株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

漂流の黒豆ん (-_-;)

創造社1

黒豆号 

せまい渋滞道路もなんのその、

23区内の仕事が多い創造社における私専用マシーンです。



23区内だと道路も入り組んでいる場合もありますし

車だと駐車料金もかかります。

神保町とか銀座とか、高いですからねえ・・・・

秋葉原もハンパなかったす 




工事当日に材料や道具を積んだ車は もうしょうがないですけど

それが事前の下見やお打ち合わせといった場合には

本当に原チャリ君は便利なもんです。







 






最近は、ホントに例の駐車監視員さんが多いですねえ・・・・

昔はお巡りさんにも お目こぼしだった

われら原チャリ族も容赦なく取り締まりの対象にされています。

見つかると・・・・・・




罰金15000円なり 






しかし、こうなってみると余計に困ってきました。

駐車

先日も赤坂の方に 

HPよりお問い合わせのあったお客様のところへ行ったんですが

駐車場がない、ない 




車のコインパーキングは どこに行っても そこそこあるもんですが

われら原チャラ―は「駐輪場」しか停められません。

駐輪場付きのコインパーキングっていうのもあるんですが

まあ・・・・・・・10カ所に1つくらいしかありませんね 





一般のお住まいなら 図体も小さいですから

ちょいと軒先をお借りするって事でもいいんですけど

オフィスビルですとかマンションにお伺いする場合ですと

来客用の駐車スペースはあっても、駐輪スペースってありません。

あっても お住まいになっている入居者様専用スペースですよね・・・・




そうなったら もう・・・・・・・狙うのはコンビニ前か銀行の駐輪スペースです 




大変申し訳ありません 





違法駐車の取り締まりがうるさくなって、

それはそれでやむを得ない事なんですけど 

都内だと車の駐車場不足が問題化しており

各自治体さんも対策には躍起になっていますね。




自治体さん 





駐輪スペースも けっこう不足してますよ 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

渋谷区 エレベーター ダイノック工事 完成

EV.jpg

昨日深夜から 本日早朝の・・・・・4時まで 



手配していた材料が届かなかった等 トラブルもありましたが

EV2.jpg

何とか完成をさせてきました。




ピークは・・・・・・深夜2時過ぎくらいでしたか。

EV1.jpg

職人さんが この姿勢のまま寝そうになっていましたね 






先週末の夜仕事のダメージを引きずりつつの今回でしたから

EV3.jpg

いや、いや疲れもしましたけど 無事に終わって何より 




早朝4時に終わって

職人さんたちは そのまま次の現場に直行していきました。

うちの仕事ではないんですけど、朝8時の開始らしく

もはや家に帰る時間はなかったようです 



これも年のせいですかね・・・・・・

一睡もしないと やっぱり眠いですわ。





自分も 今日は朝から別現場で仕事してるんですが

さっきから自分でも訳のわからない行動が多々みられます 



大規模な大ボケする前に今日は早めに帰ろう・・・・




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

渋谷区 エレベーター ダイノック工事

シート1

さて、現在時刻・・・・・・・深夜1時 


今朝 予告した通り先週末のリベンジとなる

エレベーターのダイノック工事を作業中です。

シート2

眠いです 



先週は徹夜明けでも土・日と休めたからまだよかったんですが

本日の作業終了時刻・・・・・・・予想は5時 





・・・・・・・・・・あと4時間 





しかし

その3時間後には別現場に出勤せねばなりません 




まだ月曜日ですからね・・・・・



やれんのか?








やれんのか、俺? 






そんな自問自答を繰り返す渋谷区から

本日のブログ更新をお送りしています。





職人さんも頑張ってくれています

シート3

それにしても、太ったな 君 







それはいいとして

明日の夜 布団に入れる時がが待ち遠しい・・・・・・





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

他人のミスで頭を下げるという事。 (-_-;)

モーセ

何の仕事をしていても同じようなは事あると思いますが・・・・

何といっても

自分は悪くないのに誰かに怒られる事ほど つらいものはありませんよね 



この記事を書いているのは6月27日の㈪なんですが


先週末 24日㈮は夜仕事の現場だったんです。

スタートは夜の8時から。

もちろん昼間は仕事して そのままのフェードインです 



フェードアウトできたのは土曜の朝6時くらいでしたから、

ほぼ24時間一睡もしませんでしたね・・・




ま こうなるのはわかってたんで 今回は週末に予定をもってきてたんですよ。

最悪、オールになっても土曜・日曜と休めればいいや、って。

今週は別の工事も忙しいし、あまりダメージ引きずりたくもありませんでしたからね・・・・








そんな目論見と共にはじまった 金曜の夜仕事だったんですが

しょっぱなでコケました。

エレベーターにダイノックシートを貼る現場だったんですが、夜8時を待って

さあ スタートしよう、って時に材料をひろげましたら・・・・






ん?








おや~? 










全然足りない 







総数40mは必要なはずの材料が・・・・・・

20mもない 







今回は現場の下見に材料屋さんも職人さんも一緒にきて

実際の計測をしてもらった上で発注をしていました。

そんな・・・・・





これが昼間であるならば メーカーさんの倉庫にダッシュして

在庫をもらってくる事もできたのですが いかんせん週末の夜8時 

もうどうにも手の打ちようがありませんでした・・・・



お客様に事情をお話して、今晩はある材料でやれる限りのところまではやっていきますが

申し訳ありません、続きは・・・・・・翌月曜日・・・・・すなわち今日やります、と・・・。

そんなに怒られもしませんでしたけど、喜んでもいらっしゃいませんでしたよ 




どのみち別工事も同時進行だったので、徹夜したのには変わりはなかったんですが

予定していたダイノック工事は途中までしかできず、

めでたく本日 週のしょっぱなから完徹仕事が決定しました 





まったく・・・・・





蓋をあけてみれば 計測をした材料屋さんの大ボケだったんですが

1日で終わると思っていた私も職人さんも2日夜仕事の羽目になって

お客様にもご迷惑をかける結果になってしまいました・・・。



愚痴りたくもなります 



お仕事のご依頼をうけて、いい御見積をお出し出来て

正式なご発注をいただいて 日時と人数の手配も滞りなくすすみ・・・・

材料屋さんに正確な計測をお願いしたうえで当日に臨んだ。




これで手違いがおきるんじゃ どないせえっちゅーんじゃ って感じです 




でも、冒頭にも言いましたけど仕事ではよくある事かも知れませんよね・・・・

たしかに自分自身のミスではなかったのかも知れません、

あえて言うなら 材料屋さんの計測だけに頼らず、自分で確認をしておくべきだった。

それもあったかも知れません。



でも、どんなに愚痴ったって 一番悪くないのはお客様ですから・・・・・

もう1日余計なお時間もいただく事にもなってしまいましたし、

僕は悪くなかったんです、なんて子供の言い訳しててもしょうがありませんよね。



材料屋さん、下請けさんのミスは全部 自分の責任。

それが元請けとしてお客様からお仕事を任されている自分の立場です 




しかし、私も人間 






今晩、材料屋さんに会うんですが  これはもう・・・・






お尻ぺんぺんでは済ませませんね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

建築職人のファッションショー?

ファッションショー

先日、いつも購読している業界の専門誌があるんですが

その記事で・・・・・・





「長く着る”全く新しい「作業着」を発信!7/12-13開催」

リフォーム業界の専門新聞、リフォーム産業新聞社(東京都中央区)は、
全く新しい建築職人向け作業着を発信する
建築職人ファッションショーを7月12日、13日、
東京ビッグサイト「リフォーム産業フェア2016」で開催します。






ファッションショー? 



一見 突拍子もないイベントのようですけど

私も過去にブログで それもアリかな、って記事を書いた事がありました。

さすがにショーを開催せい、ってんじゃありませんでしたけど

いわゆる建築現場に従事する人間も 

今後はもっとファッションが洗練されていってもいいんじゃないかなあ、と 



私自身もサラリーマンからの転職組ですから、

正直 はじめは違和感ありましたよ・・・・・・この業界のファッションに 



そんな反発の意味もあってか、現在の創造社の制服をつくる時も

なるべく建築していない・・・・・・

ちょっとパッと見 イベント屋さんにみえるようなデザインにしてみました。

制服

まあ、若かったせいもありますが 




自分で経験してみてわかったのは、やっぱりこの業界のユニフォームって

消耗品なんですよ。

現場作業で汚れもしますし、釘をひっかければ しょっちゅう破れます。

夏場なんかは半日で汗びっしょりにもなりますし

2,3着を大事に愛着もって着ていけばいいってもんではないのが実情です。



それに機能面もあります。

創造社の制服はなんというか、イベントブルゾンでビニール地なんですが

溶接3

溶接の火花をくらうと穴あきますからね 

こういう場合は脱いでますけど・・・・・




だから素材も決まり切ってきちゃうんですよね。




消耗品であって素材も決まり切っているとなると

なかなかファッション性をもたせるのは難しいんだなあ、っていうのは確かにあるんです。



来月の東京ビックサイトかあ・・・・・

近いし、ちょっと行ってみてみますかね、そのファッションショー。



当日はステージの上で実際の作業をしながらのお目見えという演出らしく

それもちょっと面白そうです。



期待したいですよね。

やっぱり、軽薄だの言われようとも 

若い人なりから見てカッコいいと思われるイメージも 今後 業界には必要だと思います。


実際、若手の建築職人さんはこの10年で100万人も減少したなんていうデータも

あるようですし、若者離れを食い止め 憧れをもってもられるような仕事となれば・・・・・

その一助に こうした活動が結び付けば それは本当に意義があると思います。



その昔 憧れの職業の第一位はいつも大工さんでしたよね。


建築業界の復権のため・・・・・・



ビックサイトぜひ行ってみたいと思います 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

インテリアコーディネートの考え方 ~色のバランス~

コーディネート

たまには真面目な記事をひとつ 



インテリアコーディネートっていう言葉がありますが

意味は広いですよね・・・・・


単に内装デザインを指す場合もありますし、

家具などのファブリックを含めたコーディネートの場合。

あるいは音響や嗅覚に訴えるアロマのチョイスまで含めたものを

そう呼ぶこともあります。




インテリアコーディネーターさんというのは一応、資格試験のある職業です。

資格がなきゃやっちゃいけないという訳でもありませんけどね 


わが創造社でも資格を持った人間はいるんですが

あまりそれを前面にだした営業というのはしていません。


最後に決めるのは やっぱりお客様ですから・・・・・

専門家としてアドバイス、っていう事を求められたら させていただく位です。




専門家がいる位だから難しいイメージもあるかも知れませんが

決してそんな事はないというか・・・

物事なんでもそうですが「原則」っていうのがあって


あとはもうセンスの問題ですから、それは勉強して身につくものでもありません。

ちょっと知識だけ一般のお客様より かじっている程度ですよ、僕らだって。



そんなインテリアコーディネートの原則を色から考える今回 

そのデザインを考える時には まず大きく分けて3つ。


「ベースカラー」 と 「アソートカラー」。

そして「アクセントカラー」っていう分け方をして考えると整理しやすいと思います。



ベースカラーっていうのは まんま そのお部屋のベースとなる色です。




例えば この写真でいえば

コーディネート1

壁そしてアングルでわかりづらいですが天井のライトアイボリーが「ベースカラー」です。

続く「アソートカラー」っていうのは「従属色」や「補完色」っていういい方もあり

要はベースカラーの次に多く使う色。

この写真でいえば、床のフローリング、木のベンチ、ラグマットなどに用いている

ブラウン系のカラーリングになります。


アクセントカラーは この場合 スカイブルー系のソファーになりますかね。




基本、色使いという観点からいうと

この3つのカラーの組み合わせでデザインをおこないます。



バランスとしてはアクセントカラーは全体の1割程度に留めるのがグッドとされており

ベースカラーはお部屋の半分以上を占める色。

結果 アソートカラーは2~4割程度に配分するのが理想という原則があります。





まあ、本当に原則というだけで

コーディネート2

こちらでいえばアクセントは黄色と緑の2種類を使っています。

1割程度という原則からは外れているかもしれませんが、全然おかしくはありませんよ。

でもちょっと賑やかにみえる印象はありますかね・・・・





どうでしょう?




リフォームの際に そのデザインに迷ってしまったとき、

ちょっとしたお部屋の模様替えをしてみようと思われた時。



この3つのカラーの意味、配分・・・・・・



ちょっと参考になさってみると より系統のはっきりした

ないすコーディネートが生まれるかも知れません 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

ホイットニーあらわる (-_-メ)

鶴

うちの奥様。

最近はボイストレーナーとして生徒さんを教えたり、

自身のライブ活動など なんだかバタバタと忙しくしていますね。



私としては別に共働きせんかい、と強制をしている訳でもないんですけど

こういう歌の仕事は

彼女の夢の部分でもあった事なので まあ自由にやってもらっています。



それはいいんですけどね・・・・・




最近、娘の千晴(2歳)と私が寝入った後

うちの奥様が歌の練習をしている事があるんですよ。

うちのマンション、なんだか防音性だけはすごくて

扉を閉めると あんまり音は聞こえません。

もちろん完全に、ってわけには いかないんですけど・・・・





先日も私がトイレに起きたら 静寂の暗闇から 何か聞こえたんですよ。



・・・・・・・・・♪~






(あん)? 







んで

風呂場の脱衣所のドアを開けたら・・・・・







れりご~ ♪ 

れりごー

雪の女王様が 熱唱していました 



ある時はホイットニーが エンだ~叫んでますし

さすがプロの声量といいますか、防音壁をつきぬけての攻撃に

さすがの私も目が覚めます 


まったく・・・・・



と、いう訳で

最近では創造社の防音設備つきの作業所で練習をしてもらっています 

さすがに あそこなら一切 音はもれませんしね・・・



それはいいんですが

その完璧な防音が気に入った奥様。

作業所での練習に入ると 4時間は出てきません 



そんなに歌うのが好きなんですね・・・・・





では、そんな奥様のナンバーから どうぞ 



寝不足の原因はこちら (-_-;)




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

「人」こそ最重要のインテリアです

おかみ

僕ら創造社が日々おこなうリフォーム工事 


特に飲食店などの店舗を経営されるお客様から

単純に年数のたった店内を「綺麗」にしたい、という漠然とした

ご希望はあれど

色、柄、組み合わせ、材料・・・・・・

それこそリフォームには無限の選択肢がありますので




どんな内装にリフォームするのがいいのかしら 




と、アドバイスを求められる事が多いです。



それが小規模であれ、大規模であれ お客様にとっては

自分の子供にも等しく愛着ある お店のリニューアル。

それで生計をたて、少なくもないご予算をかけてのご計画ですから

お悩みになるのも、まあ至極当然であると思います。



そんなお客様にいつも言う事で

身も蓋もないっちゃ、ないアドバイスなんですが


どういう内装のデザインがいいか?




そうですね・・・・・・・あんまり考えないのがいいと思いますよ 






別に直感で決めろ、とか適当に決めちまえ、てんじゃありません 



特にそれが長年、営業をされていた小さな店舗である場合

これは僕らの経験上でもそうなんですが、内装なんて2次的なもんなんですよ。


僕らがどんな ステキングなインテリアコーディネートをしようと

ぶっちゃけ売り上げにそんなに影響があるとも思えません 



これから新規にお店を始める、ですとか

今後お店の方向性を変えていきたい、っていうのであれば一定の効果もあるでしょう。



でも、そうでない場合

これまでお店を維持して、売り上げをあげてこれたのは

内装のおかげなんかじゃないですよ。

・・・・・・・・・・日々、お店にたつお客様の力です 


どんな綺麗な内装のお店であれ、あなたがいなくて、あなたが作る料理がなくて

あなたと話すことができないお店は それはもう全然違うお店なんですよ 



最低限のコーディネートの原則くらいはアドバイスもしますけど

なるべく今のお店のイメージから あんまり思い切ったイメージチェンジは

逆に常連さんの足を遠のける事にもなりかねません。


今までと同じく あなたが厨房に立ち 変わらぬ常連さんを大切にしていくのであれば

内装のデザインなんてそんな重要じゃありません 



リフォーム会社の営業担当がいう事じゃないかもしれませんけど  




内装って 特にそれが店舗であった場合

逆にいえばそういう劇薬な面もあるんです。


実際、過去にあったんですが

先代のお母さんから続いた居酒屋を 長年手伝っていた娘さんが継ぐことになったんです。

それを機に内装のフルリフォームを創造社にご依頼くださったんですが

新たに女将となる娘さんの希望としては 従来のイメージの刷新でした。

近所のおじさん常連客の多かったお店を若い人や女性が多く集まるような

お店に変えていきたい、と・・・・・・




そのコンセプトに沿って 大胆な色使いをあしらった和風モダン的なお店に

2か月がかりでリフォームしたんです。



結果的にいえば大成功でした 




麻布十番、っていう場所柄もあったんでしょうが

夜な夜な芸能人さんが集まったり、雑誌にも頻繁にとりあげられるようなお店になったんですよ。

お客様のご希望からすれば、大成功だったんですけど

常連さんからは恨まれましたねえ・・・・・



若い人ばっかりで もうあのお店行けなくなった、ってよく言われました 




半分 笑い話ですけど 半分マジな経験だっとと思います。

内装は2次的なものでもあるけど、

反面 その一錠が時には大きく影響する劇薬にもなるんだな、と。




でも、居酒屋さんの例えにしろ 

お店として成功しているのは やっぱり新たに女将さんとなった娘さんの力です。

それをほんのちょっと後押ししただけ、だったんだと思います。



あれから10年・・・・・




いまだに近所の常連だったおじさんたちに文句を言われ続けています 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

叱られたいですか?

叱る

齢40を迎え・・・・・

結婚し、子供の父親となって つくづく思う事があります。



それは

人間には 間違いなく2つのタイプがあるもんだ、と 



圧倒的に多いのは いわゆる「褒められて伸びるタイプ」でしょう。

どんな子育て本を読んでも、

一方的に叱らずに長所を伸ばす事が大事とあります。

円満な夫婦関係の秘訣も また同じかも知れません。

これがノーマルなタイプ 




しかし、まれに・・・・・・

「叱られて伸びるタイプ」も少数ですが世に存在すると思います。

・・・・・・私を含めて 



良くいえば「謙虚」なんですよ。

褒められて有頂天になる事を良しともしませんし、

人から注意を受ける、という事は 

まだまだ自分自身をバージョンアップできる余地があるとも考えます。







まあ、「更に褒められる為に」精進努力を続けるっていう考え方もあるんでしょうが

どっちかというと もう叱られたくないから努力をするタイプです。

犬と同じで 叱られないとわからないんですよ 



しかし、齢40となって・・・・

いや、本当にそういう謙虚な姿勢はいいと思うんですよ。


でも一方、言い換えればそれは自信のなさの表れなんだという事を思います。

周囲の意見を取り入れる姿勢自体は素晴らしいものかもしれませんが

逆にいえば自分自身の主体性がないという事でもあるんでしょう。



40までの自分はどこか、今の自分はまだ途上で 本当の自分じゃないと

思っていた気がします。

謙虚に周囲の意見も聞かねばならないし、半人前の自分には

何か重大な意識決定をする資格などない、位に思っていたのかも知れません。

だから本も読みましたし、偉人の言葉に影響をうけ

取り入れられるものは何でも謙虚に吸収すべきと思ってやっていました。



でも齢40・・・・・・・人生の半ば。

もうそろそろ

今まで培ってきた「自分」で人生を勝負してもいいんじゃないか。

言い換えれば いつまで修行してんだよ、お前 

ってとこでしょうかね。



そう思えた時、やってみた時 意外と自分はつまらない人間でないと思えました。

ちゃんと出来るじゃないか、周囲の人だって評価してくれるじゃないか・・・・

今までやってきた事は間違いではなかったんだと、

少々の自信ももてるようになりましたし

そうなって はじめて見えてくるものもありました。

それは自分なりの人生の悟りであったのかも知れません 



どんな立派な言葉であれ、心がけであれ

それが「借り物」であっては人の心に届かないと思います。


どんな理論武装をしようと、

うちの奥様の





ふ~ん・・・・・・・・・で? 





には敵いませんよ 




言葉以前にエモーショナルな心の叫び、主張をしなきゃ

奴の心には私の要望が届きません。



子供もしかりですね・・・・・




そんなことを学ばせてもらっている気がします



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

お客様からのクレーム対応

クレーム1

「モンスタークレーマー急増! 10人に一人がトラウマに・・・・・」


先日、リフォーム業界新聞の記事で そんな現状を紹介するものがありました 


いやいや・・・・




恐ろしい話です 





紹介されていた記事では、

いわゆるマッチングサイト経由でリフォームを契約したお客さんだったようなんですが

工事完了後に

「こんな工事は頼んでいない、やり直せ  」


「頼んでいた商品と違うものが取り付けられている  」


「傷がついているぞ、このボケ  」



とのクレーム100連発で、結局 終わった後のクレーム処理で

その業者さん、工事の利益が全部ふっ飛んだそうです 



恐ろしい話だす・・・・・




だた、まあこの記事を読んだだけでも 

いくつか気になる事はあったというか・・・・


こんな工事頼んでない、ったって この業者さんは契約前に内容を明記した契約書を

お客さんと交わさなかったんですかね?

これが総額いくら位のリフォームであったかわかりませんが

ある程度の工事であれば 普通その用意はすると思うんですけどね・・・




これも同じですが

頼んでもいない商品が取り付いている・・・・・・・て

どこのメーカーの何という商品を使用します、っていうのは

僕らでしたらまず御見積書に記載をしますし、それが大規模なリフォームであれば

図面上の仕様表に明示をします。




まず、このへんが気になったといういうか

この業者さんが

工事をお客様とのを口約束のみですすめてしまった、という事であれば 

そりゃ言った、言わないのトラブルにはなりますよね 





それ以前に やっぱりマッチングサイト経由っていうのがマズかったですよ・・・

以前も記事にしましたが、こういったサイトの存在自体を否定するわけじゃ

ありませんが、やっぱりトラブルは多いんですよ。

そのサイトがどんな間違いのないシステムを用意していたところで

リフォームってやっぱり信頼関係が大きいんです。


お住まいというお客様のプライベート空間にお邪魔して

それなりのご予算までお預けいただくのが僕らの仕事です。


それをマッチングサイトで どんなに安い値段で契約ができたとしても

しょせん初対面で画面上だけの付き合いじゃないですか。


言ってみれば「うわべ」だけの付き合いな訳で

万一トラブルとなった時も

このお客さんなら、この業者さんなら信頼できる、っていうところまで

人間関係を築けていなかったのも一因だったのだと思います。



逆にいえば

そういいた関係の構築に付き合ってくれる業者さんがグッドって事 



お客様にとってはリフォームっていうのはオンリーワンなんです。

人生で滅多にやる事ではないですし、

納得いくまで いくらでも お時間をかけて検討をすればいいんです。


でも、ぶっちゃけ僕ら業者にとってはワン オブ ゼムなのが正直なところです。

そのお客さんのリフォームっていうのは

日々、毎日行っている全部の工事に一つでしかない訳なんですよ、



さっさと信用してもらって、ちゃっちゃと片付けて次に行きたいのが

業者側の本音でしょう・・・・



でも、僕ら創造社でいえば それがわかるからお客さんと時間をかけるんです。

甘言を弄して手っ取り早く信頼をいただくっていうのも

出来ない事ではないかも知れませんけど、そんなの後々のトラブルの元ですよ。



自分自身の創造社20年の経験でいえば

お客様からひどいクレームをいただいたことも、トラブルになったことも一度もありません。


いや、こう書いちゃうと どんなエクセレントな業者なんだ、創造社って思われますけど

ぶっちゃけ工事の失敗位は山ほどありますよ。

昨日も切らなくていい部分にノコギリいれちゃって大変でした 





失敗はあります。

軽微なクレームっていうのも もちろんいただく事はありますよ。




でも モンスターなクレーム、とかトラブルっていうのはないんです。




何でか?



んなもん・・・・








とっとと謝って責任をとっているからです 


それが正当なクレームであれば責任をもって対応しますし

建築に明るくないお客様ゆえの疑問であれば お時間をいただいて説明をします。

それが無理難題なクレームであれば 徹夜してでも とことんま話し合います 



創造社 ノークレームの伝説は伊達ではありません 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

1日の作業時間の考え方

スタート

創造社の就業時間は一応 週休2日で朝の9時から夕方6時までなんですが・・・・






まあ、あってないようなもんです 






この数か月、土曜日が休みだった記憶がありませんし、

6時までに家に帰れたというのは 

数値であらわすと おそらく4%くらいだと思われます 


それはいいとして・・・・・





僕らリフォーム業界、っていうか建築業界でいっても

何というか、厳密に共通の作業開始時間ってありません。


ゼネコンさんなどの いわゆる野帳場でしたら 朝礼が8時半とかですし

一般のお住まいなどの町場の現場では まあ9時が基本ですかね。


でも これも「原則」としてそうだっていう話で

お客様がお住まいでない店舗などの工事では8時っから作業スタートする事も

ありますし、それが商業施設ビルなどであれば営業が開始される11時まで

待たねばならない事も。


あとは工期しだいもあります。

日数に余裕がなければ早くからやりますし、余裕があるなら・・・・・・ですね。



原則はありますけど、そのへんはもう本当にフレキシブルですね。



もう長い事 工事で出入りをさせてもらっている港区のマンションがあるんですが

そちらの作業開始は原則10時からなんです。


多くのご入居様がいらっしゃるマンションなので、

あまり朝九時のみなさんの出勤時間に

僕ら工事業者がかぶるとエレベーターがなかなか止まらないとか、ありますよね。

大きなマンションで多いときには数十人の工事業者が出入りをするような事もあるので

僕らの方で1時間ずらして お客様にご不便をおかけしないようにしています。



1時間ロスすると工期に影響が・・・・・・って始めは思っていたんですけど

あんまり影響ないんですよね。


その分、午前中の休憩はしませんし 遠方からやってくる下請けさんなんかだと

1時間遅いおかげで朝の渋滞がなくって嬉しいと、好評です 



面白いもんで、1時間遅いって事は8日間の工事だったら

もう丸一日分 工期が短くなっている計算になるはずなんですど

実際はそうでもないんです・・・・・・・



それならそれで、無意識に効率よく動くんですよ 体が 





別に普段の作業が無駄ばかり、って事じゃありませんよ 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

禁煙のススメ

喫煙

以前にもとりあげたテーマですが・・・・・・「喫煙」 



個人それぞれの嗜好品、っていってしまえばそれまでなんですけど

現場の管理において けっこう重要な問題なんです。


塗料や接着剤など引火性のものも多いですし

お客様のお住まいの中で喫煙するなど論外の所業です 



よく現場で こんな灰皿を置いているのを見かけますが

灰皿

これも吸い殻はともかく 細かい灰がけっこう周囲や床に飛散するんですよ。

以前は僕らも1コ現場に置いていたんですが、もう使っていませんね・・・・



現場の職人さんにとって 10時・3時のお茶休憩は何よりの楽しみってとこもありますし

その時の一服がまた格別、ってのもわかりますから

喫煙者の職人さんが居るときは 一戸建てのお住まいの工事ならご許可いただいて

庭先か軒先をお借りするか、自分らで乗ってきた車の中で休憩してもらうようにしています。



しかし

建築業界も喫煙者が減りったもんです 


自分が働き始めた頃は喫煙率・・・・・・

というか、禁煙率0%くらいだったと思います 


禁煙するのは根性ナシみたいに言われてましたもんね・・・・





今、周囲の仲間や職人さんをカウントしても

60・・・・・・ないし70%位は禁煙をしています。



若手の職人さんなんか 吸ってるのを見つける方が珍しい位ですね。



以前はゼネコンさんの現場 いわゆる「野帳場」などでは

上述のスタンド灰皿がずら~っと並んだ喫煙スペースをが設けられていましたけど

最近では現場内完全禁煙も珍しくないと聞きます。


職人さんの中には そんな流れをうけて禁煙する人も多いようです。

あのだだっ広い敷地の野帳場で

いちいち休憩のたびに現場の敷地外にでるのも大変ですからね・・・・・

それが面倒で禁煙した、って職人さん けっこういますね。



おかげで 禁煙した うちの職人さん 何か最近かみんな太ってきています 



現場監督の立場からすると 禁煙してくれるのは歓迎なんですが

若い子らなんかは その代わり休憩中はずっとスマホをみてたりで

ちょっとコミュニケーションとりづらいのはあります 




これも時代の流れですかね・・・・




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

プレッシャーに打ち勝つ方法 ( `ー´)ノ

緊張

それが仕事の場面であれ、プライベートであれ・・・・

誰でも「緊張」」する事 「プレッシャー」を感じるっていう経験はあると思います 



自分の場合は まあ一言でいってしまえば「開き直り」なんですけど

それを男らしく気合いだ、根性だ、っていう「開き直り」ではなく




自分自身が納得するまで とことんまで 





女々しく悩んだ末に開き直ります 



最後はもうブチ切れているといいますか、

こんだけ悩んで結論が出ないもんは もうしょうがない 

これは・・・・・・






どうやら俺の頭では 考えても無駄だ、と 



つーか、解決策などない 





よし 





寝よう 



というか

だったら今だけでも忘れてリラックスしとくなり、せめて体を休ませて

明日どんな事態になろうとも対処できるスタミナをつくっておこう、って思うようにしています。



ま 現実逃避ともいえるんですがね 






でも、考えてみると緊張するなりプレッシャーを感じるっていうのは

裏を返せば失敗を恐れている、っていう意味であって

それを恐怖というのであれば

恐怖っていうのは未知の存在や未知の出来事に対して感じるもの・・・・



じゃあ、具体的に もし失敗してしまったらどういう事がおきるのか?


それを考えてみる事もプレッシャーンに打ち勝つ事につながる訳ですし

そう心がけています。


人間 プレッシャーや緊張を感じているときって 冷静ではないですよね。

もう 頭の中ぐちゃ~となって 「失敗」を「失敗」としか思えないというか・・・・・

失敗っていうのは何かをミスする事であって それ自体には何もリスクなぞありません。

問題はその「失敗」がひきおこす「結果」なんだと思うんです。



この失敗をした「結果」 どういう不都合が自分の身におきるのか?



それは2度と取り返しの聞かない不都合であるのか?



こう考えた時って、案外 何でもない事が多いですよ、失敗なんて。


別に命をとられる訳でもあるまいし、

長い間の努力がパーになってしまう「結果」なんてのもあるかも知れませんが

それだって今の自分ができるベストを誠心誠意尽くした結果であるなら 

周囲は誰も自分を責めないと思います。

自分で自分を許せない、っていうなら そんな失敗でつまずいていないで

さっさと立ち上がって再チャレンジすればいいだけの話ですよね。





自営業を20年もやっていますと・・・・・・




こんな逆切れ体質が身に尽きます 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

素晴らしき珍発明?

小便器

先日ヤフーニュースにて面白い記事がありました。

↑ これ 男性陣にはおなじみ いわゆる小便器というやつです。


面白い・・・・・

と、いうか 僕ら創造社が日常的におこなうリフォーム工事の難しさ。

案外、単純なものではなく人間の行動学ですとか、

変な話 心理的な影響にも考慮する必要が時にはあります 


そんな意味で すごくわかりやすい記事だっといいますか・・・・




あげいん 

小便器

これノーマルの小便器ですが、TOTOさんが どこかの高速道路のパーキングエリアに

設置するために開発した商品がこちら。




はい

小便器2

手洗い付きの小便器なんです。


要は おしっこの洗浄時に流す水を手洗いにも共用する事で

まず節水効果もあり、また これによって別に手洗いスペースを設ける必要もなくなる。

一石二鳥のグッドアイデアだと思いませんか? 








思いました? 








実は、このアイデア自体は もうそれこそ50年も前からあったらしいんです。

TOTOの資料室には当時の図面も残っているとか・・・・





一見グッドアイデアにみえるこの商品。

実はいくつか問題点もあるんです。





なるほど 小便器と一体化になった手洗いは節水効果があるかも知れません 

でも考えてみると・・・・・

その分 一人一人の使用時間が長くなりますよね 



誰でも経験あるかも知れませんが、

トイレをもよおして満員だった時のあの危機感・・・

ましてパーキングエリアとか公衆のトイレでは 

いかに全員に滞りなく使用を提供できるかというのは重要なテーマであるはずですよね。

それが一人一人が長く使ってしまうようになっては 本末転倒な話です 



別に設けていた手洗いスペースを節約できる・・・・

じゃあもう 無くしてしまってもいい?




いや、いや

大便器のお客さんは どうなるんだ、って話ですよね 



大便器にも一応 手洗いって付いていますけど

小便器3

ぶっちゃけ あんまりアレって使われてないんじゃないですかね・・・・

自分もそうなんですけど、

やっぱりちゃんと石鹸備え付けで 鏡のある手洗い場に行きますよね。




それに この小便器導入によって手洗い場をなくしてしまうっていうのも

現実的には難しいというか・・・・

変な話、眠気覚ましに顔を洗う事もドライバーさんはあるでしょうし

ま 歯を磨くのは反則でしょうけど・・・・



単に手を洗うだけのスペースではないのが現実ですよね。




ただ、どこかのパーキングエリアで今 実験的に導入はされているらしいです。

アイデア自体は面白いですし、これからの工夫では普及もあり得るかも知れませんね。



リフォームって

ただ単に交換しました、綺麗になりました 




では、実は現実的な使い勝手に支障がでる場合があるんです 


この小便器も使ったことないですけど、

小便器2

手を洗ったら床がビショビショになりそうですし

そうなると床の仕上げだってCFとかPタイルではまずいでしょうね・・・・

コーキングとかもすぐボロボロになりそうです。

雨の日なんか靴についた泥で床がエライことになりそうな感じもしますから

お掃除も大変そうです 




りフォームの難しいところですね 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。








Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区 大型マンション 塗装中 (/・ω・)/

ペントハウス1

港区は南麻布にて大型マンションの室内塗装工事中 


先週、今年は空梅雨の可能性大みたいな記事書きましたけど

結局、なんだか降ったり晴れたり はっきりしない梅雨模様ですね。

工事店的には一番たちの悪いパターンですよ 

もうどっちかにしてほしいっす・・・・・・



他現場の外回りの工事は雨天で中断なんですが

室内の工事は天気関係ないですからね・・・・・

おかげで失業せずに済んでいます 




こちらのマンション

ペントハウス2

もう長年のお取引をいただいている大型マンションなんですが

今 はいっているのはその中でも最上級のお部屋。

いわゆるペントハウスってやつですね。


マンションの1室なのに2階があるお部屋で

総㎡数は・・・・・・・・200以上あります 

間取りでいっちゃうと5LDKって事になるんですが

一つ一つののサイズが極端にデカいです 

リビングだけで60㎡くらいありますから・・・・・




ざっと我が家の5倍ですね 




外国人さん向けの高級マンションでして

ペントハウス3

室内の壁面は 全部 塗装仕上げになっています。

国内のマンションでいったら 珍しいですね・・・・・

今は大体クロス仕上げが大半ですから 

塗装ですとメンテナンスもかかりますが、やっぱりクールというかシンプルモダンな印象にはなります。

このへんはクロスで再現できない塗装仕上げの「味」ですね。



もう次の入居者のご予定も決まっているんで 急ピッチで工事進行中です。

と、いうか入居日までに工事が終わってないと入居の契約がパーになりかねません 


そうなったら お尻ぺんぺんじゃすみませんから 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

ある日の夫婦喧嘩 その1

夫婦喧嘩2

「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」

とは、よくいったもんです 


普段、周囲からは仲が良いといわれる事もある私と奥様ですが

やっぱり たまに喧嘩もいたします。




ある意味 組み合わせ悪いといいますか・・・・

私と奥様って基本的にタイプがちがうんですよ。



私なんて 学生時代のあだ名が「サイボーグ」って呼ばれたくらいで

あんまり感情を表に出すことはなく・・・・・

言い換えれば「小出し」しないんですよね。



怒る時は本当に怒った時だけですし、どうせやるならトコトンやる、ってなタイプです 

トコトンやればトラブルにもなりますし それが嫌で怒らないのもあるんですけど・・・




対して 奥様は まあエモーショナルといいますか・・・・

要するに短気なんです 

思ったことはすぐに口にでますし、しかもその言い方もタイミングもマズイんですよ・・・。


君ね・・・・・今それを そんな言い方で言うか、普通? 


って事が日常茶飯事にあります。



私はけっこう段取り君なんで 忙しいときも優先順位と体力、体調を計算して

今日はあれ、明日の空いた時間にこれを済ませて、

明日のブログはどういう記事にしよう・・・・・・っていうのを大体 前日までには

シュミレーションして当日に臨むタイプです。

だから あんまりせっぱつまるっていう経験もないんですが




うちの奥様が これがまた 思い付きで行動をするタイプなんですよ・・・・




家にはサイズを確認する前に買ってしまった 机と高さのあってない椅子や

扉がぶつかるのを無視して設置された突っ張り棒の棚などが無数存在します 


たち悪いのは それで自称「頑張り屋さん」なんで せわしないんですよ。

自分で勝手に仕事を増やして、それを効率も考えずに目の前のものから

片付けようとするんで 忙しいときは大体 3日間くらいでパンクします 



そうなった時の不機嫌さはハンパじゃないですよ・・・・



以前は そんな奥さんに腹をたてたり、諭したりもしてたんですが

千晴が生まれてからは、もう慣れたもんで





たーた、、また カーカが頭パカーンしてるよ 

夫婦喧嘩3

ん?

あ ホントだ  

よし とばっちり来る前に 公園に逃げよう。




ってな感じなんで あんまり最近では喧嘩になることもありません 




タイプのちがう2人の方がうまくいく、ってもいいますけど

それも確かにありますかね・・・。


自分も自分にない感情豊かな奥さんを面白いと思っていますし

奥さんは奥さんで 

感情が高ぶっている自分に全く影響をうけない私を見ていると・・・・・

自分が嫌になるそうです 




お互い根に持つのは嫌いなとこは共通しているんで

どんな喧嘩でも大体翌日には持ち越しません。



結婚して3年。



徐々に方向があってきてはいるんですかね・・・・




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

「儲かる」仕事とは?

つづら

目の前に2つの仕事があって・・・・

どっちが「儲かる」仕事で、どっちがそうでないか 



これはなかなか難しい問題です 




2つが 例えば同じ㎡数の外壁塗装だとしても

春先にご近所で工事する現場と 遠方の極寒地でやる場合。


それが北海道とかなら 全然ちがう話ですけど

千葉県とか埼玉県くらいなら余裕で工事には行きます。

そういう場合はご近所と比べて

現実的に移動距離も 気温の差がもたらす作業効率も

やっぱり変わってきます。


でも単価の相場っていうのがありますから

極端に御見積もり金額に差をつけるわけにもいきません・・・・



それじゃ競争力ありませんもんね 



そう考えると 今の例えならご近所で春先に、っていう方が

「儲かる」というか「割り」のいい仕事だと言えると思います。

大体、そちらの方が安く工事も提供できますよ。



あとは「時間」の問題もあります。



このブログでも紹介していますが、

以前に芝浦でディスコの新装工事を実施した事があります。

工期は・・・・・・・・工事自体は1か月くらいで終わりました。

ちなみに総予算は○○千万くらいでした。



おお・・・・・





1か月で○○千万! 






どんだけボったくったんだ、って言われそうですけど ちがいます。

その工事 打ち合わせに1年くらいかかってるんですよ 

その間 自分自身はあんまり他の仕事できなかったですからね・・・・


1年で○○千万円でも悪い数字じゃないですけど、

それほど濡れ手に粟って言えるほど利益率いいとはいえませんよね。


逆にいわゆる「手離れ」がいい仕事っていうのもあって

それほど事前準備も工事自体も「複雑」でないものもあり

そんな工事で1か月で200万だったとしたら

1年がかかりの○○千万より よっぽど「割り」がいいといえるかも知れませんね。


あとは原価の問題もあります。



代表的なのは解体工事ですか。

ユンボやクレーンなんかの重機がからむような規模なら別ですけど

基本的に手道具と肉体ひとつでからね、解体工事って。


目立ってかかる原価って残材の処理費くらいなんです。


そりゃあ肉体を使う事だって 厳密にはコストではありますけど

自分が筋肉痛になる位のリスクなんぞ 利益率の為なら厭いません 

体力に自信があるなら これも「割り」のいい仕事といえるんじゃないですかね。




作業の強度、移動距離、気温、時間という概念・・・・



その全てが一致するのが究極の「儲かる」仕事なんでしょうけど





そんな仕事には出会った事ありませんね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。











Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

地域密着型の再評価

地域密着

「地域密着 町の工事屋さんです」 



言わずと知れた 創造社のキャッチフレーズですが

最近この「地域密着」という言葉がやたらとクローズアップされている印象があります。



その昔 まだ地域密着型の小売店というものが・・・・・・

例えば町の電気屋さんですとか、惣菜などを扱う民間スーパーさんですとか・・・・

少なくなりましたよね 


みな大手の家電チェーン店やフランチャイズのコンビニなどに押されて

その姿を消していきました。


でも、そんな時代を経てインターネット全盛の現在。

言い換えれば情報社会といいますか、

その気になればどんな情報もネットから拾えるのが現在であると思います。


矛盾するようですが、そんな時代であるからこそ

昔ながらの「口コミ」という要素や「長年の信頼」っていうものの重要性が

見直されてきているような気がするんです。


過度期というんでしょうかね・・・・


今のインターネット上で 例えばリフォーム工事という情報を得ようとすると

よくも悪くも いい事ばかりが書いてありますよね。

ホームページに自社の悪口を書く馬鹿野郎はいないでしょうし、

いわゆる業者の比較サイトなどをみても どれもこれも優良店みたいな謳い文句です。


みんな そんな状況に飽きがきているんじゃないですかね・・・・・

そんなお飾りの美麗文句でなく、

「本当に信頼できる生きた情報」を欲しているのかも知れません


Amazonのレビューを見て 

その商品の良し悪しを判断するのもその表れであると思いますし

あれだって必ずしも本当の事が書いてあるなんて言えないですよね。

そもそも誰が書いているのかわからないのがレビューであるわけで・・・・



そんな中で 地域密着 長年の地元での評価、っていうのは確かに

生きた情報であるのだと思います。

「顔」もみえますしね。



歴史、時代は繰り返す、じゃありませんが

面白いもんです 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

他人事ではない映画 (-_-;)

ワールズエンド

↑ この映画、ご存知ですか?

昨日、DVDで観たんですが、当時話題になってたんですかねえ・・・



けっこう面白かったです 




学生時代の悪友5人組。

「キング」とあだ名されたリーダー ゲイリーを中心として

数々の悪名を地元に残した5人も、今は昔 それぞれ齢40を迎えています。

今ではそれぞれ地元を離れ 家庭を築き、仕事を持ち、別々の人生を歩んでいました。


そんなある日。


もう20年も音信不通だった かつてのリーダー ゲイリーより集合が。

かつて学生時代に5人が挑み、達成できなかった伝説・・・・・

地元にある有名パブ12軒をを1晩でハシゴするというおバカなチャレンジ。

その伝説に40となった今 改めて5人でもう1度チャレンジしよう、と 


そう。

かつては8軒目で全員、警察に捕まっっちゃってたんです 




今は仕事で成功してる者、怖い奥さんがいる者・・・・・

かつてのメンバーも渋々ながら その提案に乗り 

20年ぶりに悪ガキ5人組が地元に帰ってきた・・・。



ってなストーリーでした。



酔っぱらっていく中で 徐々に暴露される当時の思い出。

リーダーがメンバーの妹に手をだしていたわ、

今でも5人全員が永遠の出禁になっているパブがあるわ・・・

最後はなぜか宇宙人と戦うハメとなり、ラストシーンでは地球が滅んでいます 



もうメチャメチャなストーリーでしたけど、面白かったですね。



しかし、これって年代的にもドンピシャな映画といいますか・・・・

自分も学生時代はさんざん夜の地元で大暴れして、現在40代ですからね。

とても他人事にはみえない映画でしたよ 



劇中のセリフにもあるんですが

「あの頃の自分たちは無敵だった。 世界の全てが手に入る気がしていた。」

なんか、わかる気がしますね・・・・・

酔っぱらった10代なんて ある意味 スーパーマンみたいなもんですよ 




それが40となって、理想と違っていた現実。

過去を悔やむ気持ちと、現在を懸命に生き抜く努力・・・



かつての悪友5人組。



仕事で成功した者も家庭を築いて順風満帆にみえていた者も

本当は みんなどこかで そんなくすぶった気持ちを抱きながら生きている・・・・



わかりますね 



自分もちょうど悪友が5人組なので しみじみ考えさせられる映画でした。



ぜひ一度 ご鑑賞ください 






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します。

よければポチッと応援よろしくお願いします。






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

恵みの雨か、罰なのか・・・・

ツユ

昨日の気象庁発表ですが

今年は梅雨入りが遅い、もしくは空梅雨の可能性が高いみたいですね。



リフォームっていうと基本的には室内の工事が多いので

さほど雨天の影響ってあるわけではないんですけど・・・・




僕ら創造社のように 総合リフォームを謳っている会社ですと

外壁の塗装工事、フェンスなどの外構工事。

あとは軒があってモロではないにしろ濡れる

ベランダやバルコニーなども風のある雨天時には工事をする事ができません 




この梅雨時には雨に泣かされたり、反面 ラッキーな時もあります。



店舗などの新装工事でも 外回りの工事っていうのは 

スケジュール的に たいがい最後の方に回しますので 

オープン予定日直前に雨の連打をくらうと 本当に泣きそうになります 


あと あそこの塗装とコーキングだけなのに・・・・


以前に本当にこの状況にハマった事がありまして

オープンは明後日なのに 最後の最後の入口廻りの塗装だけが雨で3日間ストップ。

正確には下塗りの赤い錆止め塗装までは終わっていたんですが、

仕上げの白がまだ濡れていなかったんです。

もう今日やらなきゃ、オープンの日には入口が鉄骨丸出しになる悲劇は確実です 





写真は残ってなかったので、これは全然ちがう現場のイメージですが

ツユ1

さすがにこの状態で フレンチレストランをオープンしちゃマズイですよね 

まあ、赤でも こういうデザインだと思えば 思えなくもなかったんで

お客様に




・・・・・・・・・・・・・・・・これは、これでアリじゃないですか?







いや・・・・・ないですね 







ですよね 


たしか3秒かからず 却下されましたね・・・・・





こうなりゃヤケクソで 急きょ 現場に転がっていた材木をかき集めて

無理やりブルーシートで屋根をつくって塗装をしましたよ 


結果的には うまくはいったんですけど

また、ちょうど屋根つくって 塗装をはじめようかという時に

晴天になりまして 

あの時は泣きそうになりましたね・・・





こんな感じに雨に泣かされることもありますけど

前日が徹夜仕事でキツイ時には恵みの雨ですね。

堂々と現場休めますから 




仕事が外回りばかりで 本格的な梅雨なぞ来た日には

1か月仕事にならないような事もあるでしょうね。

僕らの場合は室内の仕事も並行して やれますからともかく

外壁の塗装ばっかりやってるようなリフォーム屋さんだと大変ですよね・・・・

その月の売り上げが0なんて悲劇だって起こりえますからね 




今年は本梅雨なのか、空梅雨なのか はっきりはわかりませんけど

最悪 来てもいいように 今 外回りの現場は急ピッチですすめています。

こんな最中に 先日HP経由でベランダの防水工事のお問い合わせありましたが

何とか間に合わせるか・・・・




また屋根つくりますかね 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします。

Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

自分が何者であるかを知る事

カクセイ

しかし・・・・・・

私も ふと気づけば齢40を過ぎました 



この世に生まれて・・・・幼稚園。

明るい人気者だった小・中学校をへて高校へ進学し・・・

今 思えば このへんで今の人生の基礎ができつつあったような気がします。


空手なんぞを習い、英語の専門学校へと進学して

まずはサラリーマンとして社会人デビュー。


わずか2年間でしたが、社会人としてのイロハを教えてもらった先輩との

出会いもありました。


そこからは創造社に入社して、まあ今にいたる、って訳なんですけど・・・・・




齢40を超えて思うのは、

それが人生の半ばであるとするならば、

そろそろ一回 総決算をしてみていいのかあ、と。



今思えば10代なんて赤ん坊みたいなもんでしたし、

20代なんぞ世の中の右も左もわからん子供でした。

30からようやく人生を歩き始めた気がします。


まだまだ自分自身が海の物とも山の物とも・・・・・・

それを無限の可能性という言い方をしてしまえば

「若さ」の特権だったのかも知れませんが

齢40となった今 人生半分の経験を照らして

ぼちぼち自分自身が 何者であるのかを見つめなおしてもいい時期なのかと思います。



今までの経験に照らして

自分はどういう人間であるのか、

何が得意で、どのような面で周囲からどんな評価をうけられてきたのか。



弱い面はどこで、その弱さが今までどんな不都合を引き起こしてしまっていたのか。





女にはモテるのか? 






もういい加減、それをわからなきゃいけませんよね。




ちょっと前のマンガで



「俺はまだ本気出してないだけ  」



なんていうのが ありましたが

齢40 出す本気があるんなら いい加減 出してくれよって感じですし 





今の自分がやっている事。


例えばこのブログの記事を毎日執筆している事や 

創造社の営業として日々お客様とお話をしている事。



考えてみれば 昔っから国語は得意で文章書くのは好きでしたし

トークにしても 

見た目がよければホストになれる、って女の子にいわれた事もありました  



今の自分がそれなりの評価をうけられている部分は

考えてみると昔から同じ部分であったのかも知れません。



その事自体をあまり強く意識はしていませんでしたし、

ブログにしろ営業にしろ、他にやる人がいないから何となく自分が・・・・・

っていう程度だったのが正直なところです。



でもそれは粉うことなく 自分の得意分野であって

まずひとつ自分はそういう人間なんだ、っていう事を最近になって

強く意識をするようになりました。



孔子じゃないですけど


40にして惑わず 



自分なりの解釈ですけど、あれは自分自身が何者かを知る。

人生半分の経験というのは動かせない事実であるわけで

その積み重ねがある40の今 それを受け入れ 自分自身を知る事。



そんな意味でもあるのかなあ、と思いました。



次の齢50には・・・・・・





天命を知る、でしたっけ?





10年後、どうでしょうかね・・・・・・





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

渋谷区 ベランダ柵 増設工事

ベランダ1

以前にも同様の工事をご紹介しましたが

渋谷区にあるマンションオーナー様よりのご依頼。


↑ のように大きなバルコニーのあるマンションなのですが

手摺の一番下の部分。

ウッドデッキとの間に ちょっと隙間がありまして・・・・


とはいえ、15cmくらいのものですから、小さなお子様の頭も入りませんし

今すぐ危険、っていう程の事ではないんですが

まあ、猫ちゃんとか・・・・・

ガーデンにングのちょっとした小物などが すき間から落下しては危険との事で




このような

ベランダ2

隙間ふさぎのバーを新たに設けました。

今ある手摺の柱にビスなどで穴を開けてしまえば簡単なんですが

賃貸マンションでもありますので、極力ダメージを与えぬよう・・・・・

鉄骨の手摺ですから やっぱり穴とか開けると そこから腐食が始まる事もありますしね。


なので、今ある支柱にボルトではさみこんで締め付ける方法をとっています。


もちろん こんな部品はホームセンターには売ってませんので 

一から創造社の作業所でつくった特製品です 




エンドの部分だけは

ベランダ3

外壁部分にコンクリートビスで固定をさせてもらっています。





全体の様子。

この後、全体を塗装して仕上げました。

ベランダ4

こちらのマンションでは この手摺の増設工事 もう何カ所やりましたかね。

1部屋退去されては工事して、1部屋退去してはまた・・・・

っていう繰り返しで 50カ所くらいやったんじゃないですかね。

過去に固定がはずれた、なんてクレームは一回もありません 



今回のような仕事。


その現場、現場にあわせた部品などを一から作るっていう事。

なかなかやってくれる業者さんはいないんです。

いいとこ、今ある部品を改造して、とかですが それだと部品に無理がかかって

長持ちしないとかも本当はあるんです。


もともと鉄工所からのスタートであった創造社の隠れた特徴です。



溶接、ベンダーでの折り曲げ、切断、研磨。


鉄を扱わせたら何でもござれ、ですので

外部鉄骨階段の溶接や補修なども どうぞお気軽にお問い合わせください 



アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん大集合のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします