人さん同士ですから、

譲り合っての融通もきかせられるんですが

今回はうちの職人さんにとっても 相手は見知らぬ作業員さんな訳で

まして相手が一方的な都合でスケジュールにない事をやろうとして

自分の作業を妨げてる、形ですから・・・・・

もう現場のあちこちでうちと相手の職人さん同士が喧嘩をはじめているんです 




自分も相手の監督さんに抗議にいったり、お客様に仲裁してもらったりでもう・・・・・





2度とやりたくないです 





一つの現場内で気心知れぬ同士が お尻突き合わせて工事するっていうのは・・・・

ましてお金も絡む事ですし

あんまりいい事ないですかね・・・・・




その時の話にしろ どっちがいいも悪いもなかったんですよ。

例え同じ工事をやったとしても、考え方も進め方もやり方も業者さん同士で

ちがうのも当然だったのかも知れませんもんね。


それを誰かが上にたって統括するっていうのならともかく

お互いが角を突き合わせて 埒あかない状況だった事を覚えています。



いやはや



なかなか難しいもんです



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

職人さんが独立を考える時

不安

僕らリフォーム業界の仕事を最前線で支える職人さん



業種にもよりますが・・・・・・・

親方の下で 大体10年前後くらいの修業期間を経て

一本立ちたる「独立」をいたします 

親離れして一人前になるとでもいいますか・・・・・




自分もそうやって組織の中でやっていた職人さんが

独立をするのは 考えてみるともうずいぶんと見てきましたね・・・・・



独立の理由は様々ですが、給料制でない収入面への野望も一つですし

あまり親方の下に長くいすぎる事で下の人間が育たないから、っていうのも

よく聞く理由の一つです。





ぶっちゃけ クビ同然に叩きだされる馬鹿野郎もいます 





サラリーマン社会でいうリストラに近いようなパターンもありますかね。





理由は様々ですけど、これからいざ独立、っていう職人さん。

まあ、大体例外なくブルーになりますねえ・・・・




仕事の技術自体に自信が無いっていう職人さんはいませんけど

やっぱり今まで最低限の給料は保証されていた訳ですし

これからは今まで親方に任せっきりだった、お客様との折衝や

仕事自体の「責任」だって 全て自分が一人で

背負うというのが「独立」です。



「作業」さえやっていればよかった修業期間とは

その点で大きく異なる訳ですよね。


これから独立をしよう、っていう職人さんの

そんなブルーの相談にも数多くのってきました。



「自分一人でやっていけるでしょうか?」




「体が動く今のうちはいいんですけど、年取ってからはどうなるんでしょうか?」







「どうすすれば自分で仕事をとれるようになるでしょうか?」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・などなど 





んな答えをしっているなら・・・・・・・・








俺自身がもっと金持ちじゃい 






とも言いたくなりますが、そんな時決まっていうのは

とにかく真面目にやりなさい、っていう事位ですね。



だから、いつも逆質問するんですよ。



君の周りで・・・・・・・同じ職人稼業をしている人で。

尊敬、とまではいかなくても君から見て真面目でいい人だって思える人がいるだろう?

そんな人が独立して、それでもうまくいかなくてホームレスになっちゃったって人を

見た事あるか?



・・・・・・・・・・て。




ないだろ?


俺も知らないよ、そんな人。




ただ、正直 ゼロではないです 

独立して しばらくは調子よくても段々 仕事が薄くなって

ホームレスはないですけど、生活保護をうけているような職人さんですね。



でも・・・・・・




やっぱりそういう人って「真面目」ではないんですよね。


ギャンブル好きであったり、どんぶり勘定でずさんな仕事だったり、なんですよ。


「真面目」で派手な生活も望まず、好きな仕事をコツコツ愛想よく続けている

職人さんで生活が成り立っていないような人なんか

本当に一人も知りません。




そりゃあ、お金持ちか、って言われればそうじゃないかも知れませんけど

みなさん分相応な生活をして家庭をもってらっしゃる方ばかりです。




独立して不安になる気持ちはわかりますよ。

自分も似たようなもんでしたし・・・・・




でも、逆にいえば 真面目にやるしかないんです。



気の利いたビジネスできる位の頭があるんなら 職人やめちまえって感じです 




真面目に愛想よく。

そしてコツコツと高望みもせず続けていれば、仲間とのつながりもできてきますし

いずれ可愛がってくれる元請けさんなりお客様にも出会えますよ。




それを貫くのみです 





それで駄目なら・・・・・・





ま 何とかなるよ 






こんなアドバイスしかしていない私のもとに・・・・・・・






何故 みんな相談にくるんでしょう 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。



稀にではありますが、自分も知っています。


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

渋谷区 立体駐車場 塗装工事 トライアル

立駐機1

複合型商業施設ビルの地下にある立体駐車場。

そちらの塗装工事のご計画をすすめているとの事で

ご協力をさせてもらっています。



現状

立駐機2

こちらのビルには平場の地下駐車場が数百台近くもあるのですが

最近はご来場されるお客様が増え、立体駐車場を使う機会も多くなってきとの事で

今回 塗装を実施されたいとのお話でした。




立体駐車場とはいえ、塗装をすること自体は難しい事ではありません 




ただ、まあ場所が場所というか、そのへんが通常の塗装工事とちがって

色々と気をつかう必要があります。





日常的にタイヤでこする場所ですから、通常の塗料ではなく

耐久性に優れた いわゆる「強溶剤」の専用塗料を使用します。

数トンもの摩擦が日常的にかかる場所ですので

簡単に剥がれるような塗料では お客様の車のタイヤを汚してしまいますから・・・・

立駐機3

2液塗料という、塗料に付属の硬化剤を混合させて用います。




2液の分量と比率を厳守してこそ本来の性能を発揮する塗料ですので

立駐機4

きっちりと1回、1回 計りで計測しながら塗料をつくっていきます 




こういった耐久性を求められる塗装の場合、塗料の選択以上に重要なのが下地の処理。

立駐機10

ビフォーの状態ですが、塗料と相性の悪い機械油の付着がみられます。




なので

立駐機5

塗装前に徹底的に油落としの清掃作業を行っています。

これをやらないと油が附着した部分には塗料が完全に食いつかず、

将来的なハガレの原因につながります。





専用塗料の選択、下地処理・・・・・・・





あ そうそう。

立駐機6

先程ご紹介した「強溶剤塗料」は そのまんま強烈な溶剤(シンナー系)のもので

臭気がすごいんですよ・・・・・

なのでダクトをつないだ送風機で外部まで空気を循環させる気配りも忘れてはいけません。





ちょっと外部まで抜けてる場所までが遠く・・・・

立駐機7

ダクト30m必要でした 






ここまでいけばあとは通常の塗装工事と大差ありません

立駐機8

下塗りの後・・・・・





ラインと車止めのイエローの塗装

立駐機9

各2回ずつの重ね塗りにて仕上げていきます。





びふぉー

立駐機2









アフター

立駐機11

綺麗になりました 







実は今回の この立体駐車場 

収納台数は全部で100台近くありまして・・・・・



色の決定、作業の強度を確認するためにも

一台分だけトライアルでやってみようという話が今回だったんです。



やっぱりやってみて色々な事がわかったというか・・・・




油の付着を1台 どの程度の時間で落とせるのか、

日中はビルにご来場するお客様がいらっしゃるので

送風機の使用をするとはいえ、臭気の問題はどうなのか?

何しろ強溶剤ですから、下手すると体調を悪くされるお客様も

でてきてしまうかも知れませんしね。




今回のトライアルは営業終了後の夜間に行ったのですが

全てを夜間工事とすれば全体の完成までには相当な時間がかかってきますし

僕らも数か月の間 間違いなく寝不足になる話です 






1台分、トライアルしてみた実測データをもとに

来週以降にご担当とあらためて詳細を決定していく予定です、





さて、どうなることやら・・・・







アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区 エレベーター ダイノック工事

塩ビシート

こちらは 港区の とある商業施設ビルのエレベーター。



先月、一番左のエレベーターの内部に傷がつき、シート貼りの工事を

ご依頼いただいたんですが・・・・・

ご好評につき 今回 残り2台も もれなくダイノックシートを貼る事となりました 



まあ、一台だけ綺麗になってるのもバランス悪いっちゃ悪いんですけど

2と3台目はまだ それほど目立つ傷もありません。

塩ビシート2

けど、同色系のシートを貼ってしまえば まあ新品同様っちゃ そうも見えますからね・・・

そりゃ貼った方が綺麗にはなります。

でも費用もかかる話ですし こちらのビルにも長い間出入りをさせていただいていますが

本当にその辺 妥協を許さないオーナー様なんです。


その分 仕事のご依頼も多いから嬉しいっちゃ嬉しいですけど

仕上がりに関するチェックもハンパではありませんので

まあ そのへんは世の中うまい事できてますよね 




昼間工事では通行するお客様にもご迷惑となるので

夜10時から はじめて現在時刻・・・・・0時50分。

あと・・・・・2時間くらいで終わりそうですかね。



今日は真ん中のエレベーターで明晩は右端を攻めます。



私の寝不足は明日まで続きます 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

リフォーム会社が漫画になると?

マンガ

僕らの業界。

建設業界というか、リフォーム業界というか・・・・


残念ながら

過去、それを舞台にした漫画って あんまり見た事がないです 



あっても ↑ みたいな 

娯楽というよりは どちらかというとマニュアル本の類であったり

自治体が配布している啓蒙チラシのイラスト、っていう程度ですかね・・・・




自分は学生時代からの漫画好きですし、かの中曽根元首相は




「政治家は漫画に描かれるうようにならなきゃ一人前ではない  」





というお言葉を残されたとか・・・・・




自分が従事しているから、って訳ではないですけど

切り口によってはリフォーム業界って漫画でイケると思うんですけどね・・・・





主人公 

フレンチの天才シェフといわれた海藤健二を父にもつ

17歳の女子高生 直美。


父の才能を色濃く受け継ぎ、父譲りの鋭敏な味覚。

世界的なファッションデザイナーとして活躍する母ゆずりの

常識にとらわれない その独創的なセンスは

あらゆる料理コンテストで直美を優勝に導いていたのであった。




しかし・・・・・




その溢れる才能が 皮肉にも

将来の自分の道を決めてしまっていることに気づく青春時代。

その反発は直美の料理への情熱を失わせ、やがてそれは憎悪に・・・・・



学校卒業後 両親への反抗心は直美を料理とは全くちがう業界。

料理人時代、どんな辛いときでも味方をしてくれた祖父がかつて従事していた

建設会社、リフォーム会社への就職という形であらわれ・・・・・・・

料理という呪縛から解き放たれた直美は有意義に社会人生活を

すごしていた。







しかし 





あるクライアントを巡っての同業他社とのコンペ。

憧れの先輩社員でもある浩二が担当する そのクライアントは

その道半ばにして 父 海藤に敗れ 料理界を去り

別業界で成功していた

かつての父のライバル佐々木なのであった・・・・




ここまで つきまとう父の呪縛、その運命を呪いつつ

直美は懸命に最上のリフォームプランを考える。



そしてやがて





リフォームも料理も 同じ・・・・・

素材に無理をさせず、本来の持ち味を活かす事は自分の最も大切にしていた事だと

気づく直美は 佐々木に その完璧なリフォームをプレゼンし

コンペを見事 勝ち抜くのであった・・・・・









どうでしょう? 







「美味しんぼ」パクリ寸前のシナリオですが

誰か作画してくれないかなあ・・・・・・




個人的には 柴門ふみさんあたりがいいです 




やがて月9ドラマになって、主人公は・・・・・・



え~と、え~と・・・・





んな急に決めろと言われても・・・・・・






困りましたね 






つーか、そろそろ現場に行って仕事してきます 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

大自然の中で塗装 ('◇')ゞ

バーベキュー

大自然の中でのバーベキュー 





猛暑まっさかりの最近ですが

バーベキュー1

さわやかな風通りもよく、こんなところで熱々のお肉をいただいてたら

そりゃもうビールもすすんでしまう、ってなもんです 





はっはっはっはっは 








ま、仕事で来てるんですけどね 






このブログでもちょくちょくご紹介している港区にある高級マンション。

外国人さん向けの大型マンションでして、敷地内にはプールや

今回ご紹介する屋外バーベキューのできる庭園があるんです。



もう長年出入りをさせていただいているお客様なので

だんだんマヒもしてくるんですが、改めて考えると港区の住居で

プールにバーベキューってちょっとすごいですよね・・・・・・




この季節になるとバーベキュースペースの予約も込み合う頃で

ご利用になるお客様が増える前に

オーナー様より境界フェンスの塗装工事のご依頼をいただきました。




仕事自体はまあ

バーベキュー3

土汚れを洗浄し、下塗りの後 2液のウレタンで仕上げるというオーソドックスなもの。

一部フェンスに腐食があったりしたので その部分の補修したりはありましたけど

別段難しいものではありませんでした。


色だけどうしたもんか、と思っていたんですが

庭園のイメージを損なわぬよう樹木に近いグリーンで、というオーダーでした。





アフター

バーベキュー4





総数が10mはあろうかというフェンスだったので結局2日かかりましたが

無事終了 





何か大変だったって、とにかく蚊が多くて大変でしたね

バーベキュー2

マイ蚊取り持参でした 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

創造社 HPについて 37

見ないで

創造社のHPを開設して はや・・・・・・・4年半 

いや、いや時の経つのは早いものです・・・・・




HP、というか このブログを書き続けてきたこと

アリかナシか、でいえば

もちろんやってきて良かったと思っていますし

反面 これだけの期間 続けてくると色々な「見方」をされるお客様がいらっしゃる事も

最近は実感をしています。



もともと そんなオーソドックスなHPじゃありませんからね・・・・






ふざけているというか 




もともとは それもテーマの一つでした。

世の中 猫も杓子も美麗なキャッチコピーを並べたHPが多い中で

どうすれば・・・・


どのような形が一番 「創造社」をわかっていただけるのか? 



そして・・・・・・・








どのようにすれば費用をかけずに済むのか? 





毎日更新は当初から決めていたことなので、更新しやすいブログ形式にする事は

はじめから決めていました。

実は当初 アメーバ―の方で制作を試みたんですけど

アメーバ―ブログは原則 商用目的が禁止との規約がありまして・・・・

何となくFC2の方に落ち着きました。



商用目的というか、同業他社であるリフォーム会社さんが書いているブログって

一通り参考に見て回ったんですけど みんな・・・・・・



真面目ですよね 





中には関西ノリで 語り口も面白いブログもありましたけど

やっぱりがっつり費用はかけてらっしゃるようなブログばかりでした。




なら、ここはもう逆張りで 費用をかけて真面目なブログが多いんなら・・・・・・




ビタ一文かけない ふざけたブログにしてみよう、と 



ふざけた、っていうと語弊がありますけど

要はリフォーム会社ったって やっぱり最後は人と人との付き合いですから。

美麗な謳い文句も たくさんの社員もいない創造社の何を一番紹介したいのか?


大手であろうと それこそスーパーゼネコンさんであろうと絶対に真似できないのは

僕らという「人となり」。

それが伝わるHPにしたい、っていうのが一番のコンセプトであったかも知れません。




でも最近・・・・・




けっこう大きな工事のお引き合いをいただく事が多く

中には

信用確認のため、創造社の事前調査をさせてください 




っていう法人のお客様がいらっしゃるんです。





御社のHPのアドレスを教えてくださいって よく聞かれるんですよ 




あくまでも「人となり」を知っていただくというコンセプトですので

そういう真面目な意味で 創造社をお知りになりたい場合には ちょっと・・・・・

見ない方がよろしいのではないか、と 




どう取り繕うと創造社は創造社なんですけど、




でも、まあ・・・・・





もうひとつ真面目バージョンのHPつくっといた方がいいかも知れませんね 



アクセスありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。







Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

麻布十番 クライミンジム再び・・・・

スパイダー1

もう・・・・・・・・2年たつんですね 


2014年8月の記事でもご紹介しました麻布十番 クライミングジム「SPIDER」。

このブログ経由でお問い合わせをいただき、オープンの工事をさせていただきました。



これj当時の完成写真です

スパイダー9



あれから2年たち、一度 館内の全体メンテナンスのご連絡をいただき

スパイダー2





クライミング部 壁面の塗装工事を改めてする事となりました。

スパイダー3





いや、いや さすがに2年間 無数のお客様が頂点目指して上っていた壁ですから

スパイダー7

傷や汚れもなかなかのものがありました 

1回では仕上がらず 2回塗りの工程で塗装をしています。





しかし

スパイダー4

普段、床にひいてあるマットとか




これ何て言うんですかね・・・・・登る時に手でつかむ部分

スパイダー5

お客様自身で一つ一つ手作業での清掃をするらしく、大変な手間ですね






しかし早いもんです

スパイダー6

あれから2年。

けっこう地元の方にも認知度があがってきて、会員のメンバーも順調に増えている、とか。

工事中も近所の子供が訪ねてきたり、すっかりと地元に溶け込んでいましたね 

みんなで清掃を手伝ったりしていました。






工事は思ったより早く終わりましたが

スパイダー8

あれから2年。

創造社の名前をちゃんと憶えていてくださって、今回もまた声をかけていただいて

嬉しかったです 



オープン2周年を迎えた 麻布十番 クライミングジム「SPIDER」。

ご興味のある方は ぜひ一度遊びに行っていてください 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

ある意味 ババ抜きです (-_-;)

ババ抜き

長く仕事をやっていますと、

あ この話 やばいな ・・・・・・とか 

なんとなくリスクの香りを嗅ぎわけるようになってきます。



その手のリスキー話も大体、パターンがあるんですが

その一つは「法人」さんからの大規模な御見積のご依頼です。


馴染みのある会社さん、とかでしたら珍しい話でも何でもないんですが

稀にあるんですよね・・・・・


新規でいきなり数百万、数千万という規模の工事をやってくれない?

っていうお問い合わせです。


そりゃあ、こちらも商売ですし嬉しい話といえばそうなんですけど

それだけの工事を請け負ってらっしゃるんだから、

先方さんも昨日・今日の会社じゃないと思うんですよ。


だから単純に いつも疑問なのは

何故、従来お付き合いのある会社に頼まないんですか?

っていう事なんです。



逆に自分の立場で考えたら、数千万を初対面の人間に託すっていうのは

相当 根性のいる話ですし どうしてもそうせざるを得ない事情があったのなら

それをお聞かせいただけませんか・・・・・・・て。



エンドユーザーのお客様であれば不思議はないんですよ。

以前に頼んだことのあるリフォーム業者さんが潰れてしまっていた、なんてよく聞く話です。

そうなればネット経由なりで新しい業者を探して

僕ら創造社にコンタクトをいただいた。

これなら不思議でも何でもないんですが、

それがこと「法人」であり

まして それが同業の建築屋さんからのお引き合いだった場合は、

ちょっと?な印象はもちますかね。




だって エンドユーザーさんとちがって そういったリフォーム工事に

日常的に携わっている会社さんのはずですよね?

どうして それが下請けの業者の1つや2つを知らないんですか 




この手の話 たいがい仕事の条件が劣悪すぎて

従来の下請けさんが 業界用語でいうところの「ケツまくった」って話なんですよ。

要するに・・・・・・



やってられるか てやんでぃ 

お前んトコの仕事なんて2度とやらねーぞ状態ですね 



それは発注単価がせこいのか、

支払いがされないのか、現場の段取りがしっちゃかめっちゃかだとか

理由は色々なんでしょうが 要は下請けさんなり協力業者さんが育たずに

定着していないんです。



だから しょっ中 逃げられて その度に新しい餌食となる業者を探している、と。




多いんですよ、このパターン・・・・




創造社のお得意様。

あるいは新規でお問い合わせいただくお客様は大半がエンドユーザーさんですので

過去に そうやって たらい回しになったババを引いたことはありませんけど

今後はどうかなあ・・・・・




だって本当に何か理由がある場合だってありますよね 




君子危うきに・・・・・っていうもあるし

営業担当としては難しいところです 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックすると全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。




Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

塗装業界の巻き返しなるか?

オフィス塗装5

塗装工事。

言わずと知れた わが創造社の重要な業務の一つです 



自分は この業界の仕事をはじめて20年以上になりますが

駆け出しの頃、はじめてやらされた工事は塗装でしたね。



大体、オフィスの壁面っていうと塗装仕上げっていう位に主流でしたし

ホルムアルデヒドだ、なんだと環境や健康への意識が

それ程 高くもありませんでしたから

もう あっちこっちで有機溶剤を塗りまくれた時代でした。

いや、もう・・・・・・


今、思えば有毒物質だしまくりですよ 






段々と・・・・・

特に室内の塗装工事で今時 溶剤(シンナー系)塗料を使う方が珍しい位ですし

マンションや商業施設内では規約で「使用禁止」ってされているのがほとんどです。

やっぱり臭いがありますからね・・・・・



そんな理由からか、徐々に内装工事から姿を消しつつあった塗装工事で

そもそも今時の・・・・・

例えば新築のマンションなどで室内のどこかが塗装で仕上がっているのって

あんまりありませんよね。

大体、壁や天井はクロスですし 建具などは合板かシート貼などばかりです。

いいとこ・・・・・・外部の非常階段とかはありますけどね。




そんな中、塗装業界・・・・・・・というか

塗装会社さん達も細々と内装工事を続けるか

そうでない側は外壁塗装の方に活路見出して営業をされていますね。

でも それとて今時のマンションはタイル貼の外壁仕上げになってきています。

今は築の古いマンションなどの仕事もあるでしょうけど


本当にこれから20年後・・・・・


このままだと塗装業界の未来は暗いなあっていうのは 

よく うちの塗装屋さんと話していました。



でも、そんな流れをうけてか、最近では塗料メーカーさんも各社 

新しい切り口からの生き残りを懸命に模索されていますね。




健康、環境に優しい水性塗料をメインとした開発もそうですし

このように内装でも使える空気清浄などの機能性をもたせた塗料の販売。

塗料2







また、クロス(壁紙)では表現できないペンキ独自のテイストを活かしたもの。

塗料1

これなどは、本来はださない「カスレ」や「ムラ」という塗装工事独特のアラを

逆に あえて「味」として表現できるように開発された塗料なんです。





欧米では室内仕上げは塗装が主流なように

やっぱりお手軽性もありますよね。

壁紙は貼れずとも ペンキ塗りでしたら どなたでも一度は経験があると思います。


一番身近なDIYでもあるのではないでしょうか。



塗料メーカーさんもエンドユーザーさん向けの商品の開発に力をいれるなど



さて・・・・・




今後、この巻き返しがどうなっていくでしょうか・・・・・




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

23区ゲーム

23区

別に僕らのような仕事に限りませんが・・・・・・

仕事合間の昼休み 


毎日の楽しみっちゃ、楽しみなんですが 

あまりに毎日の事なんで なんだか暇な事もありますよね・・・・



あんまり暇な時

一時期、僕らの間で流行っていたゲーム(ギャンブル )があります。





23区ゲーム 





ルールはいたって単純で、東京都23区を一つずつ紙に書いてもらうだけ。

もしパーフェクトを達成出来たら飯なりお茶なりを奢りましょうという・・・・




簡単じゃん 




と、思うかも知れませんが、かつて挑戦者・・・・・・30名はくだらないと思いますが

いまだパーフェクトは一人もおりません 



もちろん23区で知らない区なんてありませんよ。

おそらく全ての区にも行った事があるでしょう。


でも意外と忘れている区がでるんですよ、これがまた・・・・・




私がファーストチャレンジした時は、東京都が14区になりましたからね 






論より証拠でやってみせましょう 




まずは・・・・・・




1、まあ港区ですよね。

2、お隣の品川区

3、目黒区

4、大田区

5、世田谷区

6、繁華街の新宿

7、同じく渋谷区

8、川でいうと・・・・・荒川区

9、江戸川区

10、忘れていけない北区

11、葛飾区

12、江東区

13、足立区

14、練馬区

15、杉並区

16、スカイツリーの墨田区

17、中野区

18、板橋区

19、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あれ? 





まだありますか?




・・・・・・・・・あと4つ? 



え~




環7を走ると・・・・・・・



高円寺・・・・は杉並で・・・・・・・・・池袋・・・・・・あ 



20、豊島区がありました。



マジで・・・・・・





あと3つ?




さすがに何回もやっているんで、20まで行きましたけど・・・・・



・・・・・・神田・・・・・・・・神田?





22、おお千代田区を忘れていました。

私の出身校ありますからね。




え~・・・・・






もはや・・・・












ギブアップ 






答え合わせでネット検索・・・・・






あと2つて・・・・



あ 








文京区かあ・・・・・・



お住まいの方には失礼なんですが、行かないっすもんねえ・・・・

後楽園がそうでしたっけ?

通りはするけど立止まって、電車なりを降りた事ないかも知れません。

仕事でも・・・・・・行った事ないですね。





あとは・・・・・・はい、はい。

台東区か 


上野というキーワードがでれば出たんですけどね。

つーか、考えてみると うちの奥さんが出産の時 入院してましたね、台東区 





過去に色々なチャレンジャーがいたというか、

みんな10やそこらはスラスラでるんですよ。

15・・・・・18あたりから苦しくなるんです。



そうなると、頭の中で環状線をドライブするタイプもいれば

地図で位置関係を一つ一つ思い出そうとするタイプもいます。

山手線の駅でヒントつかもうとするパターンもありますけど

大体、駅名全部覚えてないですよね 


もしくは思い出から辿る作戦もありますけど

出身校とか・・・・・・



でも、案外 忘れているのは私のように

思いっきり思い出のある区であったりもします 





失礼なんですが、かつての統計で忘れ去られるのが多いのは・・・・・・



文京区がダントツに多かったです 



意外と練馬っていうのも多いですし、大穴で中央区って忘れがちなんですよね。

ちなみに

うちの社長は今の自分の住まいである目黒区と出身校の千代田区を飛ばしました 




簡単そうにみえて 意外とできない このゲーム 



かつて 日常的に23区を走り回っている材料屋さんが22まで行ったのが最高記録です。

あの時は中野区を飛ばしました 







ぜひお試しあれ 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

訃報

以前に このブログでもご紹介しましたが

近隣で長年営業をされている同業の「株式会社 竹正」さん。


近隣で 厳密に同じ業態ではないのですが

同業として またライバルとして、目指す目標として・・・・・

親しくお付き合いをさせていただいておりました。





先日、竹正さんの本橋専務がお亡くなりになったという訃報をいただきました。





うちの社長と本橋専務は学校の同級生という間柄で

自分も子供の頃から・・・・・

またこの仕事をはじめてからも 変わらず可愛がってくれた優しい方で

つくづく残念でなりません。




お仕事をいただいて、あちこちの現場でご一緒もさせていただきました。





自分も独身の頃はよく近所のお店で一緒になり、

昼飯やお酒をおごっていただきました。




お酒が入っても説教じみた事をおっしゃる訳でもなく

仕事の経験談などを聞かせていただき、勉強もさせてもらいました。



近年はお体を悪くされて、一線を退いたとは聞いており

なかなかお会いする機会もなかったのですが

昨年・・・・・・うちの社長が主催したクラス会に出席され

元気だったと聞いていたのですが・・・・



お忙しい方でしたから・・・・・・

ゆっくり休まれてください。



謹んでご冥福をお祈り申し上げます

今まで本当にありがとうございました。




Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

比較サイトの行く末

比較

思えば いつ頃からだったのか・・・・

インターネット上に限りませんが、今や何の業種でも

いわゆる「仲介・比較サイト」と呼ばれるものが出回りましたよね。


・・・・・・・・・わがリフォーム業界も例外ではありません 



コンセプトとしてはエンドユーザーたるお客様と僕ら工事業者の間に

利害関係のない第3者がはいり、「公平・中立」の立場から数社の相見積をとって

お客様に提供をしよう、というもの。

お客様がそのサイトを訪問すれば、

そのシステムを無料にて利用できるというのが「売り」のものですよね。



今や本当に何の業種でも同様のものはあると思います。


最近は駅などでも保険関係の同様の店舗が多いですよね。

どこの保険会社が運営している訳でもなく、中立な第3者が各社の保険商品から

お客様にとって最適なプランをチョイスして提供するというもの。

従来、各社を訪問して回るしかなかった「比較」をその店舗を訪れれば

それで済むというコンセプトですよね。



以前にもこのブログ記事でとりあげたんですが

本当に そのコンセプト自体はいいと思うんですよ 



それが本当に そのように機能すれば、の話ですけど・・・・・・




案の定、先日ニュースにもありましたが

保険関係のそういった「仲介・比較サイト」では近年、トラブルも多いようです。

結局、中立・公平を謳う運営側にしたって 

やっぱり保険会社さんの「子飼い」jなんですよ。

初めからじゃないかも知れません。


でもやっぱりそうなっていくんですよ・・・・・



鳥と卵じゃありませんが、その運営店舗が各大手の保険会社さんの商品を

「扱ってやっている」のか「扱わせてもらっている」のか、ですよね。

ボランティアでやっている訳でもあるまいし、

お客様に例えばA社の保険商品を契約してもらえば、

その仲介店舗にはA社からマージンが入るでしょう。



じゃあB社の方がそのマージン設定が高ければ?


当然、そりゃB社を優先してお客様に提案するはずですよね。




ニュースでは契約強化キャンペーンと称するノルマが

保険会社さんより課せられている仲介店舗さんがいる事や

C社側から もし今月○○本の契約をとってくれたら温泉旅行をその仲介サイトに

プレゼントする、なんていう裏操作なんかもある事実が報道されていました。


これじゃ、お勧めする商品にも偏りがでてきて当然ですよね 



マージンのバック率がよく、特典もついていくる○社の商品ばかりを押したくもなるでしょう。


学資保険や終身保険は契約をとってもバック率が低いので

みな元本割れのリスクある投資型の商品などをお客様にすすめ。

結果 詳細な説明もなく契約をさせられたユーザーさんとの間に

全国でトラブルが続出しているようです。




よくこんなのを「御用~」なんていいますよね。


結局、中立・公平を謳っていても 蓋をあければ

どこか大手の御用聞きみたいなもの、っていう意味なんだと思いますが

ジャーナリズムなんか本当にそうですよね。



新聞であろうとテレビであろうと どこもが共通した論調ではありませんし

時には朝日新聞と産経新聞じゃ 事実そのものの認識が異なっています。

結局、スポンサーの意向なんですよね・・・・・


」以前、そんなマスコミを「御用ジャーナリズム」と切り捨て

読者からの支援のみで成り立つ我らこそ真のジャーナリズム、なんて謳っていた

雑誌がありました。

他のマスコミと一線を画し、スポンサーの意向に媚びず

真実のみを暴いていく・・・・・なんて言ってましたが 結局 潰れましたね 


そりゃあ業界の大手すべてを敵に回すみたいなもんですから、

なかなか成り立たないというか・・・・・・

資金力もないですから広告宣伝も乏しいですし

結局 過激な記事内容で読者を惹きつけるしかなくなり、

どんどんプライバシーや事実確認を無視した内容に偏っていったらしいですね。




わがリフォーム業界の「仲介・比較サイト」も出回ってきてから久しいですが

いずれ同じような道を辿るのか、





中立・公正を謳う第3者が いずれ業界の利害関係に巻き込まれていく・・・・



よくある話っちゃ話ですが

今後どうなっていくのら・・・・


アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

そのデメリット・・・教えてください (/・ω・)/

天秤

今更ですが・・・・・・

創造社は会社です 


小さな会社ですが

それでも会社として事務所を構えていますと、

まあ日々 色々な営業マンがやってきます。



保険、コビー機のリース屋さん、電話屋さんに材料メーカーの営業さん。

車のセールスから金融屋さんに・・・・・・ヤクルトのおばちゃんまで 



普通なら うっとおしいとか思うのかも知れませんが

私 案外そういう人たちと話すのが嫌いではありません。



なぜって・・・・・・




自分も営業マンですから 





皆さんの「しゃべり」を自分の営業トークの参考にしている 

はっきりとそう意識している訳ではありませんが・・・・・・・

でも反面教師にしているのはあるかも知れませんね。



中には やっぱりいい印象を持てない営業マンもいます。



電話で腹立つのは、いきなり「社長はいますか?」ってやつですね。

名前も名乗らず、用件もいわないで いきなり責任者だせ、ですから

そういう輩には 例え社長がいようと外出中になります 



反面 礼儀もよく ご提案してくれる商品も魅力的ってな営業マンもいます。



従来の物より性能も良くなる、コストもかからない、設置するのに時間もかからない・・・・・



これが本当なら断る理由なんてありませんよね 


だから、そんな時 自分はいつも言うんですが



「・・・・・・・・・・・お話はわかりました 

仰ることが本当ならぜひ契約をしたいんですが、

この商品の専門家、プロたるあなたに聞きたい。 

ぜひ教えてください 

この商品の・・・・・・・」









デメリットって何ですか? 






世の中、どんな商品であれ、何であれメリットの裏にはデメリットがあるもんです。

いい事ずくめの話なんて ないっていうか・・・・・


恋愛だって、子育てだって、もっと言ってしまえば宝くじに当たるのだって

人間関係に影響がでるなり やっぱりデメリットっていうのはある訳ですよね。


メリットを並び立てるのが営業トークの基本であるのかも知れませんが

その営業マンが デメリットも正しく理解していて 包み隠さず話をしてくれ

その点に対してどういうフォローを用意してくれているのか?



その営業マンが信用できるか、どうかの一つの判断材料にしています。



逆にいえば自分がお客様に対して いつも心がけている事なんです。


メリット・デメリット両方のお伝えができているからこそ

トラブルも防げます。


魔法の言葉


メリットはいいからデメリットを教えてください。




ぜひお試しあれ 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。