株式会社 創造社へようこそ  

東京都港区三田で創業40年。 お住まいの小さなトラブル  ライフスタイルの変化にあわせたリフォーム工事  私どもはお客様のご予算・ご要望にあわせた様々なご提案を致します。 ただいまメールフォーム ↓ よりお住まいの無料相談を承っております。  どうぞお気軽にお問い合わせ下さい
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

マンガはじめました。

ちはる3

大変、個人ごとで恐縮なんですが

ちょっとここで 私の家族紹介を 




3年前に結婚した私。

家に帰ると、現在まもなく2歳になる一人娘の千晴(ちはる)さんが

どどどと走り回っています。






そして・・・・・・・当たり前なんですが奥様がおります 

年は10も下の奥様なんですが、

現在 主婦業の傍ら 某音楽教室にて生徒さんに歌を教える講師を

勤めています。


ボイストレーニングや幼児にレッスンする「リトミック」という分野で

まだまだ卵みたいなものらしいですが、講師として精進している



・・・・・らしいです 








あまり自分は奥様の仕事に関わってもいないので、

まともに歌を聞いた事がある・・・・・・ってもカラオケ位しかありません 

最近はケーブルテレビに出演をさせていただいたり、

野外イベントでのゲストとして歌って来たり・・・・・・・

指導をするコーラスグループを受け持ったりと、なんだか忙しくしています。




そんな奥様なんですが

より所属する教室や自分の活動を世に知らしめるべく ブログをはじめまして・・・・

歌のすばらしさ、レッスンによって得られる効果などを

得意の漫画にして紹介をしているらしいんです。

それはそれで有意義ではあると思いますが・・・・・・








どうぞ 







マンガ1-1
マンガ1-2






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。














おい 






まず歌と一ミリも関係ないし・・・・・・












ここまでは太ってねえ! 






で 知らぬ間に第2弾、第3弾まで公開中らしく

何だか知らないですけど、生徒さん達にものすごく好評らしいです 




図に乗って続編を 家でもくもくと執筆する うちの奥様を・・・・・






誰か殴ってください 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

畳の部屋を模様替え

タタミ1

先日行った工事の模様。


商業ビル地下 清掃のおばちゃんたちの休憩所なんですが



最小限の予算「綺麗に 




というシンプルなご依頼をいただきました 





壁はもともと塗装仕上げでしたので、新たに塗装をし直したんですが

タタミ2

やっかいだったのが床が畳だった、っていうところです。




畳自体も傷んでいたので、オーソドックスには畳の貼り替え。

までいかずとも 「裏返し」や「表替え」っていうのが一般的なんですが

昨今 清掃の作業員さんも若い女性が増えているという事で

あんまり畳は人気ないようでして・・・・・



かつ

体調を崩された場合などに お布団で横になれるスペースでなければいけない 



と、なれば単純にカーペットが望ましいんですが・・・・・



施工がお手軽なタイルカーペットや

ギャラリー2





CFですと

CF2

凹凸がある畳の上には貼れません。

畳の上だと接着剤も使えませんし・・・・・・




オーソドックスには畳を別の床材とする場合には

畳を撤去して、一段下がった床をフラットにする大工工事をしてから、なんですが

今回の場合、そんな予算も日数もありません 











妥協案として考えたのが

タタミ3

カーペットの置き敷き工法です。




通常カーペットを敷く場合には

部屋の端に固定の金物をとりつける「グリッパー工法」。

もしくは接着剤を用いて貼る「べた張り」と呼ばれる方法が一般的なんですが

今回はどちらもできません。

現在の畳のヘリには金物を取り付けられるスペースがありませんし、

上述のように接着剤も不可。






なので単純にいってしまえば ただカーペットを置くだけなんですが

タタミ4

カーペットのはじが切りっぱなしだと 糸がほつれてきてしまうので

このように「オーバーロック」をしています。


四角い部屋の寸法ぴっちりに用意したカーペットの四方を

メーカーさんでオーバーロックしてもらい、接着剤を用いずに敷き詰める作戦ですね。

正確にはこれだけの寸法だと一枚では運搬上も無理なので

2枚のカーペットを現場でジョイントして一枚としています。






カーペットでしたら畳の凹凸程度ならボコボコにもなりませんし

タタミ5

これからロッカーなどの荷物を置いてしまえば ずれる心配もありません。

最低限、ピンで固定もしているんですがね。




他の業者さんが畳の貼り替えしか、無理。

っていう見解の中での僕ら登場での工事だったんです。




なので




工事後、仕上がりを確認に来てくれた清掃のおばちゃんたちの・・・・・・

ヒーローになってました、私 






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

きれい事で生きていく ( `ー´)ノ

オバアチャン

今月14日は・・・・・・・・私の誕生日 

40にもなりますと、それほど嬉しくもないんですけど・・・・




しかし不惑の年ともいわれる40代。

自分の中では いつまでも高校生みたいな気持ちもあるんですけど

さすがにそろそろ「子供」ではなく まぎれもない「大人」な訳で・・・・・






例えば独身の後輩から質問をうける 




矢野さん、女性にモテる為にはどうしたらいいんでしょう 





知りません 







仕事で成功してビックになるには どうしたらいいんでしょう? 








知ってたら、私がビックになってます 






じゃ、ないですけど 「大人」になったからって

そんな人生の秘訣を知っている訳じゃありません 




昔は大人って「全てを知っている」ような存在だと思っていましたけど

そんなことはあり得ないですよね。

大人全部が人生の秘訣を知ってたら みんな幸せなわけで・・・・




まさに人生っていうのは「人それぞれ」であって

幸せの価値観だって十人十色です。



結婚したい人もいれば、独身を満喫する人も当たり前になってきていますし

何も大金を掴んで いいマンションに住むのが人生の成功と思わない人だって

大勢いますよね。

趣味に生きるのもいいでしょうし、家族との時間を最上と考える人だって

多いはずです。




「人それぞれで正解なんてありません」 




それは真理であるかも知れませんし、だからこそ人生は面白いのかも知れない。

でも なんか その一言で割り切っちゃうと ちょっと寂しい感じもしますよね 




40を過ぎた自分がいま思う事・・・・・・



年はとってみないとわからない、っていうのは・・・・・・本当ですね。

と同時に考えてみると、自分が歩んできた今までの人生。

それが上手く行った時の根本には何があったかと考えると

案外、単純な事に尽きるような気がするんです。



単純な事・・・・・・・



難しい事だったり、一部の人しか知らない事なんかじゃなく

言い換えれば昔の人が言っていた事は本当だったんだな、って今では思うんです。



誰だって両親や、おじいちゃん・おばあちゃんから諭された経験ってあると思います。

人にはやさしくしなさい、挨拶をきちんとしなさい、苦労は買ってでもしなさい・・・・


ありますよね。




それらを忠実に守っていたって、人生の成功者になれるかはわかりません。



でも それらを守っている人は少なくとも周囲が自分を助けてくれますよ。

派手に大金をつかむのもいいでしょう、若い女性にモテモテになりたいと思う事も

いいと思います。



その夢を実現したかったら、まず最低限おばあちゃんが言っていたことは

守りなさい。

それは家でいえば構造・基礎の部分であって

そこが脆弱なまま大金をつかんだって、いつかはダメになる・・・・


人に裏切られたり、ねたむ心を持ったり それは絶対に「幸せ」ではないよ。




自分がここまで生きてきた人生の教訓なんて

両親やおばあちゃんに教えてもらっていた事 以上のものなんてありません。




あの頃は言われてもわからなかった言葉が、年をとってわかって気がするんです。

何よりも大切な事だったんですよね。

それだけ守って生きて行けばいいんです。




そう考えたら 人生なんてそんな難しい事でもないのかも知れませんね。


つまづこうとも、挫折しようとも・・・・・・・

いつかおばあちゃんの言葉が君を助けてくれるから。




親になった自分が 今は1歳の娘に いつか教えてあげたい・・・・・

とびっきりの真理です。




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします



Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

オックスフォードに物申す!

ミライ

2011年の未来予想図・・・・・・・



う~ん 



このイラストがいつ書かれたのか知りませんが、

ちょっと現実が追いつかなかったですかね 




しかし・・・・・・・今から30年後の世界?

2040年とかの未来なんて今から想像もできませんよね。


インターネットや携帯端末がこれほど普及している訳ですし

もうお腹いっぱいな感もあるんですけどね・・・・




でも過去がそうであったように、

今現在の最先端が笑っちゃう位のレトロになるであろう事 

まあ確実なんでしょう 




とある研究機関の予想によれば 

30年後に存在する職業全体の65%は今はない仕事。

これから生まれるであろう新しい職業になるであろう、というデータがあるとか。


逆にいえば今ある職業の35%は未来では存続できていない、という意味で

あるのかも知れません。

コンピューターやオートメーション化にとって代わられる職業・・・・・




下記はオックスフォード大学のA.I(人工知能)専攻の准教授が発表した論文。

これによると10年後になくなる職業の予想として以下が。

ミライ1

おわ  





塗装と壁紙が入っている 





この論文がどんな根拠に基づいているか知りませんけど・・・・・

壁紙や塗装がなくなるって どういう事なんでしょうね?



壁紙ロボットや全自動塗装マシーンでも開発されるんでしょうか・・・・



でも、それが技術的に可能であったとしても

それが採算ベースにのるっていうか、その機械の開発費や販売価格が

商業ベースになるのって、ちょっと10年や20年じゃ無理な気もしますけどね・・・


そうでなくて今のように塗装や壁紙なんかの装飾が必要でない壁材なんかの

パネルが開発されるって事なんでしょうか?



そりゃあ今だって例えばキッチンパネルを部屋全体に貼るっていうのは

不可能ではありません。

クロスと違って破けたりはしませんし、塗装のように汚れが拭きづらい事もないですよ。



でも、費用はべらぼうになりますよね。

どれ位て・・・・・・・・まあ5倍や10倍のコストはかかるんじゃないでしょうか、諸々いれて。



それか、まあ一度貼ったり、塗ったりすれば半永久的に耐久するクロスや塗料が

開発されるとか・・・・・

それだって下地が腐ったりすれば別ですし

大体、気分転換のお部屋の模様替えは不可能になる、って事ですよね 



それか・・・・・・

ボタン一つで色が変わっちゃうような半永久的な壁紙ができるとか?




今のクロスって そこそこのやつで㎡で1000円もしませんけど

それって果たしていくら位になるんでしょう 




塗装でいえば外壁の塗装だったり外階段の塗装っていうのもある訳で

さすがに10年後に塗装屋さんが存在しない、っていうのはちょっと信じがたいかなあ・・・




まあ学者さんの言う事ですから、それが技術的に可能、っていう意味であって

現実的な採算ベースや嗜好っていうのは置いといて、って事なのかも

知れませんけど。



でも、注目したい論文ですよね。


いずれ・・・・






そんな時代がくるのかも知れませんね 


壁紙だ、塗装だ云々もあくまで現在の価値観というか、常識であるわけで・・・・

「住い」そのものの概念が今とは違うものになるのかも知れません。







ふ~む







やだ、やだ 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

悪徳リフォーム詐欺 過去最悪の件数

アクシツ

またか 



と、いうのが正直な感想なんですが・・・・

しかし実際、リフォーム詐欺の被害にあわれた方々もいらっしゃるわけで

決して冗談ごとでは語れません 





一時期・・・・・・・2005年、今から10年近く前がピークでしたかね。

テレビ番組の特集、ニュースでも頻繁にとりあげられていた話題でしたが

昨年2015年の1年間に消費者センターに寄せられた件数は

そのピーク時を上回る6000件近いものにのぼっているようです。


まったくしぶといというか、なんというか・・・・・・







昨年だけで業務停止命令などの行政指導をうけた業者は20社。

以下の通りです。



・ヤマトホーム (村上亨/神奈川県平塚市) ... 業務停止命令6カ月
 ・日建 (小宗憲司/東京都江戸川区) ... 業務停止命令6カ月
 ・JSK (金井賢治/大阪府大阪市中央区) ... 業務停止命令3カ月
 ・住宅ハウジング (林祐樹/埼玉県越谷市) ... 業務停止命令12カ月
 ・北耀 (仲谷徳司/鳥取県鳥取市) ... 指示
 ・得壱 (坂本耕一郎/徳島県板野郡) ... 業務停止命令3カ月
 ・LEVEL FIVE (土岩政史/岡山県岡山市) ... 業務停止命令9カ月
 ・キタホーム・キタホームサービス (北孝/石川県小松市) ... 指示
 ・和幸 (山田西夏/愛知県春日井市) ... 業務停止命令6カ月
 ・REVE ≪屋号:お掃除の39サンキュー≫ (室園直紀/埼玉県さいたま市) ... 業務停止命令12カ月
 ・シールズ (山内勇吾/神奈川県横浜市中区) ... 業務停止命令3カ月
 ・日本エコプランニング (加地直人/岡山県岡山市) ... 業務停止命令3カ月
 ・愛建ホーム (禅院裕文/福岡県春日市) ... 業務停止命令6カ月
 ・北日本システム (齋藤雄亮/北海道札幌市) ... 指示
 ・テックワン (成岡宏道/静岡県静岡市) ... 業務停止命令3カ月
 ・ハマホーム (鈴鹿晋也/静岡県浜松市) ... 業務停止命令6カ月
 ・クリーンホーム (窪田吉洋/福岡県福岡市) ... 業務停止命令3カ月
 ・Reco (植村賢洋/神奈川県小田原市) ... 業務停止命令3カ月
 ・ミナト建設 (相川雅史/愛知県一宮市) ... 業務停止命令3か月
 ・廣瀬知巳≪個人事業主≫ (埼玉県さいたま市) ... 業務停止命令6カ月




その手口は10年前から変わらず、ご高齢者を狙った訪問営業。

いわゆる「無料点検」といわれるものです。



屋根を無料で点検します、近くまで来たので今なら床下を無料で点検します・・・・・

そうしてお宅に上がり込み、ありもしない不具合でお客様の不安をあおり

強引に高額な契約を迫るというものです。




被害にあわれたお客様が救われないのは、こういう業者がやる工事って

何一つ「本当」がないんです。


価格が適正でない、工事技術というか工事そのものも杜撰。

そもそも今すぐにリフォームせねばならない緊急性すらないんです。

もちろんアフターサービスもありません。

下手をすればその工事をした事によって

余計にお住いの耐久性にダメージを負わせてしまっている場合もあるんです。



まさに「詐欺」の手口です。



歯がゆいというか・・・・・・

2005年以来、徐々に減少傾向にもあった被害件数だったんですが

この数年でまた上昇に転じ、過去最悪の動向なのが現在。

どうして こんな今や誰だって周知しているはずの手口にひっかっかってしまうのか・・・・




行政側のあくまでも推測という前提のコメントですが

やはりリフォーム詐欺のテレビやニュースなどでの露出が徐々に減っていった昨今

一般消費者の警戒心が薄れてしまっている「ぶり返し」ではないかと

いう見解を発表され、一層の啓蒙を呼び掛けています。


ご高齢者様などを狙った手口ですので

身寄りのない方が多いなど、なかなか周囲へのご相談というのも難しいのかも知れません。



この記事がそんな一助になれば幸いなんですが

リフォーム工事はクーリングオフの対象事業です。

期間内であれば まず正当に契約を解除する事が可能ですし

法的にも不当な支払いに応じる必要もありません。



また



「勧誘目的の不明示」


これは訪問をしたのは「商品を販売するのが目的」である事をまず明示する義務がある事。

「無料点検のため」に来ました、なんていうのはこの法にまず違反しています。




「不実告知」


屋根に不具合がある、外壁にヒビがある・・・・

もしこういう指摘を受けたのであれば、

業者はそれを写真などで客観的にお客様に証明する義務があり

口頭などでのみ説明を受けての契約であれば、これも違法な行為です。



いずれも行政処分の対象になります。





実際の被害にあわれたお客様もそうですが、このような業者がはびこり

リフォーム業界全体の信頼低下につながる事は本当にやるせないです。


ある統計によれば2005年のリフォーム詐欺ピーク時には

業界全体の売り上げ規模が5000億円も低下したというデータもあるんです。




許せない話です 




「訪問営業」

「たまたま近くを通りかかった・・・」 

「地区のモデルケースに」

「キャンペーン中で半額」 

「近くの現場でキャンセルがでたので今なら材料の分をらお安く・・・」



みんな20年も前からある典型的な手口です。




訪問営業の全ての業者さんが悪い、とはいうつもりはないですが

あまりお勧めはできませんかね・・・







アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

港区 マンション クロス工事

パークコート1

港区三田1丁目。

麻布十番の好立地に鎮座ましますタワーマンション・・・・


パークコート麻布十番 ザ タワー 





別名 創造社と呼びます 




以前にもご紹介した通り もともと当地で創業40年であった私たち。

ここの町並み全体が再開発事業の対象となり、立ち退きとなってしまったんです 

他に移転、という選択肢もあったんですが、やっぱり港区に馴染みもありましたし・・




で 




再開発によって誕生したタワーマンションの一階に

見事 作業場付きのリフォーム会社が存在するというミラクルが生まれました 


いや~


ゼネコンの設計さんは泣いていましたよ・・・・

ギッタンバッタンの騒音丸出しの僕らがマンションの1階に居座ろうという話ですからね。

フル防音仕様の現在の創造社。

ある意味、このマンションのどこよりも金がかかったんじゃないでしょうか 



と、いう訳で 

ちゃっかりと当マンション1階にて 絶賛営業中の創造社。

もう5年もやってるんですけどね・・・・・



看板の一つもだしていないせいか、今いちマンションの皆様に存在が

知られていないんですよね・・・・・

徐々に住民の皆様にも認知はされていっているようなんですが

今日もどっかの部屋でどっかの業者さんがリフォーム工事をやってましたからね 


真下にリフォーム会社があるというのに・・・・・・




困ったもんです 




じゃあ看板出せよって感じなんですけどね 





そんな中から今回は マンションの理事会でもお付き合いのある

住民さんからクロス工事のご依頼をいただきました。

付き合いのある人は創造社の事 知ってくれているんですけどね・・・・・







パークコート麻布十番に お住いの皆様














いいですよ~。

創造社にリフォームを頼むと 




このように

パークコート2

クロスの機械なども、お客様のお部屋におかずに創造社に置けます。

その代わり、僕らがデスクワークできませんが 




僕らで借りてる駐車場がありますから

他の業者さんのようにパーキング代も請求しません。




あと何といっても 




工事に不備があった場合、文句を言いにいくのにも便利です 


それは冗談としても、まあエレベーター上がるだけの距離ですから

細かいリクエストにも対応できますしね。




クロス工事自体は

パークコート3

何の問題もなく終わったんですけど

またこれを機会にマンションの仕事、増えるといいですね~





何といっても現場に行くのが楽です 




今までは新築でしたから、あんまり出番もなかったんですけど

ぼちぼち築5年ですからね・・・・・


あちこちメンテナンスが必要にもなる時期。





住民の皆様

あなたの足元に・・・・・・・・







リフォーム会社があるのを どうか忘れずに 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

スマップ解散騒動に思う事

スマップ

「スマップ解散か?」

いや、第一報には本当に驚かされました。



木村拓哉さんが残留、他のメンバーとの分裂・・・・・

専任マネージャーとジャニーズ事務所とに存在する摩擦や

大手芸能事務所への移籍の可能性。


本当にこの1週間 憶測や関係者なる人物の証言などを含め

ありとあらゆる情報が飛び交っていましたよね。



実際の真実、事情っていうのは多分もう明るみにでる事はないのかも知れませんし

メンバー本人の口から赤裸々な裏事情が語られる事も おそらくないのでしょう。



舞台裏での真実はわかりませんが、今回の事ではっきりとわかった真実は

スマップがこれほど世間の関心を引く存在であったという点に尽き、その事だけは明るみになった
真実であったと思いました。


海外のメディアでも大きくとりあげたられたようですし、

スイスの新聞にまで記事が掲載されたとか・・・・・


経済界、政界からも解散を憂うコメントが多数寄せられていたようですし

もはや今のスマップの影響力はビートルズを超えた、とする記事も散見していましたね。


メンバー全員でのレギュラー番組・ラジオは20本?

それにCMやキャンペーンキャラクターなどの企業協賛金をあわせれば

年間200億円というとてつもない経済効果をもたらす存在であるとの事です。



先日のメンバー全員での生放送会見も見たのですが・・・・・



再三になりますが、本当の舞台裏の事情はわかりません。

でも印象として思ったのは、もうスマップという存在はメンバーだけのものでない、

とてつもく大きな「しがらみ」にとらわれている状態なんだ、という事でした。



自分たちで25年前に結成したグループであっても

もう自分たちの意思で解散・独立を決める事すらできない程にまで

その存在の意義が膨れ上がってしまっている、これは確かな事なのだと思いましたね。



中居君、キムタクさん・・・・・


自分はちょうど2人とは同世代にあたります。

同じ都内ですから
彼らの学生時代も噂程度には知っていました。


スーパースターたる彼らと自分を比べるべくもないですが

40代っていう年齢、これから先の50代、その先まで年齢を重ねるという事。


それは色々なしがらみを背負って生きていくんだなあ、っていう事を思いました。


こんな自分でも結婚をしていますし、まだ小さな娘もいます。

駆け出しの頃に比べれば、自分を頼ってくださるお客様も増えましたし

創造社の仕事で生計の大半をたてているような下請けさんもいます。


結婚をすれば相手側の親族とのつながりも生まれ

義理事もふえ、人間関係も複雑になっていきます。



望むと望まざると・・・・・




自分の身は自分のものであっても、自分ひとりのものではない。

年齢を重ねるごとにそうなっていってる自分を感じる事があります。




今回のスマップ騒動も ジャニーズ側の経営姿勢を批判する向きもあれば

唯一の既婚者である木村さんだけが他のメンバーと違う選択をしていた、という事。

同世代・・・・・





いやいや、色々と考えさせられるニュースです 




これから彼らがどんな道を選ぶであれ、個々が思うように自由に・・・・

彼ら自身の意思が尊重されるような結果になってほしいと思っています。






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

ブログ開設 四周年🙇



2012年の1月20日から始まり……



今日で創造社のブログを開設して

丸四年になります。

休日以外の毎日更新を続けてきましたけど

いやいや……

もうそんなに経つんですね。




記事数も1000を越えようかというところで

これも当初からの一つの目標でした。

1000記事越えるとアクセスも自然に増える、

それを信じての四年間でしたけど……








いや~










あんまり変わらないですね💧



二年……くらい経過した頃から、

ほぼアクセス数は一定ですし、いいのか悪いのか

わかりませんが

良くも悪くも小康状態という感じです。



継続は力なり精神しかなく

特にアクセスアップの為にドきつい事を

しようという気もないんですが、


ないよりはあった方がいいのは事実ですし💧



五年目となる節目の今後。

リフォームをご検討なさるお客様にとって

よりわかりやすく、面白く……


あわよくば売り上げにつながるような

記事を今後も書いていきたいと思います。



他社さんのブログでも五年間、毎日更新を

続けてらっしゃるのは希少な気もしますし

まずはあと一年。



ネタ切れまでは頑張ります 💧
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

最後のお勤め ~長い間ありがとう (;_;)~

イベントステージ

以前にご紹介もしましたが、もう20年近いお付き合いをいただいている

商業施設のお得意様がおり ↑ 普段はベンチとして憩いの場となっているこのエリア。





もう・・・・・・・10年以上も前の事なんですが

イベントステージ7

商業施設での季節ごとのイベントの際、この部分をステージにできないか? 

春先にはバンド演奏、クリスマス時期には妖精のぬいぐるみロボットなどを置いて

イベントを盛り上げたい、というご相談を当時の社長様からいただきました 





常設、というわけではなく季節ごとのみの設置ですから

イベントステージ2

持ち運びもできるようにせねばならず、結果6分割の扇形ステージを作ったんです。





春先、秋口、年末から新年の松明けにかけての年3回の設置。

イベントステージ3

毎回、社員の皆様にもご協力いただいて設置を僕らで行っていました。






いやいや・・・・・・

イベントステージ4

実はこのステージ。

作った当初は1回きりの使用、という風に聞いていたんですが

あまりのご好評につき、とうとう10年間も使い倒す結果になったんです 

1回きりという事で、もともと それほど頑丈な造りにもしていなかったんですが





よくまあ

イベントステージ5

10年も頑張ってくれましたね 





実はここのベンチ。

とある事情があり、今秋で撤去される事になったんです。

詳しくは書けないんですが、このエリアに公共の設置物が置かれることとなり

それにともないベンチもなくなってしまいます。



昨年末から設置していたステージも 先週までで最後のお勤めになる運びでした。




設置っていっても

イベントステージ7

仮置きした後に6分割となっているパーツの隣同士を

ビスで縫い合わせて固定をするだけなんです。

だから撤去の際は、ビスを外すだけ。

もう・・・・・・・ビスをうって設置、ビスを外して撤去を何十回やってきたことか・・・・。





先週の最後の撤去も もう何十回もやってきた事ですから

ほいほいビスを外していたんです。

そしたら・・・・・・





最後の一本のビス。

何故だったんですかね・・・・・・・・




電動ドライバーでもビクともしないんです。





手回しのドライバーでも、ペンチでひねっても ガッチリ食い込んでいて

全然まわらないんです。



このビスが外れないと、パーツ同士の連結が外れないので

最後は もう力ずくで4人がかりでパーツをそれぞれ引っ張って

ぐりぐりしながら 何とか最後のビスを外すことができました。




いや、何だったんですね・・・・・・



ちょっと自分のキャリアでも経験のない事でした。

ビスの頭をなめてしまったとか、折れてしまったっていうのは経験ありますし

鉄材などの錆でビスが回らない、っていうのもありますけど

木材でインパクトドライバーでビクともしないっていうのは、ちょっと覚えがないです。






終わった後で気付いたんですが・・・・・・・






あ 








そか・・・・・








10年間の・・・・・これが最後のお勤めだったから

ステージ君の・・・・・

あれが最後のお別れの挨拶だったのかな 




これでず~っと倉庫にしまわれるのが嫌でイヤイヤしてたのかな・・・・・・









なんて事を思いました。







う~ん









センチメンタルジャーニー 












年ですね 






Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

お金の価値はちがうもの?

オカネ

お金というものを考えた時 



やっぱり足りなすぎるのは困りますし、過度にありすぎても不幸を招くもの・・・・

それは、まあ仕事をしていても感じる事があります。


変な話ですけど、

忙しくて儲かっちゃったような時って やっぱり仕事が雑になります。

個々の仕事一つ一つが大切に思えなくなってもきますし、

殿様商売じゃないですけど

仕事を「させていただいている」っていう意識が希薄になりがちです。



逆にあんまり暇で売り上げがあがらないような時期が続けば

余裕をなくしますし、意地でも赤字をだせない、なんていう意識が

仕事を・・・・・何というか余裕のないセコイものにしますよね。



だから仕事でいえば、月のノルマというか最低金額よりちょこっと余裕が

ある位が一番いいです。

逆に言えばマックスで それ位しか目指していません  





しかし、そう考えると面白いといいますか・・・・

さっきの例えで言ったって、忙しい時の10万円と暇な時の10万円っていうのは

同じ金額でも その時に感じる価値は全然ちがうものな訳ですよね。



いつか本で読んだエピソードに興味深いものがありました。




あるルポライターが ホームレスさんたちの記事を書くにあたって

リアルな取材をしたいと思い、ボロボロの服をきて

自らホームレスとなって道端に座り込んでいたらしいんです。


そこに本当のホームレスのおじさんが話しかけてきた時。


若いのに大変だな・・・・・

俺、200円持っているから100円あげるよ、って言って立ち去ったらしいんです。



なるほど、たがが100円。

そう思えば大した価値はないのかも知れませんが

言い換えれば 

そのおじさんは自分の全財産の半分を初対面の人間にあげた訳であって・・・・



そう考えれば 今の自分には到底同じことはできないと思います。


「持たざる者は幸いなり」という言葉もありますが

持っていなければ そこに何の執着も未練も生まれず清い行いができる。

そんな意味なのかも知れません。





お金の価値は一つじゃない 




これって、今の自分のように営業を仕事とする人間には

とっても大切な事なんじゃないかと思います。


僕らの仕事で言ったって、同じような工事を同じ金額で御見積しても

ご発注をいただけるお客様もいらっしゃれば、そうでないお客様もいらっしゃいます。


それは単にご予算に余裕がない、っていう話なのかも知れませんし

他にも御見積もりをとっていた業者さんの方が創造社より安かった、って話かも知れません。


逆に御見積が高かろうと、自分に信頼をくださってお仕事をご発注くださる

お客様もいらっしゃいます。


その時々、人間、必要性……

つくづくお金の価値は一つではない


そう思うんです





Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

「色を合わせる」という大事な事

イロアワセ8

僕ら創造が生業とする「リフォーム業」 



いわゆる「新築工事」とちがい、

それがキッチンであれ、バスルームであれ・・・・

あくまでも「今あるもの」のイメージチェンジであったり

改善だったりする、というのが特徴です。




システムキッチンを丸ごと交換してしまう、という事はリフォームでもありますが

それにしたって床や壁は「今あるもの」を利用する事になるわけで

壁も床もシステムもこれから全部を新規でつくろう、っていう新築工事とは

その点が大きく異なっています。



言い換えれば「全部」をつくるのが新築工事で

「一部」の手直しがリフォーム工事って事かも知れませんが

その特性ゆえ、リフォームでしばしば問題になるのが

「色をあわせる」っていう命題です 



あくまで「一部」ですから リフォームを実施する部分と

隣り合った実施しない部分の色味をいかに同一のものにするか?

色があわなければ 最悪 ツギハギのパッチワークみたいな仕上がりにも

なってしまいますので これは絶対に避けては通れない課題です。



それが塗装仕上げであれば・・・・・





同じ色を塗ればいいんじゃないの? 




それはそうなんですが・・・・・・・例えば左右に2枚ならんでいる扉がある 

今回は左の扉しか塗らずに、右の扉はそのままです。

現在は両方ともアイボリー色。


そりゃあ もともとの色である右の扉と

全く同じアイボリーを左に塗れればベストです。

でも運よく、もともとの色の品番がわかったとしても

それをそのまま塗ったところで左右は同じ色にはなりません 


塗装というのは経年劣化で黄色味がうすくなったり、赤味が飛んだり・・・・

また艶がなくなっていくという特性があり

その要素を無視して 以前塗った色をそのまま塗っても経年劣化している現状とは

同じ色にはならないんです。

簡単にいえば同じ塗料を使おうと

10年前に塗られた扉と 今回新品で塗り直した場合では

質感も色味もちがってきてしまう、という事なんです。

そこも考慮しないと左右の扉が全く違うイメージになってしまう場合があります。

難しいところですね・・・・・




それが壁紙(クロス)でも同じです。

クロスの場合は以前にもご紹介した「ロット違い」という点も注意が必要ですし




例えば

イロアワセ1

この柱型部分の1面だけを貼り換えたい、とする。



単純にそのまま貼ってしまえば

イロアワセ2

貼り換えるのは1面だけですから、

この部分に古いクロスと新しいクロスのの継ぎ目がでます。

同じクロスであろうと 色がまったく合う訳ではありませんから

ここがツギハギのように見えてしまいますよね。





一つの手としては

イロアワセ3

例えば、こんな木材の「見切り」をいれるっていうのがあります。

色が変わってしまうジョイント部分に視覚的に区切りをつける事で

仕上がりを自然なものに見せる手段です。

この木材を近似色で塗装などすれば もっと自然にみえますよね。




オーソドックスなのは いわゆる「入隅」まで貼り換える。

お部屋全体という事ではなく、貼り換えの対象となる壁1面の端から端までの

「キリ」いい部分までを貼り換えるのが一般的なんですが

見切りを入れるっていう事で それを最小限度の面積に抑える事ができます。



逆にどうしても色があわない場合などは、思い切って色を変えて

コーディネートで乗り切る場合もありますが、原則 色はあわせたいところですよね・・・



これが木材などになると もっと難しく

木目や質感、風合いまであわせるというのは なかなかテクがいるんです。

薬品をかけて あえて古く見せたり それが鉄であれば塩酸をかけて錆させたり・・・


もうインチキ骨董品屋さんと同じような技を駆使する事もあります 



色や質感をあわせる。


リフォームにおいては 十分な強度が得られるか、っていうお題と同じ位

大切な事なんです。




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

「プロ」とは何かを今一度考える・・・

タクミ

僕ら創造社は・・・・・・

言うまでもなく建築、リフォームの「プロ」であります 




しかし、私自身も齢40を迎えますと 

色々とその「プロ」っていう事に対しても考え方が変わってきます。



昔は・・・・・・

それこそ「プロ」っていったら・・・・・・・ 名工 







ではないですが

その道を極めた職人をさすものだと思っていました。



なので現在、建設会社を名乗っている私自身・・・・・・

すでにこの道を極めています 










ない、ない 




それは悲しいけど、現実ですよね。

トータルとしてはともかく 建築のある分野においては、

自分なんかより はるかに詳しいようなお客様だっていらっしゃいますし

下手したら 自分より手先が器用なお客さまだっていらっしゃいます 

自分ごときが道を極めている、なんて恥ずかしくて言えないです。






じゃあ、その中で 自分がプロたるゆえん、がどこにあるのか?





端的にいってしまえば、絶対的にちがうのは それで飯を食っているという点でしょう。

知識があって手先が器用であられるお客様でも 他に職業をもっているなら

まずその点で「プロ」っていう風には呼ばれませんよね。

あくまで趣味であり、いいとこ特技ってところでしょうか。





それを生業としている、職業としている人間というのは

24時間・・・・・・・

少なくとも勤務時間中は「その道」の事だけを考えている人間になる訳で

言い換えれば他にとらわれる事なく その事だけに時間を使える人間。

まず それが「プロ」の第一条件であるのだと思います。




それはやっぱり強いですよね・・・・




どんなにその分野に詳しいお客様であろうと、

建築というのは複合的にトータルで成り立っているもの 



例え元クロス職人で 

壁紙という分野に絶対的に詳しいお客様がいらっしゃったとしても

下地のプラスターボードに欠陥があった場合、その下の骨組みに問題があった場合。

その問題が水漏れであるならば、それが給水管であるのか 外壁からの漏水であるのか?

雨水であるのか結露であるのか。

では、より強い耐久性をもたせるために壁紙以外のどんな材料があるのか。


トータル力としては、やっぱり日々全般にかかわっている人間が強いですよ。




今、自分が考える「プロ」ってそんなイメージですかね。



再三ですが建設・リフォームっていうのは単体で考えるものではなく

トータルで完成をするもの。




一つの道が行き止まりになろうと、別の道を知っている人間・探し出せる人間。

それで結果的にリフォームを「成功」させられる人間。

理想的にはその事に強い負けん気、言い換えればプライドを持っている人間。


それが僕らみたいな会社にとっての「プロ」であるんだと思っています。



杓子定規のマニュアルで御見積もりをして、当たり前のやり方で全ての工事が

おさまるんだったら 僕らみたいな会社なんて存在意義もありません。



ご希望の予算内の中で、お客様の理想と折り合いをつけて・・・・・・・・






かつ最低限 利益を確保する 







そんな事は心掛けているんです。





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします










Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

密室○○未遂事件!

キンダイチ

このブログをお読みくださっている・・・・・・・

あなたに 明日 訪れるかも知れない恐怖 





さあ・・・・・








ミステリーの扉を開けましょう

トイレ1

つーか、トイレの扉なんですけどね 






年末にお客様のマンションに伺っていた時の事。

ふと便意を覚えまして 共用部のトイレをお借りしたんです。





別にいきなり幽霊がでたとか、紙が無かったとかじゃないんですけど・・・・・









おもむろにパンツをおろしまして・・・・・・・・










ふん! 










ふぅ・・・・・・





いやいや今日も絶好調。

快食、快眠、快便~とくらぁ ♫







さて





おお








いいトイレットペーパーだな・・・・・・さすがは高級マンション 

なんかいい匂いするし



最近は色々なトイレットペーパーがあるけど

こういういい香りがするやつって なかなか使わないよ・・・・・・・よ?






あれ?

トイレ2

おや~?







・・・・・・・・・・・・・・ふむ 










そこにあるべきもの。



水や空気と同じく・・・・・・・









なくてはならぬもの  











水を流すレバーがありません 







え?







って ああ・・・・・・壁づけのリモコンか

トイレ4

ねーし 













今時、上からチェーンがあったり・・・・

トイレ5

しませんわな 











おい 









様々な思考がめぐること数秒・・・・・・







こうなりゃ・・・・・

トイレ6

消臭スプレーまいて逃げるか? 







さすがにお客様宅でそれもできんし・・・・・








ん?

トイレ7

なんだ、これ?


右にまわしてみる・・・・・・・・ダメか 








左もダメだし、どないせっちゅーんじゃ・・・・・・・・・・・上?

トイレ8

ズポ!










うおおおおおおおおおお!

トイレ9

神よ 








お食事中の方は大変失礼をいたしました 






いや、しかしこんな流し方をする便器って見たこともありませんでした。




レバーをひねる、ボタンを押す・踏む、リモコン仕掛けのやつ・・・・

懐かしの鎖をひっぱるやつ。

みなさんも覚えがあるのは そのくらいじゃないです?







思わず戻ってからググってしまいましたが、見つからなかったです・・・・




港区は元麻布のマンションなんですが もともと外国人さん向けの

高級賃貸物件なので 海外製なのかも知れませんね。





いや~、危なかった。




もはや未処理のまま逃走しかないと思いましたよ 






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

茨城県からのご相談 ~足場は選べますか?~

ソウダン

こんばんは。

本日ご紹介するご相談は・・・・・・・

茨城で外壁の塗装をお考えのお客様。



はじめまして。 今度 自宅の外壁塗装を検討しているのですが

業者さんからもらった見積書の中で「足場設置」の費用が突出して高いです。

自分の家は1階建ての平屋なのですが、

足場を設置しなければ工事は本当にできないのでしょうか。

そうであれば理由が知りたいです。

またどうしても必要であれば

足場の種類(安いもの)をこちらから指定して作業をしていただく事は可能ですか。






なるほど 

これはまあ・・・・・・




お気持ちはわかります、 

「塗装」の工事であるのに 一般的に費用として一番高いのが

塗装を「する為」の足場費用ですからね・・・

ちょっと違和感をもたれるのは当然かも知れません。




1階建ての平屋なのに足場が必要なのかどうか?

これは現場を見ないと何とも言えないところなんですが、確かに脚立なりに乗って

手が届く高さであるのならば「足場ナシ」での作業は

不可能ではないのかも知れません。

近隣に住宅がない、という事であれば飛散防止のシートも必要ではないかも知れません。

ダキアシバ4




たしかに仮設足場には種類があります。

単純にパイプを組み褪せただけの「抱き足場」

ダキアシバ






通路部分に足場板を設置してあるブラケット足場

ダキアシバ1






こんなのも・・・・・

ゼネコンさんの現場などで見たことがありませんか?

ダキアシバ3

「朝顔」なんて言い方をしますが、上からの落下物をブロックするために

足場を一部張り出して組む方法です。







こちらはローリングタワー

ダキアシバ2

キャスターがついていて移動可能な足場の一種ですね。






今ご紹介した足場には、それぞれ一長一短あります。

抱き足場はパイプの上に作業員がのっかるわけで安全面としては難がありますが

費用的には安価となります。


ローリングタワーは移動ができて便利なものですが、設置する地面が斜めであったり

段差があるような場合は使用が制限されます。

それに作業範囲が限定されますので こっちが終わったら あっちに移動・・・・

っていうように広範囲を工事するような場合には移動の手間の分

作業効率としてはよくないですよね。






今回のご相談のように

お客様がコストを考えて 

ご自分で足場の種類を指定してもかまわないか、って言われますと

これはもう御見積をした業者さんの判断一つですよね。


「これ」でなければいけない、っていう事はありませんが

作業員の安全面、作業の効率性、周囲への飛散や落下防止処置、コスト面。

それらをトータルで判断して「これ」っていう足場の提案をしているのでしょうから

それをお客様の判断で覆す、っていうのはいいとも悪いとも言えません。


足場というのは「作業をする為」に必要なものですから

作業する人間の側にたったご判断が必要にはなってくると思います。

「これ」でやれ、ったって 現実問題 無理な場合もあるでしょう。


だから助け舟というか・・・・・



周囲にご近所さんはないから飛散は心配しなくていいよ、とか

完成は○ヶ月以内にしてくれればいいから、スピードも要求しない、とか?

ぶっちゃけ仕上がりはそんな問わない、とか 



作業側にとって好条件をいただけるのであれば 通常おこなう足場よりも

簡易なもので作業をすすめる事は可能かも知れません。




なんか今回は施工する側にたった辛口なコメントになってしまったかも知れませんが

まともな業者さんであれば、効率や安全面から最適な足場の提案をするはずです。

その事情はご理解をいただければ、という印象でした。




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

お風呂場のタイル貼

タイル1

昨年にお問い合わせをいただいて

この時期までお待たせしてしまっていた お風呂場のタイルの貼り替えです。





新年一発目の仕事としては地味なんですが・・・・・

正月ボケのウォーミングアップにはちょうどよかったですかね 

タイル2

別に片手間にできる仕事、っていう訳でもないんですけど





もう10年も出入りさせていただいている 

こちらのマンションでの同様の工事は

タイル3

もう・・・・・・・・50回位やっているんだと思います。






全戸で80部屋くらいの大型マンション

タイル4

1部屋に2つずつバスルームがあるんですが、タイル目地にカビの生えやすいこの部分。





清掃業者さんがカビ取りやスチーム洗浄などで対応する事もあるんですが 

タイル5

僕らがそこにいる場合、貼り換えた方が手っ取り早いんですよね 

既存のタイルを剝がす時に少々 音が出るんですが

お客様がご旅行などでご不在の時には やっぱりこちらの方が綺麗になりますしね。




こんな仕事も 昔はわざわざ職人さんを呼んでやってもらっていましたが・・・・



門前の小僧、ではないですけど 

見ているうちに いつの間にか自分で貼れるようになっていましたね。


こういうのって面白いもので、徐々にできるようになるっていうよりは

ある時いきなり できるようになっているんです。

職人さんの仕事を見ながらの脳内シュミレーションは必須ですけど

面白いもんですよね・・・・・








初めてやる時は緊張もしましたけどね 




アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします




Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

新年ご挨拶回りの日

ゴアイサツ

昨日からは、どこの会社さんも本年度の営業開始ですから。

わが創造社も 毎年恒例 新年のご挨拶まわりに行って参りました 



御挨拶にうかがうのは.・・・・・・全部で10ヵ所位でしょうか。


相手が会社さんなら

関係者が一同に会するパーティー形式の場合もありますし、

相手がえら~い社長さんの場合はアポをとって わざわざお時間をいただくパターンも。



個人のお客様ですと親戚一同の新年会の席にお招きをいただくような事もあります。

ありがたい事です。






しかし、こういう時は太っちょの特権といいますか・・・・・





私が顔をだすと お客様にお酌してまわるどころか 

なぜか食べ物が次々と私の目の前に運ばれてきます。

もはや私が場をわきまえずに大食いをするのが 

一つの恒例行事みたいになっていまして・・・・・・




御挨拶どころか 新年早々 接待をうけにいっているような状態です 




食べるのは嫌いではないんですが そういった場を3~4件をはしごしますので

毎年 この日のフードファイトに備えて前日からコンディションを整えています 

ありがたいんですけどね・・・・・





1年でスーツを着るのが ほとんどこの日位なんで

考えてみると もう10年位同じスーツを着ています。


今年も何とかクリヤーしましたが

このスーツが着れなくなった時は いよいよライザップですね 





以前は正直あんまり こういった御挨拶回りって好きではありませんでした。

お歳暮も年賀状も同じだったんですけど

虚礼、ではありませんが 型どおりの形式っていうのが苦手だったというか・・・・

そんな事でアピールするよりは

普段のお仕事で結果をみせた方がいいとも思っていました。




でも、年をとるごとに思うんですが

やっぱり大切なことですよね。




仕事は仕事なんですけど、仕事っていうのは人間関係で成り立っている訳で

その関係を冷たいビジネス感覚だけで割り切るよりは

胸襟を開いてお酒をご一緒して その人間関係を暖かいものにする・・・・・・



公私を超えた 過剰なお付き合いっていうのはどうかと思いますが

それが年一度の事であれば、嫌うどころか貴重な機会って思えるようになりました。




ま ほとんど食べてるだけなんですけどね 





来年のこの日まで・・・・

一年頑張りたいと思います 





アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします


Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

今年の抱負

ハツヒノデ

いや、いや

何だか お正月休みも あっという間でしたね 

年をとると時間が経つのが早い、とはいいますが・・・・




今回は31日に大掃除をして

三が日の3日間しか休めなかっですからね。

精神的というよりは 現実的にあっという間でした 




毎年、年末は何かしらの緊急工事があるんですが、

今回もキツかったですね・・・・



とあるスポーツクラブのオーナー様より緊急の大工工事のお問い合わせをいただき

29日の深夜から30日の朝にかけて頑張ってきました 



ここを逃すと あとは大晦日の深夜から新年、というタイミングしかなく

現場で年を越すのだけは死んでも嫌だった職人さんともども・・・・・



 

気合がはいりました 


とっくにメーカーさんは年末休業でしたから、手持ちの材料だけで

1日で終わらせてきました・・・・

今日、オーナー様とお会いしてきましたが ご好評をいただけたようで何よりです。

よかった、よかった 





まだ そんな年末のダメージを体に残しつつの 新年ですけど

そうですね・・・・・


今年はとりあえず 毎日更新のこのブログを執筆して 丸4年になります。

記事数もまもなく1000というところまで きましたが

今年も頑張って更新を続けていきたいと思います。

それが 1つめですかね・・・





あとは とにかく昨年の・・・・後半あたりからやっぱり忙しかったです。

東京オリンピックの影響とも、アベノミクスの影響ともいわれますが

固定のお得意様とのお仕事がメインで、

従来あまり外部との接触がなかった創造社も

このブログなどを通じて世間とつながりをもつようになったと言いますか・・・・



やっぱり世間の動向に敏感に影響をうけるようになってきた感じがしています。



それが1年、2年、3年と時間がたち

4年目を超える今年 どういう形に創造社が変わっていくのか、変わっていくべきなのか。

5年目となる今年 その点を見極めていきたいですかね。


何も無理やりな方向修正とか、強引なチェンジをしたいわけではないんですが

これほど仕事環境や従来の常識が常識でなくなっている昨今ですから

何の変化とも無関係という訳にはいかないのだと思います。




としあえずはその2点を心に刻み・・・・










あとはダイエットですかね 






アクセスありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村

↑ クリックで全国リフォーム業者さん参加のランキングページに移動します

よければポチッと応援よろしくお願いします
Posted by 株式会社 創造社   0 trackback

新年度ご挨拶

お知らせ

あけましておめでとうござます。

本日1月5日より新年度の通常営業を開始しております。


年末からのお休み中にもメールでのお問い合わせを多数いただきました。

本当にありがとうございます。

本日より随時ご返信をさせていただきますので

今しばらくお時間ください。






さて。




いきなり1月は忙しくなりそうです。

正月ボケ許されるのも いいとこ今週いっぱいですね 




本年度も創造社をよろしくお願いいたします。